PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]阿部詩圧勝で東京大会に続くV、63kg級はアグベニューが田代未来に強烈「一本」でリベンジ・グランドスラムパリ2018第1日女子

(2018年2月11日)

※ eJudoメルマガ版2月11日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]阿部詩圧勝で東京大会に続くV、63kg級はアグベニューが田代未来に強烈「一本」でリベンジ・グランドスラムパリ2018第1日女子
eJudo Photo
52kg級決勝、阿部詩がアモンディーヌ・ブシャーを圧倒。

eJudo Photo
63kg級決勝、クラリス・アグベニューが田代未来を大外刈「一本」に仕留める

2018年ワールドツアー欧州シリーズの開幕戦グランドスラム・パリ大会が10日、パリ・アコーホテルズアリーナで開幕。初日は男子3階級、女子4階級の競技が行われた。

女子52kg級は日本代表の阿部詩(夙川学院高)が圧勝V。初戦を9秒、2回戦は10秒と「秒殺」を連発し、全試合一本勝ちで決勝進出。決勝も地元のアモンディーヌ・ブシャー(フランス)を一方的に攻め続けて3つの「指導」を奪う快勝で、他をまったく寄せ付けずに12月の東京大会に続くグランドスラム2連勝を飾った。
角田夏実(了徳寺学園職)は準決勝でブシャー、3位決定戦でディストリア・クラスニキ(コソボ)にそれぞれ敗れ5位に終わった。

63kg級は12月のワールドマスターズを制した田代未来と、現役世界王者クラリス・アグベニュー(フランス)の頂点対決が決勝で実現。同大会では田代が日本勢に6年間負けなしのアグベニューを「一本」で下す歴史的勝利を挙げたばかりだが、この日はアグベニューが田代を圧倒。外巻込で「技有」を得ると、最後は真っ向からの大外刈で田代を粉砕、「一本」でグランドスラム・パリ5度目の優勝を決めた。

鍋倉那美(三井住友海上)は準々決勝で敗れ本戦から脱落、ティナ・トルステニャク(スロベニア)との3位決定戦も落として最終成績は5位だった。

57kg級は芳田司(コマツ)が全試合一本勝ちの素晴らしい出来で決勝まで進んだが、カナダから出場した出口クリスタ(山梨学院大4年)に苦杯。出口が内股透「技有」、芳田が一本背負投「技有」を取り合う投げ合いの末、最後が出口が片手の大外刈から体を乗り込ませて勝ち越しの「技有」奪取。合技の一本勝ちで優勝を浚った。出口は2013年グランプリ済州に続く2度目、カナダ籍では初めてのワールドツアー大会制覇。

48kg級は昨年の欧州チャンピオン、もっか11月のグランプリ・ハーグ、1月のグランプリ・チュニスと制して絶好調のスター候補、17歳のダリア・ビロディド(ウクライナ)が全試合一本勝ち(2つの「指導3」反則を含む)で優勝。準決勝では現役世界王者の渡名喜風南(帝京大4年)を大内刈で吹き飛ばし「一本」、決勝はカン・ユジュン(韓国)を相手に「技有」を先行されたが、得意の横三角から崩上四方固に繋いで一本勝ち、ワールドツアー3連勝を飾った。

渡名喜は3位決定戦も敗れて5位。ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)との3位決定戦の中途で鼻から出血、止血し切れず3度目の出血となったところで規定に則って棄権負けとなった。

■ 48kg級
eJudo Photo
48kg級入賞者。左からカン、ビロディド。ムンフバット、チェルニアク。

(エントリー24名)

【入賞者】
1.BILODID, Daria(UKR)
2.KANG, Yujeong(KOR)
3.CHERNIAK, Maryna(UKR)
3.MUNKHBAT, Urantsetseg(MGL)
5.FIGUEROA, Julia(ESP)
5.TONAKI, Funa(JPN)
7.MENZ, Katharina(GER)
7.RISHONY, Shira(ISR)

【準々決勝】
カン・ユジョン(韓国)〇GS技有・小内巻込(GS0:41)△ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)
ジュリア・フィゲロア(スペイン)〇合技[巴投・横四方固]△カタリナ・メンツ(ドイツ)

渡名喜風南〇袈裟固(3:13)△マリーナ・チェルニアク(ウクライナ)
ダリア・ビロディド(ウクライナ)〇反則[指導3](3:26)△シラ・リショニー(イスラエル)


【敗者復活戦】
ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)〇腕緘(0:56)△カタリナ・メンツ(ドイツ)
マリーナ・チェルニアク(ウクライナ)〇優勢[技有・大内刈]△シラ・リショニー(イスラエル)

【準決勝】
カン・ユジュン(韓国)〇体落(0:40)△ジュリア・フィゲロア(スペイン)
ダリア・ビロディド(ウクライナ)〇大内刈(1:05)△渡名喜風南

【3位決定戦】
ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)〇棄権(GS1:30)△渡名喜風南
※出血3回による
マリーナ・チェルニアク(ウクライナ)〇GS技有・大内刈(GS0:44)△ジィリア・フィゲロア(スペイン)

【決勝】
ダリア・ビロディド(ウクライナ)〇崩上四方固(1:36)△カン・ユジュン(韓国)

【日本代表選手勝ち上がり】

渡名喜風南(帝京大4年)
成績:5位


[2回戦]
渡名喜風南〇谷落(0:57)△メロディ・ブガニ(フランス)

[準々決勝]
渡名喜風南〇袈裟固(3:13)△マリーナ・チェルニアク(ウクライナ)

[準決勝]
渡名喜風南△大内刈(1:05)△ダリア・ビロディド(ウクライナ)

[3位決定戦]
渡名喜風南△棄権(GS1:30)〇ムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)
※出血3回による

■ 52kg級
eJudo Photo
52kg級入賞者。左からブシャー、阿部、ネト、クラスニキ。

(エントリー26名)

【入賞者】
1.ABE, Uta(JPN)
2.BUCHARD, Amandine(FRA)
3.GNETO, Astride(FRA)
3.KRASNIQI, Distria(KOS)
5.TSUNODA, Natsumi(JPN)
5.VAN SNICK, Charline(BEL)
7.DELGADO, Angelica(USA)
7.ESTEVES, Mariana(POR)

【準々決勝】
アモンディーヌ・ブシャー(フランス)〇合技[大外巻込・肩車](1:26)△アンジェリカ・デルガド(アメリカ)
角田夏実〇GS巴投(GS0:26)△アストリーデ・ネト(フランス)
阿部詩〇合技[袖釣込腰・横四方固](3:42)△ディストリア・クラスニキ(コソボ)
シャリーン・ファンスニック(ベルギー)〇隅返(0:23)△マリアナ・エステヴェス(ポルトガル)

【敗者復活戦】
アストリーデ・ネト(フランス)〇反則[指導3](3:46)△アンジェリカ・デルガド(アメリカ)
ディストリア・クラスニキ(コソボ)〇大外刈(1:26)△マリアナ・エステヴェス(ポルトガル)

【準決勝】
アモンディーヌ・ブシャー(フランス)〇GS反則[指導3](GS2:32)△角田夏実
阿部詩〇合技[大内刈・大内刈](2:33)△シャリーン・ファンスニック(ベルギー)

【3位決定戦】
ディストリア・クラスニキ(コソボ)〇優勢[技有・内股]△角田夏実
アストリーデ・ネト(フランス)〇反則[指導3](3:44)△シャリーン・ファンスニック(ベルギー)

【決勝】
阿部詩〇GS反則[指導3](GS2:24)△アモンディーヌ・ブシャー(フランス)

【日本代表選手勝ち上がり】

角田夏実(了徳寺学園職)
成績:5位


[2回戦]
角田夏実〇腕挫十字固(2:41)△ベティーナ・テメルコワ(イスラエル

[準々決勝]
角田夏実〇GS巴投(GS0:26)△アストリーデ・ネト(フランス)

[準決勝]
角田夏実△GS反則[指導3](GS2:32)〇アモンディーヌ・ブシャー(フランス)

[3位決定戦]
角田夏実△優勢[技有・内股]〇ディストリア・クラスニキ(コソボ)

阿部詩(夙川学院高2年)
成績:優勝


[1回戦]
阿部詩〇袖釣込腰(0:09)△エレウディス・ヴァレンティン(ブラジル)

[2回戦]
阿部詩〇内股(0:10)△アナマリア・イオニタ(ルーマニア)

[準々決勝]
阿部詩〇合技[袖釣込腰・横四方固](3:42)△ディストリア・クラスニキ(コソボ)

[準決勝]
阿部詩〇合技[大内刈・大内刈](2:33)△シャリーン・ファンスニック(ベルギー)

[決勝]
阿部詩〇GS反則[指導3](GS2:24)△アモンディーヌ・ブシャー(フランス)

■ 57kg級
eJudo Photo
57kg級入賞者。左から芳田、出口、キム、スミス=デヴィス。

(エントリー28名)

【入賞者】
1.DEGUCHI, Christa(CAN)
2.YOSHIDA, Tsukasa(JPN)
3.KIM, Jisu(KOR)
3.SMYTHE-DAVIS, Nekoda(GBR)
5.NELSON LEVY, Timna(ISR)
5.RECEVEAUX, Helene(FRA)
7.BERGSTRA, Margriet(NED)
7.MONTEIRO, Telma(POR)

【準々決勝】
芳田司〇内股(1:40)△テルマ・モンテイロ(ポルトガル)
ネコダ・スミス=デイヴィス(イギリス)〇優勢[技有・内股透]△キム・チス(韓国)
エレン・ルスヴォ(フランス)〇合技[小外掛・裏固]△マルフリート・ベルフストラ(オランダ)
クリスタ・デグチ(カナダ)〇大外刈(2:00)△ティムナ・ネルソン=レヴィー(イスラエル)

【敗者復活戦】
キム・チス(韓国)〇GS反則[指導3](GS4:10)△テルマ・モンテイロ(ポルトガル)
ティムナ・ネルソン=レヴィー(イスラエル)〇袈裟固(2:20)△マルフリート・ベルフストラ(オランダ)

【準決勝】
芳田司〇内股(3:47)△ネコダ・スミス=デイヴィス(イギリス)
クリスタ・デグチ(カナダ)〇合技[大内返・袈裟固](0:26)△エレン・ルスヴォ(フランス)

【3位決定戦】
キム・チス(韓国)〇GS技有・背負投(GS3:59)△エレン・ルスヴォ(フランス)
ネコダ・スミス=デイヴィス(イギリス)〇反則[指導3]△ティムナ・ネルソン=レヴィー(イスラエル)

【決勝】
クリスタ・デグチ(カナダ)〇合技[内股透・大外刈](3:00)△芳田司

【日本代表選手勝ち上がり】

芳田司(コマツ)
成績:2位


[2回戦]
芳田司〇送襟絞(1:49)△マルガリータ・パディラ(メキシコ)

[準々決勝]
芳田司〇内股(1:40)△テルマ・モンテイロ(ポルトガル)

[準決勝]
芳田司〇内股(3:47)△ネコダ・スミス=デイヴィス(イギリス)

[決勝]
芳田司△合技[内股透・大外刈](3:00)〇クリスタ・デグチ(カナダ)

■ 63kg級
eJudo Photo

(エントリー27名)

【入賞者】
1.AGBEGNENOU, Clarisse(FRA)
2.TASHIRO, Miku(JPN)
3.TRAJDOS, Martyna(GER)
3.TRSTENJAK, Tina(SLO)
5.NABEKURA, Nami(JPN)
5.RENSHALL, Lucy(GBR)
7.BALDORJ, Mungunchimeg(MGL)
7.FRANSSEN, Juul(NED)

【準々決勝】
ティナ・トルステニャク(スロベニア)〇GS技有・一本背負投(GS4:25)△ルーシー・レンシャル(イングランド)
田代未来〇優勢[技有・大外落]△バルドルジ・ムングンチメグ(モンゴル)
クラリス・アグベニュー(フランス)〇反則[指導3](2:07)△ユール・フランセン(オランダ)
マルティナ・トライドス(ドイツ)〇GS反則[指導3](GS4:55)△鍋倉那美

【敗者復活戦】
ルーシー・レンシャル(イングランド)〇△バルドルジ・ムングンチメグ(モンゴル)
鍋倉那美〇GS技有・小内刈(GS2:30)△ユール・フランセン(オランダ)

【準決勝】
田代未来〇GS技有・大内返(GS2:27)△ティナ・トルステニャク(スロベニア)
クラリス・アグベニュー(フランス)〇大外刈(2:28)△マルティナ・トライドス(ドイツ)

【3位決定戦】
ティナ・トルステニャク(スロベニア)〇GS反則[指導3](GS0:33)△鍋倉那美
マルティナ・トライドス(ドイツ)〇反則[指導3](GS1:31)△ルーシー・レンシャル(イングランド)

【決勝】
クラリス・アグベニュー(フランス)〇大外刈(2:44)△田代未来

【日本代表選手勝ち上がり】

田代未来(コマツ)
成績:2位


[2回戦]
田代未来〇片手絞(1:21)△ステファニー・トレンブレイ(カナダ)

[準々決勝]
田代未来〇優勢[技有・大外落]△バルドルジ・ムングンチメグ(モンゴル)

[準決勝]
田代未来〇GS技有・大内返(GS2:27)△ティナ・トルステニャク(スロベニア)

[決勝]
田代未来△大外刈(2:44)〇クラリス・アグベニュー(フランス)

鍋倉那美(三井住友海上)
成績:5位


[2回戦]
鍋倉那美〇優勢[技有・内股]△カタリナ・ヘッカー(オーストラリア

[準々決勝]
鍋倉那美△GS反則[指導3](GS4:55)〇マルティナ・トライドス(ドイツ)

[敗者復活戦]
鍋倉那美〇GS技有・小内刈(GS2:30)△ユール・フランセン(オランダ)

[3位決定戦]
鍋倉那美△GS反則[指導3](GS0:33)〇ティナ・トルステニャク(スロベニア)

※写真は権利者の許諾を得て掲載しています

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版2月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.