PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

V候補筆頭は4階級とも日本勢、超豪華トーナメント組まれた63kg級は田代未来が階級のリーダー獲りに挑む・グランドスラムパリ2018第1日女子プレビュー

(2018年2月10日)

※ eJudoメルマガ版2月10日掲載記事より転載・編集しています。
V候補筆頭は4階級とも日本勢、超豪華トーナメント組まれた63kg級は田代未来が階級のリーダー獲りに挑む・グランドスラムパリ2018第1日女子プレビュー
(48kg級、52kg級、57kg級、63kg級)
eJudo Photo
ブダペスト世界選手権を制した渡名喜風南

■48kg級・渡名喜風南とムンフバット・ウランツェツェグによる世界選手権決勝の再現に期待
(エントリー24名)

近藤亜美(三井住友海上)が右膝の負傷により欠場、渡名喜風南(帝京大4年)とのライバル対決はひとまずお預けとなった。

優勝候補の1番手は現役の世界チャンピオンである渡名喜。近藤が不在の今大会でしっかりと優勝を飾り、代表選考上のアドバンテージを得た上で4月の最終選考会に臨みたいところ。対抗馬としては日本勢の宿敵としておなじみのムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)の名前が挙がる。かつては寝技の選手であったが、最近は長い手足を生かしての隅返や奇襲の「韓国背負い」など立技が充実してきており、寝技の得意な日本勢にとってはむしろこちらの方が脅威。両者が対戦するのは決勝であり、ブダペスト世界選手権決勝のような熱戦に期待したい。

第2シードである渡名喜の位置はプールCの一番上、プール内にはそれほど障害となるような選手は見当たらないが、準決勝では恐らく昨年のヨーロッパチャンピオンであるダリア・ビロディド(ウクライナ)と戦うことになる。弱冠16歳で欧州を制したこの選手は、昨年11月のグランプリ・ハーグ大会、今年1月のグランプリ・チュニス大会と目下ワールドツアー2連勝中であり、今まさにメキメキと実力をつけてきているところ。長身のビロディドに上から抑えつけられて「横三角」の形に持ち込まれる展開は危険、十分注意して戦いたい。

ほか、注目選手としては52kg級から「出戻り」で出場するロンドン五輪金メダリストのサラ・メネゼス(ブラジル)を挙げておきたい。メネゼスは2回戦で前述のビロディドと対戦するが、上の階級で1年間を過ごしたことで柔道にどのような変化が見られるのか、メネゼスの48kg級における現在位置を探る意味でも初戦からしっかりと観察したい。

【プールA】

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.