PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]女子は日本勢が8年ぶりの全階級制覇、78kg級は濵田尚里が得意の寝技で全試合一本勝ち・グランドスラム東京2017最終日女子

(2017年12月3日)

※ eJudoメルマガ版12月3日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]女子は日本勢が8年ぶりの全階級制覇、78kg級は濵田尚里が得意の寝技で全試合一本勝ち・グランドスラム東京2017最終日女子
(70kg級、78kg級、78kg超級)
eJudo Photo
78kg級決勝、「技有」を奪った濵田尚里がすかさずフッシェ・ステインハウスを絞め上げ電光石火の「一本」

東京体育館で行われているグランドスラム東京2017はきょう3日、最終日の男子4階級(81kg級、90kg級、100kg級、100㎏超級)、女子3階級(70kg級、78kg級、78kg超級)の競技が行われ、女子は3階級すべて日本勢が優勝、8年ぶりの全階級制覇を果たした。

78kg級は濵田尚里(自衛隊体育学校)が優勝。濵田は1回戦から準決勝まで、ヤーデン・メイヤーソン(イスラエル)を腕緘(0:43)、ナタリー・パウエル(イギリス)を横四方固(1:00)、クララ・アポテイカー(スロベニア)を送襟絞(2:37)、オドレイ・チュメオ(フランス)を崩上四方固(2:36)と得意の寝技で快進撃。迎えた決勝もフッシェ・ステインハウス(オランダ)から送足払で「技有」を奪うとすかさず送襟絞で「一本」奪取。得意の寝技の破壊力を見せつけ、見事オール一本勝ちで初優勝を果たした。今夏の世界選手権日本代表が2人がマッチアップした3位決定戦では佐藤瑠香(コマツ)が同大会2位の梅木真美(ALSOK)を破って3位を確保した。

78kg超級は、マラケシュ世界無差別選手権を制したばかりの朝比奈沙羅(東海大3年)が優勝。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版12月3日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.