PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ROAD TO 高校選手権】天理高が32年ぶりに大会制覇、決勝はV候補筆頭の国士舘高を完封・第34回若潮杯争奪武道大会男子

(2017年12月27日)

※ eJudoメルマガ版12月27日掲載記事より転載・編集しています。
天理高が32年ぶりに大会制覇、決勝はV候補筆頭の国士舘高を完封
第34回若潮杯争奪武道大会男子
eJudo Photo
決勝、天理高の次鋒植岡虎太郎が国士舘高・安藤稀梧から残り2秒で背負投「技有」を奪う

「冬の高校招待試合サーキット」を締める第34回若潮杯争奪武道大会(主催・公益財団法人日本武道館、学校法人国際武道大学)が27日、国際武道大学第1体育館(勝浦市)で全国から選抜された男女それぞれ16校が集って開催され、男子は天理高(奈良)が優勝した。同校は第1回、第2回大会を連覇して以来実に32年ぶりの若潮杯制覇。

「この大会一本に絞って優勝を狙っていた」(齋藤涼監督)天理高は、インターハイ100kg超級チャンピオン中野寛太とこの日全勝でチームを引っ張った植岡虎太郎を軸に、予選リーグは東海大札幌高(北海道)を3-1、足立学園高(東京)を2-1、東北高(宮城)を4-0でそれぞれ下して決勝トーナメント進出。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版12月27日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.