PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ROAD TO 高校選手権】富士学苑高が優勝、今期3度目の対決で遂に夙川学院高を破る・第34回若潮杯争奪武道大会女子

(2017年12月27日)

※ eJudoメルマガ版12月27日掲載記事より転載・編集しています。
富士学苑高が優勝、今期3度目の対決で遂に夙川学院高を破る
第34回若潮杯争奪武道大会女子
eJudo Photo
決勝、富士学苑高の中堅結城彩乃が夙川学院高・長谷川瑞紀の右小外掛を左大内刈に切り返し「技有」

全国から選抜された男女それぞれ16校が覇を競う第34回若潮杯争奪武道大会(主催・公益財団法人日本武道館、学校法人国際武道大学)が27日、国際武道大学第1体育館(勝浦市)で行われ、女子は富士学苑高(山梨)が初優勝した。

予選リーグと準々決勝までの4試合をすべて3-0で圧勝した同校は、準決勝で藤枝順心高(静岡)を1-0で振り切ると、決勝では昨年度大会の覇者夙川学院高(兵庫)と対戦。10日の黒潮旗武道大会、そして前日26日の水田三喜男杯でも決勝で対戦しいずれも2-0で敗れている難敵だが、この日は先鋒新井美香が金知秀から隅返「技有」を奪って先制。中堅戦はエース結城彩乃が得意の場外際の攻防に長谷川瑞紀を嵌め、小外掛を大内刈に切り返して「技有」奪取。以降の長谷川の猛攻を必死に切り抜けて優勢勝ちを果たし、この時点で優勝を決めた。大将戦も瀬戸亜香音が吉峰芙母絵を引き分けで止め、最終スコアは2-0だった。

矢嵜雄大監督は「新井の調子が良く、それがうまく嵌りました」とライバルとの対戦3度目での初勝利と、今季シリーズ初優勝に安堵の表情。「夙川学院さんとはいつも合同練習をしていて、手の内を隠さない勝負の稽古で互いに高め合っている。今度は高校選手権の決勝で戦って勝ちたい。」と来る全国大会に向けての決意を意欲的に語っていた。

入賞者と矢嵜監督のコメント、予選リーグ全試合のスコアおよび準々決勝以降の対戦詳細は下記。

eJudo Photo
初優勝の富士学苑高

【入賞者】
(エントリー16チーム)

優 勝:富士学苑高(山梨)
準優勝:夙川学院高(兵庫)
第三位:藤枝順心高(静岡)、帝京高(東京)

矢嵜雄大・富士学苑高監督のコメント
「ようやく勝てました。昨日は2-0で負けたばかりですが。新井(美香)の調子が良く、それが上手く嵌ったことが勝因だと思います。今シリーズ彼女は無敗。先、先に仕掛けられるようになってきました。夙川学院さんとは合同練習をたくさん組んでいて、今回の遠征もずっと一緒。お互い手の内を隠さない勝負の稽古でお互いを高め合っています。これでここからもう一段研究してくると思うので、あと3か月、こちらも負けないようにそれ以上の稽古をします。今度は高校選手権の決勝で対戦して、勝ちたい。今年は、最近のチームの中では一番良いところにいるかと思います。サイズもありますし、悲願の団体戦日本一を合言葉に、頑張ります」


【予選Aブロック】
①夙川学院高(兵庫) 3勝0敗 一本勝ち9
②横須賀学院高(神奈川) 2勝1敗 一本勝ち4
③鶯谷高(岐阜) 1勝2敗 一本勝ち1
④土浦日大高(茨城) 0勝3敗 一本勝ち0

夙川学院高 3-0 土浦日大高
横須賀学院高 3-0 鶯谷高
夙川学院高 3-0 鶯谷高
横須賀学院高 2-0 土浦日大高
夙川学院高 3-0 横須賀学院高
鶯谷高 1-0 土浦日大高

【予選Bブロック】
①藤枝順心高(静岡) 3勝0敗 一本勝ち5
②埼玉栄高(埼玉) 2勝1敗 一本勝ち4
③水戸啓明高(茨城) 1勝2敗 一本勝ち4
④大原高(千葉) 0勝3敗 一本勝ち0

埼玉栄高 2-0 水戸啓明高
藤枝順心高 3-0 大原高
埼玉栄高 3-0 大原高
藤枝順心高 2-1 水戸啓明高
藤枝順心高 1-0 埼玉栄高
水戸啓明高 3-0 大原高

【予選Cブロック】
①帝京高(東京) 3勝0敗 一本勝ち7
②東海大静岡翔洋高(静岡) 2勝1敗 一本勝ち4
③木更津総合高(千葉) 1勝2敗 一本勝ち2
④作新学院高(栃木) 0勝3敗 一本勝ち0

帝京高 3-0 作新学院高
東海大静岡翔洋高 2-1 木更津総合高
帝京高 2-0 東海大静岡翔洋高
木更津総合高 2-0 作新学院高
帝京高 3-0 木更津総合高
東海大静岡翔洋 3-0 作新学院高

【予選Dブロック】
①富士学苑高(山梨) 3勝0敗 一本勝ち8
②八千代高(千葉) 2勝1敗 一本勝ち4
③水戸葵陵高(茨城) 1勝2敗 一本勝ち3
④大垣日大高(岐阜) 0勝3敗 一本勝ち1

富士学苑高 3-0 水戸葵陵高
八千代高 2-0 大垣日大高
富士学苑高 3-0 大垣日大高
八千代高 2-0 水戸葵陵
富士学苑高 3-0 八千代高
水戸葵陵高 2-1 大垣日大高

【準々決勝】

夙川学院高(兵庫) 3-0 埼玉栄高(埼玉)
(先)金知秀○袈裟固△畠山瑠唯
(中)長谷川瑞紀○反則[指導3]△溝口愛歌
(大)吉峰芙母絵○上四方固△佐藤星麗七

帝京高(東京) 3-0 八千代高(千葉)
(先)大森生純○袈裟固△横山澄香
(中)西原真緒○優勢[技有・一本背負投]△新井風花
(大)髙橋瑠璃○体落△柴田麻里奈


富士学苑高(山梨) 3-0 横須賀学院高(神奈川)
(先)新井美香○横四方固△濵名凪
(中)結城彩乃○優勢[技有・小外刈]△山田ひまわり
(大)瀬戸亜香音○反則[指導3]△鈴野杏優

藤枝順心高(静岡) ①代-1 東海大静岡翔洋高(静岡)
(先)中村愛香莉○×引分×渋谷舞
(中)八道さくら○三角絞△百井優佳
(大)向尾知妃△反則[指導3]○澤崎莉子
(代)八道さくら○優勢[技有・背負投]△澤崎莉子

【準決勝】

夙川学院高(兵庫) 2-1 帝京高(東京)
(先)金知秀○優勢[技有・隅返]△大森生純
(中)長谷川瑞紀○隅落△熊木悠花
(大)吉峰芙母絵△優勢[技有・払腰]○髙橋瑠璃。

富士学苑高(山梨) 1-0 藤枝順心高(静岡)
(先)新井美香×引分×中村愛香莉
(中)結城彩乃○反則[指導3]△八道さくら
(大)瀬戸亜香音×引分×向尾知妃

【決勝】

富士学苑高(山梨) 2-0 夙川学院高(兵庫)
(先)新井美香○優勢[技有・隅返]△金知秀
(中)結城彩乃○優勢[技有・大内刈]△長谷川瑞紀
(大)瀬戸亜香音×引分×吉峰芙母絵

文責:古田英毅
取材:古田英毅、林さとる

※ eJudoメルマガ版12月27日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.