PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]アグベニュー打倒なる!63kg級田代未来が全試合一本勝ちで優勝・ワールドマスターズサンクトペテルブルグ2017第1日女子

(2017年12月17日)

※ eJudoメルマガ版12月17日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]アグベニュー打倒なる!63kg級田代未来が全試合一本勝ちで優勝・ワールドマスターズサンクトペテルブルグ2017第1日女子
(48kg級、52kg級、57kg級、63kg級)
eJudo Photo
63kg級決勝、田代未来が鍋倉那美から内股「一本」

ワールドランキング上位16名が参加を許される年1回のIJFワールドツアー最上位大会、ワールドマスターズ2017が16日にロシア・サンクトペテルブルグで開幕。

初日は男女合わせて7階級の競技が行われ、4階級に5選手を送り込んだ日本勢女子は63kg級の田代未来(コマツ)と48kg級の渡名喜風南(帝京大4年)がそれぞれ優勝を飾った。田代は全試合一本勝ち、2015年ラバト大会、2016年グアダラハラ大会に続くワールドマスターズ3連覇達成。

田代は準決勝で8月のブダペスト世界選手権の覇者クラリス・アグベニュー(フランス)と対戦。左相四つの相手に対して常に先に引き手を掴んで生命線である釣り手を封じると、パワー自慢のアグベニューに先んじて左大外刈を連発する強気の試合ぶり。最後はこの強気にアグベニューが根負け、GS延長戦4分21秒の組み際に左大内刈「一本」を奪って勝利を決めた。

アグベニューはシニアで本格的活躍を始めた2011年以降、ワールドツアーでは日本勢に14連勝中。日本にとってはまさしく天敵、来期の世界選手権代表選考に当たっては純実力に加えて「アグベニューと戦えるかどうか」が重要視される事態となっていた。大会によって好不調が激しい傾向があるトップ選手の中にあって、出場大会を絞って常にしっかり結果を残す選手でもあり、田代の一本勝ちは歴史的事件。決勝では同時出場の鍋倉を完璧な内股「一本」で屠って国内の序列もしっかり確保しており、来期の代表権獲得に向けて一歩も二歩も抜け出すこととなった。

48kg級の渡名喜は1回戦からカン・ユジュン(韓国)、ステファニー=アリサ・コヤマ(ブラジル)ら厄介な相手との対戦が続いたがいずれも集中を切らさずに延長戦で勝ち抜け。決勝では躍進中のイリナ・ドルゴワ(ロシア)から崩袈裟固「一本」を奪って初優勝決定。

57kg級の芳田司(コマツ)と63kg級の鍋倉那美(三井住友海上)は2位、52kg級の角田夏実(了徳寺学園職)は7位だった

芳田は8月のブダペスト世界選手権で決勝を争ったドルジスレン・スミヤ(モンゴル)と再戦、GS延長戦「指導2」で敗れてリベンジはならなかった。

各階級の入賞者と決勝の結果、日本代表選手全試合の結果は下記。

■ 48kg級
eJudo Photo
48kg級決勝、渡名喜風南がイリナ・ドルゴワから崩袈裟固「一本」

(エントリー15名)

【入賞者】
1.TONAKI, Funa(JPN)
2.DOLGOVA, Irina(RUS)
3.JEONG, Bokyeong(KOR)
3.MUNKHBAT, Urantsetseg(MGL)
5.CSERNOVICZKI, Eva(HUN)
5.KOYAMA, Stefannie Arissa(BRA)
7.CLEMENT, Melanie(FRA)
7.RISHONY, Shira(ISR)

【決勝】
渡名喜風南〇GS崩袈裟固(GS1:04)△イリナ・ドルゴワ(ロシア)

【日本代表選手勝ち上がり】

渡名喜風南(帝京大4年)
成績:優勝


[1回戦]
渡名喜風南〇GS技有・小外刈(GS1:32)△カン・ユジョン(韓国)

[準々決勝]
渡名喜風南〇GS指導2(GS0:39)△ステファニー=アリサ・コヤマ(ブラジル)

[準決勝]
渡名喜風南○横四方固(3:49)△エヴァ・チェルノビツキ(ハンガリー)

[決勝]
渡名喜風南〇GS崩袈裟固(GS1:04)△イリナ・ドルゴワ(ロシア)

■ 52kg級
eJudo Photo
52kg級決勝、ナタリア・クズティナがアモンディーヌ・ブシャーから抱分「技有」

(エントリー15名)

【入賞者】
1.KUZIUTINA, Natalia(RUS)
2.BUCHARD, Amandine(FRA)
3.FLORIAN, Alexandra-Larisa(ROU)
3.MIRANDA, Erika(BRA)
5.KRASNIQI, Distria(KOS)
5.PEREIRA, Jessica(BRA)
7.TEMELKOVA, Betina(ISR)
7.TSUNODA, Natsumi(JPN)

【決勝】
ナタリア・クズティナ(ロシア)〇GS技有・抱分(GS3:03)△アモンディーヌ・ブシャー(フランス)

【日本代表選手勝ち上がり】

角田夏実(了徳寺学園職)
成績:7位


[1回戦]
角田夏実〇横四方固(2:44)△エカテリーナ・グイカ(カナダ)

[準々決勝]
角田夏実△GS指導1(GS4:45)○ジェシカ・ペレイラ(ブラジル)

[敗者復活戦]
角田夏実△優勢[技有・足車]○ディストリア・クラスニキ(コソボ)

■ 57kg級
eJudo Photo
世界選手権決勝の再現カード、決勝を戦う芳田司とドルジスレン・スミヤ。

(エントリー16名)

【入賞者】
1.DORJSUREN, Sumiya(MGL)
2.YOSHIDA, Tsukasa(JPN)
3.KWON, Youjeong(KOR)
3.RECEVEAUX, Helene(FRA)
5.SILVA, Rafaela(BRA)
5.SMYTHE-DAVIS, Nekoda(GBR)
7.NELSON LEVY, Timna(ISR)
7.STOLL, Theresa(GER)

【決勝】
ドルジスレン・スミヤ(モンゴル)〇GS指導2(GS3:07)△芳田司

【日本代表選手勝ち上がり】

芳田司(コマツ)
成績:2位


[1回戦]
芳田司〇縦四方固(1:57)△アンナ・ボロフスカ(ポーランド)

[準々決勝]
芳田司〇一本背負投(2:55)△ティムナ・ネルソン=レヴィー(イスラエル)

[準決勝]
芳田司○崩上四方固(3:52)△ラファエラ・シウバ(ブラジル)

[決勝]
芳田司△GS指導2(GS3:07)〇ドルジスレン・スミヤ(モンゴル)

■ 63kg級
eJudo Photo
63kg級入賞者。左から鍋倉、田代、フランセン、アグベニュー。

(エントリー16名)

【入賞者】
1.TASHIRO, Miku(JPN)
2.NABEKURA, Nami(JPN)
3.AGBEGNENOU, Clarisse(FRA)
3.FRANSSEN, Juul(NED)
5.BALDORJ, Mungunchimeg(MGL)
5.DAVYDOVA, Daria(RUS)
7.KRSSAKOVA, Magdalena(AUT)
7.SCHLESINGER, Alice(GBR)

【決勝】
田代未来〇GS内股(GS0:43)△鍋倉那美

【日本代表選手勝ち上がり】

田代未来(コマツ)
成績:優勝


[1回戦]
田代未来〇崩袈裟固(3:12)△エカテリーナ・ヴァルコワ(ロシア)

[準々決勝]
田代未来○大内刈(1:33)△アリス・シュレシンジャー(イギリス)

[準決勝]
田代未来○GS大内刈(GS4:21)△クラリス・アグベニュー(フランス)

[決勝]
田代未来〇GS内股(GS0:43)△鍋倉那美

鍋倉那美(三井住友海上)
成績:2位


[1回戦]
鍋倉那美○横四方固(3:35)△キヨミ・ワタナベ(フィリピン)

[準々決勝]
鍋倉那美〇優勢[技有・横四方固]△バルドルジ・ムングンチメグ(モンゴル)

[準決勝]
鍋倉那美○横四方固(2:28)△ダリア・ダヴィドワ(ロシア)

[決勝]
鍋倉那美△GS内股(GS0:43)〇田代未来

文責:古田英毅

※ eJudoメルマガ版12月17日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.