PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

濱田尚里の連勝街道続くか、素根輝は大型キンゼルスカへのリベンジに期待・グランドスラムパリ2018最終日女子プレビュー

(2018年2月11日)

※ eJudoメルマガ版2月11日掲載記事より転載・編集しています。
濱田尚里の連勝街道続くか、素根輝は大型キンゼルスカへのリベンジに期待・グランドスラムパリ2018最終日女子プレビュー
(70kg級、78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
連覇を狙う新井千鶴

文責:林さとる、eJudo編集部

■70kg級・新井千鶴が大会2連覇を狙う、最大のライバルはポリング
(エントリー20名)

昨年の本大会優勝者である、ブダペスト世界選手権チャンピオンの新井千鶴(三井住友海上)が参戦。世界ランク1位でもある新井は、もちろん第1シードに配された。

昨年12月のグランドスラム東京大会で新井はバクー世界選手権の内定獲得に失敗しており、今大会が代表権獲得に向けた再出発の第一歩となる。選考のライバルである新添左季(山梨学院大3年)が結果を残せていないこともあって新井のリード自体は依然揺るぎないが、このビッグゲームを2連覇することで改めて国内外にその力を示しておきたいところ。

今大会の海外勢は、ブダペスト世界選手権2位のマリア・ペレス(プエルトリコ)をはじめとして、キム・ポリング(オランダ)、サンネ・ファンダイク(オランダ)、マリー=イヴ・ガイ(フランス)など、久々階級の上位選手が勢揃いした印象。とはいえ日本勢の宿敵であるジュリ・アルベール(コロンビア)や、新井と相性の悪いワールドマスターズ王者マリア・ポーテラ(ブラジル)は出場しておらず、順当にトーナメントが進行すれば新井優勝というシナリオが最も現実的だ。

新井にとって最大のライバルは、準決勝での対戦が濃厚なポリング。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.