PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]佐藤瑠香と朝比奈沙羅が優勝、2階級いずれも日本勢が制す・グランドスラムデュッセルドルフ2018最終日女子

(2018年2月26日)

※ eJudoメルマガ版2月26日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]佐藤瑠香と朝比奈沙羅が優勝、2階級いずれも日本勢が制す・グランドスラムデュッセルドルフ2018最終日女子
(78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
78kg級準決勝、佐藤瑠香がナタリー・パウエルから体落「一本」

eJudo Photo
78kg超級準々決勝、朝比奈沙羅がザミラ・ボウイツガーンから払腰「一本」

ドイツのデュッセルドルフ・ISSドームで行われているグランドスラム・デュッセルドルフ大会が25日、最終日を迎え、2階級が行われた女子は日本勢が表彰台の真ん中を独占。78kg級の佐藤瑠香(コマツ)と78kg超級の朝比奈沙羅(東海大3年)がそれぞれ優勝を飾った。

佐藤は大外刈、片手絞、体落と次々技を決め全試合一本勝ちで決勝に進出。決勝では昨年の世界選手権の覇者で階級ナンバーワンの実力者と目されるマイラ・アギアール(ブラジル)から3つの「指導」を奪って勝利を決めた。

朝比奈は唯一の勝負どころと目された準決勝のイリーナ・キンゼルスカ(アゼルバイジャン)戦、決勝のニヘル・シェイキ=ロウホウ(チュニジア)戦をいずれも「指導3」の反則で勝利。4戦中3試合を「指導3」奪取で勝ち抜く手堅い戦いぶりで優勝を手にした。朝比奈はこれでワールドツアー6つ目のタイトル、2016年12月の東京大会から始まったグランドスラムの連続優勝は「5」に伸びた。

各階級の入賞者と決勝ラウンドの結果、日本代表選手全試合の結果は下記。

■ 78kg級
eJudo Photo
78kg級メダリスト。左からアギアール、佐藤、アポテイカー、パウエル。

(エントリー20名)

【入賞者】
1.SATO, Ruika (JPN)
2.AGUIAR, Mayra (BRA)
3.APOTEKAR, Klara (SLO)
3.POWELL, Natalie (GBR)
5.BABINTSEVA, Aleksandra (RUS)
5.STEVENSON, Karen (NED)
7.ANTOMARCHI, Kaliema (CUB)
7.MALZAHN, Luise (GER)

【準々決勝】
ナタリー・パウエル(イギリス)○大外刈(1:03)△アレクサンドラ・バビンツェワ(ロシア)
佐藤瑠香○片手絞(2:46)△カリエマ・アントマルチ(キューバ)
マイラ・アギアール(ブラジル)○反則[指導3](3:33)△ルイーズ・マルツァーン(ドイツ)
クララ・アポテイカー(スロベニア)○合技[谷落・縦四方固](3:35)△カレン・スティーフェンソン(オランダ)

【敗者復活戦】
アレクサンドラ・バビンツェワ(ロシア)○腕挫十字固(3:02)△カリエマ・アントマルチ(キューバ)
カレン・スティーフェンソン(オランダ)○合技[外巻込・袈裟固](3:36)△ルイーズ・マルツァーン(ドイツ)

【準決勝】
佐藤瑠香○体落(2:03)△ナタリー・パウエル(イギリス)
マイラ・アギアール(ブラジル)○腕緘(1:55)△クララ・アポテイカー(スロベニア)

【3位決定戦】
クララ・アポテイカー(スロベニア)○GS反則[指導3](GS2:00)△アレクサンドラ・バビンツェワ(ロシア)
ナタリー・パウエル(イギリス)○優勢[技有・払巻込]△カレン・スティーフェンソン(オランダ)

【決勝】
佐藤瑠香○反則[指導3](3:39)△マイラ・アギアール(ブラジル)

【日本代表選手勝ち上がり】

佐藤瑠香(コマツ)
成績:優勝


[2回戦]
佐藤瑠香○大外刈(3:51)△リザ・ドリンガー(ドイツ)

[準々決勝]
佐藤瑠香○片手絞(2:46)△カリエマ・アントマルチ(キューバ)

[準決勝]
佐藤瑠香○体落(2:03)△ナタリー・パウエル(イギリス)

[決勝]
佐藤瑠香○反則[指導3](3:39)△マイラ・アギアール(ブラジル)

■ 78kg超級
eJudo Photo
78kg超級メダリスト。左からシェイキ=ロウホウ、朝比奈、キム、キンゼルスカ。

(エントリー21名)

【入賞者】
1.ASAHINA, Sarah (JPN)
2.CHEIKH ROUHOU, Nihel (TUN)
3.KIM, Hayun (KOR)
3.KINDZERSKA, Iryna (AZE)
5.BOUIZGARNE, Samira (GER)
5.CERIC, Larisa (BIH)
7.KUELBS, Jasmin (GER)
7.KALANINA, Yelyzaveta (UKR)

【準々決勝】
朝比奈沙羅○払腰(1:18)△ザミラ・ボウイツガーン(ドイツ)
イリーナ・キンゼルスカ(アゼルバイジャン)○反則[指導3](2:43)△ヤスミン・クルブス(ドイツ)
キム・ハユン(韓国)○優勢[技有・大内刈]△ラリサ・セリッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
ニヘル・シェイキ=ロウホウ(チュニジア)○合技[外巻込・崩袈裟固](0:33)△エリザヴェータ・カラニナ(ウクライナ)

【敗者復活戦】
ザミラ・ボウイツガーン(ドイツ)○崩袈裟固(1:18)△ヤスミン・クルブス(ドイツ)
ラリサ・セリッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)○崩袈裟固(1:33)△エリザヴェータ・カラニナ(ウクライナ)

【準決勝】
朝比奈沙羅○反則[指導3](3:53)△イリーナ・キンゼルスカ(アゼルバイジャン)
ニヘル・シェイキ=ロウホウ(チュニジア)○反則[指導3](2:53)△キム・ハユン(韓国)

【3位決定戦】
キム・ハユン(韓国)○GS反則[指導3](GS1:04)△ザミラ・ボウイツガーン(ドイツ)
イリーナ・キンゼルスカ(アゼルバイジャン)○反則[指導3](3:36)△ラリサ・セリッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

【決勝】
朝比奈沙羅○GS反則[指導3](GS0:28)△ニヘル・シェイキ=ロウホウ(チュニジア)

【日本代表選手勝ち上がり】

朝比奈沙羅(東海大3年)
成績:優勝


[2回戦]
朝比奈沙羅○反則[指導3](3:24)△ガリーナ・タラソワ(ウクライナ)

[準々決勝]
朝比奈沙羅○払腰(1:18)△ザミラ・ボウイツガーン(ドイツ)

[準決勝]
朝比奈沙羅○反則[指導3](3:53)△イリーナ・キンゼルスカ(アゼルバイジャン)

[決勝]
朝比奈沙羅○GS反則[指導3](GS0:28)△ニヘル・シェイキ=ロウホウ(チュニジア)


※写真は権利者の許諾を得て掲載しています

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版2月26日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.