PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]山﨑珠美が決勝で梅北眞衣下して優勝、57kg級は出口クリスタがカナダ籍での初優勝を飾る・ヨーロッパオープンオディベーラス第1日女子

(2018年2月4日)

※ eJudoメルマガ版2月4日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]山﨑珠美が決勝で梅北眞衣下して優勝、57kg級は出口クリスタがカナダ籍での初優勝を飾る・ヨーロッパオープンオディベーラス第1日女子
(48kg級、52kg級、57kg級、63kg級)
ヨーロッパオープン・オディベーラス大会は3日、ポルトガルのオディベーラスで開幕。初日は女子4階級の競技が行われ、48kg級は山﨑珠美が全試合一本勝ち(反則含む)で優勝を飾った。

ほか、日本勢は48kg級の梅北眞衣(山梨学院大1年)が2位、52kg級の渡邉貴子(帝京大4年)が5位、57kg級の渡部優花(ALSOK)が3位、63kg級の荒木穂乃佳(兵庫県警察)が5位だった。

57kg級は山梨学院大4年の出口クリスタ(カナダ)が優勝、準々決勝の渡部戦も含めて全試合で一本(反則含む)勝ちをマークする好内容で、カナダ籍として初の国際大会優勝(表彰台も初)を飾った。

各階級の入賞者と日本選手の勝ち上がりは下記。

※この記事の海外選手名表記は全日本柔道連盟のリリースに拠っています。

■48kg級
(エントリー25名)

【入賞者】
1.YAMAZAKI, Tamami (JPN)
2.UMEKITA, Mai (JPN)
3.COSTA, Catarina (POR)
3.GARCIA MESA, Cinta (ESP)
5.GABRIELLI, Scarlett (FRA)
5.HIDALGO LEDO, Celia (ESP)
7.DIOGO, Joana (POR)
7.MORGAN, Erin (CAN)

【日本代表選手勝ち上がり】

山﨑珠美(自衛隊体育学校)
成績:優勝


[1回戦]
山﨑珠美○一本背負投(1:56)△ヒダルゴレド(スペイン)

[2回戦]
山﨑珠美○崩袈裟固(1:25)△ハブレンコ(ロシア)

[準々決勝]
山﨑珠美○縦四方固(0:49)△ヒダルゴレド(スペイン)

[準決勝]
山﨑珠美○縦四方固(2:28)△ガブリエリ(フランス)

[決勝]
山﨑珠美○反則[指導3](3:56)△梅北眞衣

梅北眞衣(山梨学院大1年)
成績:2位


[1回戦]
梅北眞衣○横四方固(1:10)△ニチータ(ウクライナ)

[2回戦]
梅北眞衣○優勢[技有・崩袈裟固]△マーティンズ(スペイン)

[準々決勝]
梅北眞衣○横四方固(3:28)△ガルシア(スペイン)

[準決勝]
梅北眞衣○横四方固(3:53)△コスタ(ポルトガル)

[決勝]
梅北眞衣△反則[指導3](3:56)○山﨑珠美

■52kg級
(エントリー24名)

【入賞者】
1.GUICA, Ecaterina (CAN)
2.PIENKOWSKA, Karolina (POL)
3.NORDMEYER, Nieke (GER)
3.PRIMO, Gefen (ISR)
5.PLIIEVA, Lyudmyla (UKR)
5.WATANABE, Takako (JPN)
7.EASTON, Tinka (AUS)
7.HERATE, Cecile (FRA)

【日本代表選手勝ち上がり】

渡邉貴子(帝京大4年)
成績:5位


[1回戦]
渡邉貴子○合技(3:50)△チャーティル(ウクライナ)

[2回戦]
渡邉貴子○合技(1:47)△サギトバ(ロシア)

[準々決勝]
渡邉貴子○大外巻込(3:45)△イーストン(オーストラリア)

[準決勝]
渡邉貴子△小外刈(3:15)○ピエンコウスカ(ポーランド)

[3位決定戦]
渡邉貴子△合技(2:46)○ノードメイヤー(ドイツ)

■57kg級
(エントリー26名)

【入賞者】
1.DEGUCHI, Christa (CAN)
2.EQUISOAIN, Jaione (ESP)
3.CADILLA ACEVEDO, Tecla (ESP)
3.WATABE, Yuka (JPN)
5.KOWALCZYK, Julia (POL)
5.MARCHESE, Lisa (FRA)
7.SKORA, Mariia (UKR)
7.STARKE, Pauline (GER)

【日本代表選手勝ち上がり】

渡部優花(ALSOK)
成績:3位


[1回戦]
渡部優花○横四方固(1:43)△バラタ(ポルトガル)

[2回戦]
渡部優花○横四方固(2:04)△ボロウシカ(ポーランド)

[準々決勝]
渡部優花△合技(0:23)○クリスタ・デグチ(カナダ)

[敗者復活戦]
渡部優花○大内刈(0:30)△スターク(ドイツ)

[3位決定戦]
渡部優花○縦四方固(1:03)△ユワルスキー(ポーランド)

■63kg級
(エントリー23名)

【入賞者】
1.TALACH, Karolina (POL)
2.CABANA PEREZ, Cristina (ESP)
3.PUCHE, Isabel (ESP)
3.YVIN, Cloe (FRA)
5.ARAKI, Honoka (JPN)
5.HAECKER, Katharina (AUS)
7.CSATARI, Larissa (SUI)
7.LIEBEL, Paz (ISR)

【日本代表選手勝ち上がり】

荒木穂乃佳(兵庫県警察)
成績:5位


[2回戦]
荒木穂乃佳○GS技有・袖釣込腰(GS1:13)△バドロバ(ロシア)

[準々決勝]
荒木穂乃佳△GS反則[指導3](GS2:12)○タラチ(ポーランド)

[敗者復活戦]
荒木穂乃佳○GS反則[指導3](GS0:39)△リエベル(イスラエル)

[3位決定戦]
荒木穂乃佳△反則(1:20)○ワイビン(フランス)

※ eJudoメルマガ版2月4日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.