PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]48kg級はビロディド、52kg級は志々目愛が圧勝Ⅴ・グランドスラムデュッセルドルフ2018第1日女子

(2018年2月24日)

※ eJudoメルマガ版2月24日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]48kg級はビロディド、52kg級は志々目愛が圧勝Ⅴ・グランドスラムデュッセルドルフ2018第1日女子
(48kg級、52kg級、57kg級)
eJudo Photo
48kg級決勝、ダリア・ビロディドがエヴァ・チェルノビツキから内股「一本」

eJudo Photo
52kg級準決勝、志々目愛がアストリーデ・ネトから内股で1つ目の「技有」

グランドスラム・デュッセルドルフ大会はシーズン最多の441選手(65ヶ国)の参加を得て、23日に現地のISSドームで開幕。初日は男子2階級、女子3階級の競技が行われた。

女子48kg級は優勝候補筆頭と目されていた17歳ダリア・ビロディド(ウクライナ)が圧勝。片手絞「一本」、小内刈「技有」、内股「一本」とライバル少なきトーナメントを危なげなく勝ち上がり、決勝ではGS延長戦の末にエヴァ・チェルノビツキ(ハンガリー)を鮮やかな内股「一本」で仕留めた。ビロディドは昨年11月のグランプリ・ハーグ大会、今年1月のグランプリ・チュニス大会、そして2週間前のグランドスラム・パリ大会に続きこれでワールドツアー4連勝。

52kg級は現役世界王者の志々目愛(了徳寺学園職)がこれも周囲を寄せ付けず圧勝。唯一のライバルと目されたエリカ・ミランダ(ブラジル)が対戦前に敗れたこともあり、危ない場面一切なく全試合一本勝ちで優勝を決めた。

57kg級はネコダ・スミス=デイヴィス(イギリス)が決勝でヘドウィグ・カラカス(ハンガリー)をGS延長戦の末に合技「一本」で破り、2015年グランプリ・ザグレブ大会以来2度目のワールドツアー優勝を決めた。日本の宇高菜絵(コマツ)は7位、グランドスラム東京大会で2位入賞した山本杏(パーク24)は、当日計量(対象者ランダム抽出、前日計量から5%以内の増量を認める)を通過出来ず失格。試合に出場出来なかった。

各階級の入賞者と決勝ラウンドの結果、日本代表選手全試合の結果は下記。

■ 48kg級
eJudo Photo
48kg級メダリスト。左からチェルノビツキ、ビロディド、ニコリッチ、クレモン。

(エントリー26名)

【入賞者】
1.BILODID, Daria(UKR)
2.CSERNOVICZKI, Eva(HUN)
3.NIKOLIC, Milica(SRB)
3.CLEMENT, Melanie(FRA)
5.ERDENETSOGT, Gerelmaa(MGL)
5.CARRILLO, Edna(MEX)
7.GERSJES, Amber(NED)
7.POP, Alexandra(ROU)

【準々決勝】
エドナ・カリーヨ(メキシコ)○腕挫十字固(GS1:21)△ミリカ・ニコリッチ(セルビア)
エヴァ・チェルノビツキ(ハンガリー)○袖釣込腰(1:59)△アンバー・ヘルシェス(オランダ)
ダリア・ビロディド(ウクライナ)○優勢[技有・小内刈]△アレキサンドラ・ポップ(ルーマニア)
エルデネツォグト・ゲレルマー(モンゴル)○反則[指導3](GS1:00)△メラニー・クレモン(フランス)

【敗者復活戦】
ミリカ・ニコリッチ(セルビア)○GS技有・袖釣込腰(GS1:14)△アンバー・ヘルシェス(オランダ)
メラニー・クレモン(フランス)○反則[指導3](3:53)△アレキサンドラ・ポップ(ルーマニア)

【準決勝】
エヴァ・チェルノビツキ(ハンガリー)○合技[袖釣込腰・支釣込足](2:39)△エドナ・カリーヨ(メキシコ)
ダリア・ビロディド(ウクライナ)○内股(1:11)△エルデネツォグト・ゲレルマー(モンゴル)

【3位決定戦】
ミリカ・ニコリッチ(セルビア)○GS技有・背負投(5:14)△エルデネツォグト・ゲレルマー(モンゴル)
メラニー・クレモン(フランス)○GS反則[指導3](GS3:35)△エドナ・カリーヨ(メキシコ)

【決勝】
ダリア・ビロディド(ウクライナ)〇GS内股(GS0:31)△エヴァ・チェルノビツキ(ハンガリー)

※日本代表選手の出場はなし。

■ 52kg級
eJudo Photo
52kg級メダリスト。左からピンコフスカ、志々目、ロペス、ファンスニック。

(エントリー20名)

【入賞者】
1.SHISHIME, Ai(JPN)
2.PIENKOWSKA, Karolina(POL)
3.LOPEZ SHERIFF, Estrella(ESP)
3.VAN SNICK, Charline(BEL)
5.GNETO, Astride(FRA)
5.MIRANDA, Erika(BRA)
7.TSCHOPP, Evelyne(SUI)
7.PERENC, Agata(POL)

【準々決勝】
エリカ・ミランダ(ブラジル)〇GS技有・大内刈(GS0:44)△エストレーヤ・ロペス=シェリフ(スペイン)
カロリナ・ピンコフスカ(ポーランド)○優勢[技有・隅返]△エヴェリン・チョップ(スイス)
志々目愛〇合技[小外刈・崩袈裟固](0:52)△アガタ・ペレンク(ポーランド)
アストリーデ・ネト(フランス)○反則[指導3](2:53)△シャーリン・ファンスニック(ベルギー)

【敗者復活戦】
エストレーヤ・ロペス=シェリフ(スペイン)○合技[支釣込足・隅返](3:22)△エヴェリン・チョップ(スイス)
シャーリン・ファンスニック(ベルギー)○優勢[技有・一本背負投]△アガタ・ペレンク(ポーランド)

【準決勝】
カロリナ・ピンコフスカ(ポーランド)○合技[肩車・巴投](2:26)△エリカ・ミランダ(ブラジル)
志々目愛○合技[内股・内股](3:28)△アストリーデ・ネト(フランス)

【3位決定戦】
エストレーヤ・ロペス=シェリフ(スペイン)○反則[指導3](3:33)△アストリーデ・ネト(フランス)
シャーリン・ファンスニック(ベルギー)○不戦△エリカ・ミランダ(ブラジル)

【決勝】
志々目愛○崩袈裟固(1:17)△カロリナ・ピンコフスカ(ポーランド)

【日本代表選手勝ち上がり】

志々目愛(了徳寺学園職)
成績:優勝


[2回戦]
志々目愛○合技[内股・横四方固](0:34)△オリティア・ゴンザレス(アルゼンチン)

[準々決勝]
志々目愛○合技[小外刈・崩袈裟固](0:52)△アガタ・ペレンク(ポーランド)

[準決勝]
志々目愛○合技[内股・内股](3:28)△アストリーデ・ネト(フランス)

[決勝]
志々目愛○崩袈裟固(1:17)△カロリナ・ピンコフスカ(ポーランド)

■ 57kg級
eJudo Photo
57kg級メダリスト。左からカラカス、スミス=デイヴィス、ルハグヴァトゴー、シーシク。

(エントリー32名)

【入賞者】
1.SMYTHE-DAVIS, Nekoda (GBR)
2.KARAKAS, Hedvig (HUN)
3.CYSIQUE, Sarah Leonie (FRA)
3.LKHAGVATOGOO, Enkhriilen (MGL)
5.BOROWSKA, Anna (POL)
5.KONKINA, Anastasiia (RUS)
7.ROPER, Miryam (PAN)
7.UDAKA, Nae (JPN)

【準々決勝】
ネコダ・スミス=デイヴィス(イギリス)○大外刈(1:34)△ルハグヴァトゴー・エンフリーレン(モンゴル)
サハ=レオニー・シーシク(フランス)○GS技有・小内刈(GS0:35)△宇髙菜絵
ヘドウィグ・カラカス(ハンガリー)○崩上四方固(1:29)△ミリアム・ローパー(パナマ)
アナスタシア・コンキナ(ロシア)○隅返(GS0:18)△アンナ・ボロフスカ(ポーランド)

【敗者復活戦】
ルハグヴァトゴー・エンフリーレン(モンゴル)○反則[指導3](GS0:40)△宇髙菜絵
アンナ・ボロフスカ(ポーランド)○片手絞(2:01)△ミリアム・ローパー(パナマ)

【準決勝】
ネコダ・スミス=デイヴィス(イギリス)○GS技有・縦四方固(GS1:11)△サハ=レオニー・シーシク(フランス)
ヘドウィグ・カラカス(ハンガリー)○優勢[技有・内股透]△アナスタシア・コンキナ(ロシア)

【3位決定戦】
ルハグヴァトゴー・エンフリーレン(モンゴル)○腕挫十字固(2:04)△アナスタシア・コンキナ(ロシア)
サハ=レオニー・シーシク(フランス)〇優勢[技有・払巻込]△アンナ・ボロフスカ(ポーランド)

【決勝】
ネコダ・スミス=デイヴィス(イギリス)○GS合技[谷落・浮落](GS2:50)△ヘドウィグ・カラカス(ハンガリー)

【日本代表選手勝ち上がり】

宇髙菜絵(コマツ)
成績:7位


[1回戦]
宇髙菜絵○大外刈(1:34)△セヴァラ・ニシャンバエワ(カザフスタン)

[2回戦]
宇髙菜絵○大外刈(0:49)△サンナ・フェルハーヘン(オランダ)

[準々決勝]
宇髙菜絵△GS技有・小内刈(GS0:35)〇サハ=レオニー・シーシク(フランス)

[敗者復活戦]
宇髙菜絵△反則[指導3](GS0:40)〇ルハグヴァトゴー・エンフリーレン(モンゴル)

山本杏(パーク24)
成績:失格


※当日計量による

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版2月24日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.