PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

2連覇挑む飯田健太郎に期待、小川雄勢は2回戦で早くもクルパレクと再戦組まれる・グランドスラムパリ2018最終日男子プレビュー

(2018年2月11日)

※ eJudoメルマガ版2月11日掲載記事より転載・編集しています。
2連覇挑む飯田健太郎に期待、小川雄勢は2回戦で早くもクルパレクと再戦組まれる・グランドスラムパリ2018最終日男子プレビュー
(81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
81kg級に出場する佐々木健志。今大会は戦いやすい組み合わせを引いた。

文責:林さとる、eJudo編集部

■81kg級・本命不在の混戦階級、佐々木健志と藤原崇太郎の配置は対照的
(エントリー44名)

今大会最多の44名がエントリーした激戦階級。リオデジャネイロ五輪が終了してからというもの、この階級は常に「全体としてのレベルは高いが本命は不在」という高密度の混戦状態にあり、今大会のトーナメントもその様相を直截に反映したものとなっている。下記にピックアップした選手リストを参照いただければわかるとおり、非常に多くの有力選手が出場しているものの、やはり絶対的な優勝候補は存在しない。敢えて名前を挙げれば、フランク・デヴィト(オランダ)、オトゴンバータル・ウーガンバータル(モンゴル)、イ・スンホ(韓国)、イヴァイロ・イヴァノフ(ブルガリア)、ヴィクトール・ペナウベル(ブラジル)あたりまでが、現実的な優勝圏内といえるだろう。組み合わせとしては、ほぼ無風のプールAに配されたデヴィトがやや有利だ。

日本からは佐々木健志(筑波大3年)と藤原崇太郎(日本体育大1年)の若手2名がエントリーしており、ともにノーシードから上位進出を狙う。両者のスタート位置は対照的、佐々木がこれといった有力選手のいないプールDに配されたのに対して、藤原は激戦ブロックであるプールBの、それも2回戦で昨年のグランドスラム東京大会2位のイと対戦しなければいけない過酷な配置である。この試合に勝利しても3回戦ではゼベダ・レフヴィアシヴィリ(ジョージア)、準々決勝ではペナウベル(ブラジル)とマッチアップする可能性が高く、プールから抜け出すだけでもこれら全員を倒さねばならないことになる。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.