PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ROAD TO 高校選手権】[速報]帝京高が2連覇達成、無失点のまま全4試合駆け抜ける・第40回全国高等学校柔道選手権東京都予選女子団体

(2018年1月28日)

※ eJudoメルマガ版1月28日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]帝京高が2連覇達成、無失点のまま全4試合駆け抜ける・第40回全国高等学校柔道選手権東京都予選女子団体
eJudo Photo
決勝、帝京校の先鋒・大森生純が淑徳高の小林雅から右大内刈「技有」を奪う。

eJudo Photo
決勝、帝京高の大将・高橋瑠璃が淑徳高の波多江楽良から左体落「一本」。

第40回全国高等学校柔道選手権(3月20日~21日、日本武道館)の東京都団体予選が28日、東京武道館(足立区)で行われた。

体重別3人制の点取り方式で争われる女子は帝京高が優勝。4試合を戦って失点ゼロという好内容で、2年連続となる日本武道館への切符を手に入れた。淑徳高との決勝では、先鋒の大森生純が小林雅から大内刈「技有」に横四方固「一本」と繋いで先取点を奪取。中堅戦の引き分けを挟んだ大将戦ではエースの高橋瑠璃が波多江楽良を左体落「一本」で下してチームの勝利を決めた。同校は昨年に続く大会2連覇。

帝京高は先週行われた個人戦で団体戦の体重区分である52kg級、63kg級、無差別の3階級をすべて制しており、きょうのメンバーも各ポジションに都のチャンピオンを配置した強力布陣。なかでも大将の高橋は頭一つ抜けた強さを見せ、準決勝と決勝をともに早い時間の一本勝ちで終わらせるなど貫録の内容だった。

入賞者と帝京高・鈴木孝之監督のコメント、準々決勝のスコアおよび準決勝以降の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
2連覇の帝京高

【入賞者】
(エントリー20校)
優 勝:帝京高
準優勝:淑徳高
第三位:藤村女子高、国士舘高

帝京高・鈴木孝之監督のコメント
「去年から形の出来上がっているチーム。今日は確実に(代表権を)獲りに行きました。ただ『確実に』ということを意識しすぎて、取りこぼしがあったのは課題だと思っています。取れる場面で取り切れないというところがありました。(-全国大会に向けて一言?)例年通りです。うちはまだまだのチーム。ひとつひとつ、コツコツ戦うだけです。」

【準々決勝】
帝京高 3-0 修徳高
藤村女子高 0代-0 渋谷教育学園渋谷高
国士舘高 0代-0 東海大高輪台高
淑徳高 2-1 東海大菅生高

【準決勝】

帝京高 1-0 藤村女子高
(先)大森生純×引分×布谷咲花
(中)三谷桜×引分×塚田芙姫
(大)高橋瑠璃○払腰(0:10)△池田萌

淑徳高 1-0 国士舘高
(先)小林雅○優勢[技有]△角田美玖
(中)高橋桃子×引分×柏葉美郷
(大)波多江楽良×引分×本間千晶

【決勝】

帝京高 2-0 淑徳高
(先)大森生純○横四方固(1:27)△小林雅
(中)三谷桜×引分×高橋桃子
(大)高橋瑠璃○体落(0:49)△波多江楽良



※記事・記録の無断転載、転用を禁じます

※ eJudoメルマガ版1月28日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.