PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

世界王者相次いで敗退、復帰戦のマイドフは中堅選手に連敗で5位・グランプリアガディール2018男子

(2018年3月14日)

※ eJudoメルマガ版3月14日掲載記事より転載・編集しています。
世界王者相次いで敗退、復帰戦のマイドフは中堅選手に連敗で5位・グランプリアガディール2018男子
eJudo Photo
ネマニャ・マイドフは準決勝でシリル・グロスクラウスに隅落「一本」で苦杯

eJudo Photo
ハサン・ハルモルザエフもヴェダット・アルバイラクから右内股「技有」を奪われ優勝を逃した

グランプリ・アガディール大会は9日から11日までの3日間、モロッコのアガディールにて行われた。2月にヨーロッパで行われた大規模2大会(グランドスラム・パリ大会、グランドスラム・デュッセルドルフ大会)の揺り戻しを受け、どの階級も強豪の参加は少なめ。その分、地元アフリカの選手が数多く出場しており、競技でもその活躍が目立った。

男子各階級の優勝者は、60kg級がグスマン・キルギズバエフ(カザフスタン)、66kg級がアドリアン・ゴンボッチ(スロベニア)、73kg級がビラリ・ジログル(トルコ)、81kg級がヴェダット・アルバイラク(トルコ)、90kg級がフセン・ハルモルザエフ(ロシア)、100kg級がキリル・デニソフ(ロシア)、100kgk超級がヨハネス・フレイ(ドイツ)。

今大会が復帰戦となったブダペスト世界選手権90kg級王者のネマニャ・マイドフ(セルビア)は、準決勝でシリル・グロスクラウス(スイス)に隅落「一本」(GS0:19)で敗れると、回った3位決定戦でもクエジョ・ナーバリ(ウクライナ)に「指導3」反則(GS0:38)で苦杯を喫して、最終成績は5位だった。同選手は世界選手権での戴冠以来、大会に姿を見せておらず、出場予定であった先月のグランドスラム・パリ大会も直前でエントリーを取り消していた。今大会では開催直前にIJFの公式サイトにインタビューが掲載されるなど大きな注目を集めたものの、中堅選手に連敗してしまい表彰台に上がることはできなかった。

ほか、81kg級に出場したリオデジャネイロ五輪金メダリストのハサン・ハルモルザエフ(ロシア)も、準々決勝で格下のアルバイラクに右内股「技有」優勢で苦杯を喫し、3位で大会を終えている。

各階級の入賞者は下記。


文責:林さとる/eJudo編集部

■60kg級

(エントリー18名)

【入賞者】
1.KYRGYZBAYEV, Gusman (KAZ)
2.OZLU, Bekir (TUR)
3.MANSINHO, Goncalo (POR)
3.BASSOU, Issam (MAR)
5.PLAFKY, Moritz (GER)
5.MOUDATIR, Yassine (MAR)
7.JAFY, Mohamed (MAR)
7.SHAMSHADIN, Magzhan (KAZ)

※日本代表選手の出場はなし

■66kg級

(エントリー25名)

【入賞者】
1.GOMBOC, Adrian (SLO)
2.SERIKZHANOV, Yerlan (KAZ)
3.JEAN, Daniel (FRA)
3.JEREB, Andraz (SLO)
5.OLEINIC, Sergiu (POR)
5.ZHAKSYBEKOV, Yerlan (KAZ)
7. BUNCIC, Strahinja (SRB)
7.VAN GANSBEKE, Kenneth (BEL)

※日本代表選手の出場はなし

■73kg級

(エントリー26名)

【入賞者】
1.CILOGLU, Bilal (TUR)
2.MOGUSHKOV, Musa (RUS)
3.SHAIMERDENOV, Bekadil (KAZ)
3.ZINGG, Anthony (GER)
5.EL MEZIATI, Ahmed (MAR)
5.KANIVETS, Dmytro (UKR)
7.SARAIVA, Nuno (POR)
7.WILLIAMS, Daniel (GBR)

※日本代表選手の出場はなし

■81kg級

(エントリー21名)

【入賞者】
1.ALBAYRAK, Vedat (TUR)
2.CASSE, Matthias (BEL)
3.KHALMURZAEV, Khasan (RUS)
3.EGUTIDZE, Anri (POR)
5.RESSEL, Dominic (GER)
5.DRUZETA, Dominik (CRO)
7.MARTIN, Ruben (USA)
7.MOUTII, Achraf (MAR)

※日本代表選手の出場はなし

■90kg級

(エントリー17名)

【入賞者】
1.KHALMURZAEV, Khusen (RUS)
2.GROSSKLAUS, Ciril (SUI)
3.BOTTIEAU, Joachim (BEL)
3.NHABALI, Quedjau (UKR)
5.BOZBAYEV, Islam (KAZ)
5.MAJDOV, Nemanja (SRB)
7.TRIPPEL, Eduard (GER)
7.CHAMBERLAIN, Frazer (GBR)

※日本代表選手の出場はなし

■100kg級

(エントリー15名)

【入賞者】
1.DENISOV, Kirill (RUS)
2.FONSECA, Jorge (POR)
3.HOJAMUHAMMEDOV, Batyr (TKM)
3.FREY, Karl-Richard (GER)
5.MOSER, Patrik (SUI)
5.DEMYANENKO, Viktor (KAZ)
7.KOBENA, Koffi Kreme (CIV)
7.HERBST, Daniel (GER)

※日本代表選手の出場はなし

■100kg超級

(エントリー17名)

【入賞者】
1.FREY, Johannes (GER)
2.KRIVOBOKOV, Anton (RUS)
3.GORDIIENKO, Oleksandr (UKR)
3.ZALAGH, Nabil (FRA)
5.OUCHANI, Hamza (FRA)
5.MIKHAYLIN, Alexander (RUS)
7.NDIAYE, Mbagnick (SEN)
7.DRAGIC, Vito (SLO)

※日本代表選手の出場はなし

※ eJudoメルマガ版3月14日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.