PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]小川雄勢が初優勝、90kg級決勝は長澤憲大が鮮やか「一本」で日本人対決を制す・グランドスラム東京2017最終日男子

(2017年12月3日)

※ eJudoメルマガ版12月3日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]小川雄勢が初優勝、90kg級決勝は長澤憲大が鮮やか「一本」で日本人対決を制す・グランドスラム東京2017最終日男子
(81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級)
東京体育館で行われているグランドスラム東京2017、最終日となる3日は男女7階級の競技が行われ、男子は90kg級で長澤憲大(パーク24)、100kg超級で小川雄勢(明治大3年)がそれぞれ優勝を飾った。81kg級、100kg級では日本勢は表彰台に絡むことができなかった。

長澤は決勝で小林悠輔(旭化成)と対戦すると、開始わずか31秒で左内股「一本」で勝利。5月のエカテリンブルグ大会に続くキャリア2度目のグランドスラム制覇を果たした。8月のブダペスト世界選手権では代表を送り込むことが出来なかった90kg級だが、団体戦代表として唯一同大会を経験した長澤がその経験を活かし、大きなアピールに成功した形。

最重量級では小川雄勢が決勝でルカシュ・クルパレク(チェコ)との14分に及ぶ大消耗戦を「指導2」(GS10:01)で制して優勝。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版12月3日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.