PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

初日の重心は66kg級にあり、73kg級立川新はシャヴダトゥアシヴィリとの「相性」に注目・グランドスラムパリ2018第1日男子プレビュー

(2018年2月9日)

※ eJudoメルマガ版2月10日掲載記事より転載・編集しています。
初日の重心は66kg級にあり、73kg級立川新はシャヴダトゥアシヴィリとの「相性」に注目・グランドスラムパリ2018第1日男子プレビュー
(60kg級、66kg級、73kg級)
eJudo Photo
パリ・アコーホテルズアリーナ

2018年IJFワールドツアー欧州シリーズ最大のイベントであるグランドスラム・パリ大会が、きょう10日からパリ・アコーホテルズアリーナ(旧ベルシー体育館)で開催される。

参加者403名は2013年の387名以来の少なさ、男子の233名はグランドスラム・パリでは史上もっとも少ない人数(Judoinside.com調べ)とのこと。この意外な熱量の少なさを反映するかのように、トーナメントの陣容もやや低調。確かにツアーの他大会ではなかなか見られない強力ラインナップではあるが、これぞという主役が欠けた階級が意外に多く「パリ大会」としては率直に言って少々寂しい。2週間後のデュッセルドルフ大会がグランドスラムに昇格したことで参加人員が割れたのか、それとも2018-2020ルール確定後初めての大規模大会ということでひとまず外側からの様相注視に舵を切ったのか、特に男子第1日は芯を欠いた階級が散見。あの階級もこの階級も注目カード目白押しで試合場4面すべてまったく目が離せない、という例年の豪華な陣容からは一段格が落ちた印象だ。

ほぼ無名から一気に世界選手権金メダリストの座に駆け上った90kg級新王者ネマニャ・マイドフの戴冠後初試合というトピックも本人の直前欠場により雲散霧消。公平に見て、今大会最大の注目点は、今年も変わらずこの大会を世界選手権代表選考第3次予選と位置付けて一線級の選手を大挙送り込んだ日本勢の活躍と言ってよいかと思われる。

この見立てに沿って、各階級の様相を簡単に展望してみたい。


リード:古田英毅
本文:林さとる

■60kg級・トーナメントのレベルは低め、志々目徹にふさわしいミッションは優勝のみ
(エントリー23名)

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版2月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.