PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

近藤亜美が右膝負傷、グランドスラムパリは欠場

(2018年1月17日)

※ eJudoメルマガ版1月17日掲載記事より転載・編集しています。
近藤亜美が右膝負傷、グランドスラムパリは欠場
全日本柔道連盟は17日、グランドスラム・パリ(2月10日~11日)に出場予定だった近藤亜美(三井住友海上)の欠場を発表した。代替選手については言及していない。

近藤は昨年12月25日の稽古中に右膝を負傷、内側副靭帯損傷と診断された。治癒までには約8週間を要する見込み。

同大会の48kg級には12月のグランドスラム東京を制した近藤と、昨年の世界選手権で優勝した渡名喜風南(帝京大4年)の同時派遣が組まれており、これが2018年世界選手権日本代表選考の大きな山場と目されていた。最終予選会の全日本選抜体重別選手権(4月7日~8日)に向けて渡名喜がアドバンテージを得る可能性が高まることとなる。

※ eJudoメルマガ版1月17日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.