PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]田中芽生と古瀬舞がともに3位入賞、田中はジョンボキョンを破る殊勲・グランプリチュニス2018第1日女子

(2018年1月20日)

※ eJudoメルマガ版1月20日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]田中芽生と古瀬舞がともに3位入賞、田中はジョンボキョンを破る殊勲・グランプリチュニス2018第1日女子
(48kg級、52kg級、57kg級)
eJudo Photo
48kg級2回戦、田中芽生がジョン・ボキョンから大外返「技有」

19日にチュニジア・チュニスで開幕したグランプリチュニス大会、初日の女子は3階級の競技が行われ、日本勢は48kg級の田中芽生(龍谷大3年)と52kg級の古瀬舞(帝京大1年)がともに3位に入賞した。

田中は2回戦でリオデジャネイロ五輪銀メダリストのジョン・ボキョン(韓国)を破る殊勲。準決勝で苦杯を喫し優勝こそ逃したが、3位決定戦でも強豪ジュリア・フィギロア(スペイン)をしっかり下して銅メダルを確保した。優勝は全試合を一本勝ちしたダリア・ビロディド(ウクライナ)が浚った。

古瀬は準決勝で、優勝したジェシカ・ペレイラ(ブラジル)に「指導2」対「指導3」で反則負け。3位決定戦ではアストリーデ・ネト(フランス)が待ち受ける厳しいめぐり合わせだったが、延長戦の末に横四方固「一本」で勝利した。

57kg級はノラ・ヤコヴァ(コソボ)が決勝でクォン・ユジュン(韓国)を破ってワールドツアー3度目の優勝を飾っている。

各階級の入賞者と、決勝ラウンドおよび日本選手全試合の結果は下記。

■ 48kg級
(エントリー25名)
【入賞者】
1.BILODID, Daria(UKR)
2.POP, Alexandra(ROU)
3.CHERNIAK, Maryna(UKR)
3.TANAKA, Mei(JPN)
5.FIGUEROA, Julia(ESP)
5.KELDIYOROVA, Diyora(UZB)
7.GERSJES, Amber(NED)
7.MERCADIER, Mallaurie(FRA)

【3位決定戦】
マリナ・チェルニアク(ウクライナ)〇優勢[技有・大外落]△ディヨラ・ケルディヨロワ(ウズベキスタン)
田中芽生〇GS技有・小外刈(GS0:16)△ジュリア・フィギロア(スペイン)

【決勝】
ダリア・ビロディド(ウクライナ)〇崩上四方固(0:58)△アレクサンドラ・ポップ(ルーマニア)

【日本選手勝ち上がり】

田中芽生(龍谷大3年)
成績:3位

[1回戦]
田中芽生〇GS技有・袖釣込腰(GS3:52)△マルサ・スタンガル(スロベニア)

[2回戦]
田中芽生〇GS技有・大外返(GS2:43)△ジョン・ボキョン(韓国)

[準々決勝]
田中芽生〇GS送襟絞(GS3:52)△ディヨラ・ケルディヨロワ(ウズベキスタン)

[準決勝]
田中芽生△小外刈(3:53)〇アレクサンドラ・ポップ(ルーマニア)
(Romania)

[3位決定戦]
田中芽生〇GS技有・小外刈(GS0:16)△ジュリア・フィギロア(スペイン)

■ 52kg級
(エントリー19名)

【入賞者】
1.PEREIRA, Jessica(BRA)
2.KRASNIQI, Distria(KOS)
3.KOSE, Mai(JPN)
3.STANGAR, Anja(SLO)
5.GNETO, Astride(FRA)
5.KORKMAZ, Irem(TUR)
7.GILES, Chelsie(GBR)
7.PEREZ BOX, Ana(ESP)

【3位決定戦】
古瀬舞〇GS横四方固(GS2:34)△アストリーデ・ネト(フランス)
アニャ・スタンガル(スロベニア)〇崩袈裟固(3:11)△イレム・コルクマズ(トルコ)

【決勝】
ジェシカ・ペレイラ(ブラジル)〇合技[小内巻込・小内巻込](3:56)△ディストリア・クラスニキ(コソボ)

【日本選手勝ち上がり】

古瀬舞(帝京大1年)
成績:3位

[1回戦]
古瀬舞〇合技[崩袈裟固・小内刈]△アナマリア・イオニータ(ルーマニア)

[2回戦]
古瀬舞〇GS技有・内股(GS2:23)△エステラ・ロペス=シェリフ(スペイン)

[準々決勝]
古瀬舞〇縦四方固(3:16)△イレム・コルクマズ(トルコ)

[準決勝]
古瀬舞△反則[指導3](2:16)〇ジェシカ・ペレイラ(ブラジル)

[3位決定戦]
古瀬舞〇GS横四方固(GS2:34)△アストリーデ・ネト(フランス)

■ 57kg級
(エントリー21名)

【入賞者】
1.GJAKOVA, Nora(KOS)
2.KWON, Youjeong(KOR)
3.CYSIQUE, Sarah Leonie(FRA)
3.ROPER, Miryam(PAN)
5.EQUISOAIN, Jaione(ESP)
5.KAJZER, Kaja(SLO)
7.KHELIFI, Ghofran(TUN)
7.LEUNG, Po Sum(HKG)

【3位決定戦】
サラ=レオニー・サイシーク(フランス)〇優勢[技有・背負投]△カヤ・アイザー(スロベニア)
ミリアム・ローパー(パナマ)〇小外掛(0:18)△ハイオーネ・エキソアイン(スペイン)

【決勝】
ノラ・ヤコヴァ(コソボ)〇優勢[技有・内股透]△クォン・ユジュン(韓国)

※ eJudoメルマガ版1月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.