PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ROAD TO 高校選手権】[速報]天理高が優勝、決勝はエース中野寛太の五人抜きで圧勝劇締めくくる・第59回近畿高等学校柔道新人大会男子団体戦

(2018年2月3日)

※ eJudoメルマガ版2月3日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]天理高が優勝、決勝はエース中野寛太の五人抜きで圧勝劇締めくくる・第59回近畿高等学校柔道新人大会男子団体戦
eJudo Photo
決勝、天理高の先鋒中野寛太が育英高の中堅・奥村弥百希から出足払「一本」。

第59回近畿高等学校柔道新人大会(団体試合)は3日、ベイコム総合体育館(尼崎市)で開幕。全国高等学校柔道選手権大会(3月20日~21日・日本武道館)のブロック大会と位置付けられるこの大会は本戦と同じレギュレーションで争われ、五人制勝負で行われた男子は天理高(奈良)が優勝した。

天理高は準々決勝からフルメンバーを投入、大型1年生井上直弥が先鋒で出場したこの近江高(滋賀)戦を四人残しで勝利すると、準決勝では神戸国際高(兵庫)をこれも四人残しで退ける大勝。

迎えた決勝はエースのインターハイ100kg超級王者・中野寛太を先鋒に投入する意外な作戦。「相手が勢いに乗っているのがわかった。向こうの流れにさせないために」(齋藤涼監督)と準決勝で東海大仰星高(大阪)を逆転で破って来た育英高(兵庫)に策を弄する暇与えぬまま、中野が「秒殺」の一本勝ちを重ねてあっという間に四人抜き。最終戦は相手方のエース・岡田一真から3つの「指導」を奪って五人抜き達成、周囲に今代チームの圧倒的な強さを印象付けて2年ぶりの優勝を決めた。

同校は12月の若潮杯武道大会に続くビッグタイトル獲得で、高校選手権本戦の「四つ角シード」ピックアップが確実な情勢。主将を務める中野は「優勝しか狙っていない」と1月半後に迫った本番に向けて充実の表情だった。

入賞者と準々決勝以降の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
優勝の天理高

【入賞者】
(エントリー44校)

優 勝:天理高(奈良)
準優勝:育英高(兵庫)
第三位:東海大仰星高(大阪)、神戸国際大附高(兵庫)
優秀校:大阪星光学院高(大阪)、比叡山高(滋賀)、近江高(滋賀)、京都学園高(京都)

優秀選手:中野寛太、井上直弥、池田凱翔(天理高)、岡田一真(育英高)、内村秀資(東海大仰星高)、寺本靜矢(神戸国際大附高)、杉村晃希(大阪星光学院高)、大城海渡(比叡山高)、西本萌人(近江高)、上田泰介(京都学園高)

【準々決勝】

東海大仰星高(大阪)○一人残し△大阪星光学院高(大阪)
(先)福澤達矢○腕挫十字固(0:35)△川村青生
(先)福澤達矢○体落(2:00)△今西悠真
(先)福澤達矢×引分×金田茉大
(次)倉部隆成×引分×山口雅也
(中)柏野亮太△内股(2:13)○杉村晃希
(副)菅野晶仁△優勢[技有・隅落]○杉村晃希
(大)内村秀資○優勢[技有・隅落]△杉村晃希

育英高(兵庫)○二人残し△比叡山高(滋賀)
(先)岩本龍弥○払腰(2:02)△日野山剛
(先)岩本龍弥△内股(2:22)○大城海渡
(次)門田優吾×引分×大城海渡
(中)長谷川功斉○優勢[技有]△松川龍二
(中)長谷川功斉○支釣込足(2:32)△小上展寿
(中)長谷川功斉×引分×藤田優介
(副)奥村弥百希
(大)岡田一真

天理高(奈良)○四人残し△近江高(滋賀)
(先)井上直弥○払腰(1:06)△桐畑銀士
(先)井上直弥○払腰(1:06)△宇佐美倭
(先)井上直弥○内股(0:17)△西本萌人
(先)井上直弥○大外刈(0:41)△千代鶴岳
(先)井上直弥△縦四方固(1:58)○加藤涼真
(次)池田凱翔○背負投(0:35)△加藤涼真
(中)水上世嵐
(副)植岡虎太郎
(大)中野寛太

神戸国際大附高(兵庫)○一人残し△京都学園高(京都)
(先)騰川雄一朗○内股(1:56)△細川達弘(先)
(先)騰川雄一朗×引分×富原銀士(次)
(次)西本翔×引分×阿部侑太(中)
(中)島健輔○払巻込(0:52)△上田泰介(副)
(中)島健輔△袖釣込腰(0:45)○谷口稜太(大)
(副)石山陽太×引分×谷口稜太(大)
(大)寺本靜矢


【準決勝】

育英高(兵庫)○一人残し△東海大仰星高(大阪)
(先)岩本龍弥○反則[指導3](2:40)△柏野亮太(先)
(先)岩本龍弥△上四方固(2:24)○菅野晶仁(次)
(次)門田優吾×引分×菅野晶仁(次)
(中)奥村弥百希×引分×福澤達矢(中)
(副)長谷川功斉△大腰(0:33)○内村秀資(副)
(大)岡田一真○内股(0:24)△内村秀資(副)
(大)岡田一真○大外刈(1:09)△倉部隆成(大)

天理高(奈良)○四人残し△神戸国際大附高(兵庫)
(先)水上世嵐○反則[指導3](2:11)△坂元香月(先)
(先)水上世嵐○優勢[技有・裏投]△騰川雄一朗(次)
(先)水上世嵐×引分×石山陽太(中)
(次)植岡虎太郎○小内返(1:19)△西本翔(副)
(次)植岡虎太郎○優勢[技有・背負投]△寺本靜矢(大)
(中)池田凱翔
(副)井上直弥
(大)中野寛太

【決勝】

天理高(奈良)○五人残し△育英高(兵庫)
(先)中野寛太○内股(0:35)△長谷川功斉(先)
(先)中野寛太○上四方固(1:25)△岩本龍弥(次)
(先)中野寛太○出足払(0:29)△奥村弥百希(中)
(先)中野寛太○袖釣込腰(0:06)△門田優吾(副)
(先)中野寛太○反則[指導3](2:29)△岡田一真(大)
(次)井上直弥
(中)池田凱翔
(副)水上世嵐
(大)植岡虎太郎

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版2月3日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.