PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

グランドスラム東京2017・最終日男子4階級プレビュー

(2017年12月1日)

※ eJudoメルマガ版12月1日掲載記事より転載・編集しています。
グランドスラム東京2017・最終日男子4階級プレビュー
(81kg級、90kg級、100kg級、100kg超級)
■81kg級・横一線の大混戦、日本勢が海外の強豪に挑む
(エントリー40名)

階級全体のレベルが高く上位陣の実力差が少ないため、どの大会でも荒れ模様の混戦になりがちな本階級。今大会にも世界大会のメダリストこそいないものの、パリ大会にアブダビ大会と今年グランドスラム2大会を制している若手のフランク・デヴィト(オランダ)、威力のある担ぎ技で常に階級の上位に位置しているヴィクトール・ペナウベル(ブラジル)、担ぎ技を主体に戦うニャムスレン・ダグヴァスレン(モンゴル)と密着しての捨身技が得意なオトゴンバータル・ウーガンバータル(モンゴル)のモンゴルのパワーファイター2人など、複数の実力者が顔を揃えた。

対する日本勢は絶対的エースの永瀬貴規(旭化成)が膝の故障による長期離脱中であることもあり、講道館杯王者の佐々木健志(筑波大3年)を筆頭に若手選手を4人並べてこれを迎え撃つ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版12月1日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.