PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]新井千鶴ミッション果たせず2位、濱田尚里も連勝止まって日本勢は優勝ならず・グランドスラムパリ2018最終日女子

(2018年2月12日)

※ eJudoメルマガ版2月12日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]新井千鶴ミッション果たせず2位、濱田尚里も連勝止まって日本勢は優勝ならず・グランドスラムパリ2018最終日女子
(70kg級、78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
70kg級決勝、両襟の左内股で体を乗り込ませ過ぎた新井千鶴をサリー・コンウェイが抑え込みに掛かる。

パリ・アコーホテルズアリーナ(旧ベルシ―体育館)で行われているグランドスラム・パリ大会は11日に最終日を迎え、女子は70kg級から78kg超級まで重量3階級の競技が行われた。

日本は70kg級に現役世界王者の新井千鶴(三井住友海上)、78kg級にもっかワールドツアー2連勝中の濱田尚里(自衛隊体育学校)と昨年度の世界選手権銀メダリスト梅木真美(ALSOK)、78kg超級には選抜体重別王者の素根輝(南筑高3年)といずれも表彰台の真ん中を狙える人材を送り込んだが、この日の優勝者はなし。新井の2位が最高成績で、濱田と素根が3位、梅木が5位だった。

第1シードに配された新井は順調にトーナメントを勝ち上がり、決勝でサリー・コンウェイ(イギリス)と対戦。大枠危なげなく試合を進めていたが、終盤両襟の左内股を無理やり押し込もうとして空転、乗り込み過ぎた体をそのまま横四方固に捉えられて意外な敗北を喫した。

濵田はこの日も圧倒的な勝ちぶりを見せていたが、準決勝でオドレイ・チュメオ(フランス)に組み手を制されると減速。足元を小内刈で蹴られて再三崩された末に、大外刈を食って一本負けした。3位決定戦は濱田と梅木の日本人対決となり、濱田が片羽絞「一本」で勝利して3位を確保した。この階級は濱田を破ったチュメオがそのまま優勝を果たした。

素根は準決勝で無名の巨人選手ワン・ヤン(中国)と対戦。12月のグランドスラム東京で国際大会デビューを飾ったばかり、同大会では素根に袖釣込腰で2つの「技有」を奪われた末に抑え込まれて一本負けを喫している選手だが、この日は長い腕を利して袖を掴み続け素根の動きを封殺。素根はここから左大外刈をまともに食って「技有」失陥、そのまま後袈裟固に抑え込まれて一本負けした。ワンは決勝でキム・ミンジョン(韓国)の組み手を突破できず「指導3」で敗れて2位だった。

各階級の入賞者と、準々決勝以降および日本代表選手全試合の結果は下記。

■ 70kg級
eJudo Photo
70kg級メダリスト。左から新井、コンウェイ、ガイ、ポリング。

(エントリー20名)

【入賞者】
1.CONWAY, Sally (GBR)
2.ARAI, Chizuru (JPN)
3.GAHIE, Marie Eve (FRA)
3.POLLING, Kim (NED)
5.VAN DIJKE, Sanne (NED)
5.NIANG, Assmaa (MAR)
7.POSVITE, Fanny Estelle (FRA)
7.PEREZ, Maria (PUR)

【準々決勝】
新井千鶴○反則[指導3](2:21)△ファニー=エステル・ポスヴィト(フランス)
キム・ポリング(オランダ)○優勢[技有・払腰]△サンネ・ファンダイク(オランダ)
マリー=イヴ・ガイ(フランス)○合技[小内刈・内股](2:28)△アッスマ・ニアン(モロッコ)
サリー・コンウェイ(イギリス)○GS腕挫十字固(GS1:35)△マリア・ペレス(プエルトリコ)

【敗者復活戦】
サンネ・ファンダイク(オランダ)○GS反則[指導3](GS3:51)△ファニー=エステル・ポスヴィト(フランス)
アッスマ・ニアン(モロッコ)○反則[指導3](2:14)△マリア・ペレス(プエルトリコ)

【準決勝】
新井千鶴○優勢[技有・大外刈]△キム・ポリング(オランダ)
サリー・コンウェイ(イギリス)○裏固(2:16)△マリー=イヴ・ガイ(フランス)

【3位決定戦】
マリー=イヴ・ガイ(フランス)○合技[小外刈・横四方固](1:19)△サンネ・ファンダイク(オランダ)
キム・ポリング(オランダ)○合技[浮腰・一本背負投](3:40)△アッスマ・ニアン(モロッコ)

【決勝】
サリー・コンウェイ(イギリス)○横四方固(3:40)△新井千鶴

【日本代表選手勝ち上がり】

新井千鶴(三井住友海上)
成績:2位


[2回戦]
新井千鶴○優勢[技有・内股巻込]△ジョヴァンナ・スコッチマッロ(ドイツ)

[準々決勝]
新井千鶴○反則[指導3](2:21)△ファニー=エステル・ポスヴィト(フランス)

[準決勝]
新井千鶴○優勢[技有・大外刈]△キム・ポリング(オランダ)

[決勝]
新井千鶴△横四方固(3:40)○サリー・コンウェイ(イギリス)

■ 78kg級
eJudo Photo
78kg級メダリスト。左からステインハウス、チュメオ、濵田、マロンガ。

eJudo Photo
78kg級準決勝、オドレイ・チュメオが濱田尚里から大外刈「一本」

(エントリー22名)

【入賞者】
1.TCHEUMEO, Audrey (FRA)
2.STEENHUIS, Guusje (NED)
3.HAMADA, Shori (JPN)
3.MALONGA, Madeleine (FRA)
5.UMEKI, Mami (JPN)
5.STEVENSON, Karen (NED)
7.TURCHYN, Anastasiya (UKR)
7.POWELL, Natalie (GBR)

【準々決勝】
フッシェ・ステインハウス(オランダ)○片羽絞(1:10)△アナスタシア・タルチン(ウクライナ)
マドレーヌ・マロンガ(フランス)○合技[内股・裏投](0:31)△梅木真美
濵田尚里○合技[小外刈・横四方固](0:57)△ナタリー・パウエル(イギリス)
オドレイ・チュメオ(フランス)○合技[大内刈・袈裟固](0:38)△カレン・スティーフェンソン(オランダ)

【敗者復活戦】
梅木真美○大外刈(0:32)△アナスタシア・タルチン(ウクライナ)
カレン・スティーフェンソン(オランダ)○合技[隅返・隅返](1:21)△ナタリー・パウエル(イギリス)

【準決勝】
フッシェ・ステインハウス(オランダ)○優勢[技有・内股]△マドレーヌ・マロンガ(フランス)
オドレイ・チュメオ(フランス)○大外刈(2:34)△濵田尚里

【3位決定戦】
濵田尚里○片羽絞(1:21)△梅木真美
マドレーヌ・マロンガ(フランス)片手絞(1:34)△カレン・スティーフェンソン(オランダ)

【決勝】
オドレイ・チュメオ(フランス)○GS出足払(GS0:11)△フッシェ・ステインハウス(オランダ)

【日本代表選手勝ち上がり】

濵田尚里(自衛隊体育学校)
成績:3位


[2回戦]
濵田尚里○横四方固(1:52)△サマ=アワ・カマハ(フランス)

[準々決勝]
濵田尚里○合技[小外刈・横四方固](0:57)△ナタリー・パウエル(イギリス)

[準決勝]
濵田尚里△大外刈(2:34)○オドレイ・チュメオ(フランス)

[3位決定戦]
濵田尚里○片羽絞(1:21)△梅木真美

梅木真美(ALSOK)
成績:5位


[2回戦]
梅木真美○横四方固(2:42)△パク・ユジン(韓国)

[準々決勝]
梅木真美△合技[内股・裏投](0:31)○マドレーヌ・マロンガ(フランス)

[敗者復活戦]
梅木真美○大外刈(0:32)△アナスタシア・タルチン(ウクライナ)

[3位決定戦]
梅木真美△片羽絞(1:21)○濵田尚里

■ 78kg超級
eJudo Photo
78kg超級メダリスト。左からワン、キム、キンザルスカ、素根。

eJudo Photo
78kg超級準決勝、ワン・ヤンが素根輝から大外刈「技有」

(エントリー23名)

【入賞者】
1.KIM, Minjeong (KOR)
2.WANG, Yan (CHN)
3.SONE, Akira (JPN)
3.KINDZERSKA, Iryna (AZE)
5.KUELBS, Jasmin (GER)
5.BISSENI, Eva (FRA)
7.WEISS, Carolin (GER)
7.SLUTSKAYA, Maryna (BLR)

【準々決勝】
キム・ミンジョン(韓国)○GS技有・隅落(GS0:38)△カロリン・ヴァイス(ドイツ)
エヴァ・ビッセニ(フランス)○隅返(1:44)△ヤスミン・クルブス(ドイツ)
ワン・ヤン(中国)○優勢[技有・内股]△マリーナ・スルツカヤ(ベラルーシ)
素根輝○優勢[技有・大内刈]△イリーナ・キンゼルスカ(アゼルバイジャン)

【敗者復活戦】
ヤスミン・クルブス(ドイツ)○GS技有・内股(GS0:25)△カロリン・ヴァイス(ドイツ)
イリーナ・キンゼルスカ(アゼルバイジャン)○反則[指導3](3:45)△マリーナ・スルツカヤ(ベラルーシ)

【準決勝】
キム・ミンジョン(韓国)○GS技有・大内刈(GS1:27)△エヴァ・ビッセニ(フランス)
ワン・ヤン(中国)○合技[大外刈・後袈裟固](0:42)△素根輝

【3位決定戦】
素根輝○合技[大内刈・袖釣込腰](2:31)△ヤスミン・クルブス(ドイツ)
イリーナ・キンゼルスカ(アゼルバイジャン)○崩上四方固(1:36)△エヴァ・ビッセニ(フランス)

【決勝】
キム・ミンジョン(韓国)○GS反則[指導3](GS1:10)△ワン・ヤン(中国)

【日本代表選手勝ち上がり】

素根輝(南筑高2年)
成績:3位


[2回戦]
素根輝○合技[袖釣込腰・上四方固](1:58)△カミラ・ヤマカワ(ブラジル)

[準々決勝]
素根輝○優勢[技有・大内刈]△イリーナ・キンゼルスカ(アゼルバイジャン)

[準決勝]
素根輝△合技[大外刈・後袈裟固](0:42)○ワン・ヤン(中国)

[3位決定戦]
素根輝○合技[大内刈・袖釣込腰](2:31)△ヤスミン・クルブス(ドイツ)


※写真は権利者の許諾を得て掲載しています

※ eJudoメルマガ版2月12日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.