PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

グランドスラム東京2017・第1日男子3階級プレビュー

(2017年12月1日)

※ eJudoメルマガ版12月1日掲載記事より転載・編集しています。
グランドスラム東京2017・第1日男子3階級プレビュー
(60kg級、66kg級、73kg級)
日本で行われる唯一のワールドツアー大会、グランドスラム東京2017があす3日、東京体育館で開幕する。

今大会から「当年の世界選手権金メダリストが優勝すれば、翌年の世界選手権日本代表に内定」との新システムが採用され、これが大会の様相を大きく変えた。男子の出場者では60kg級の髙藤直寿、66kg級の阿部一二三、73kg級の橋本壮市の3名がこの権利を持つが、73kg級では橋本の独走にストップを掛けるべくリオデジャネイロ五輪金メダリスト大野将平が参戦を表明しており、この両者の対戦なるかとその勝敗の行方が大会を通じた最大のみどころ。60kg級では「権利者」の髙藤に、直接対決で2連勝中の永山竜樹が立ちふさがる。

女子は日本が誇る新旧2人の世界王者に加えてムンフバット・ウランツェツェグ(モンゴル)、ガルバドラフ・オトゴンツェツェグ(カザフスタン)、ジョン・ボキョン(韓国)が参戦して世界選手権を超える陣容となった48kg級、志々目愛と角田夏実の金銀メダリストにホープ阿部詩が挑む52kg級とこちらも軽量級が熱い。

海外勢も充実、どの階級にも「グランドスラム」の名に恥じぬ強豪が集った今大会、各階級のトーナメントの様相をそれぞれ簡単に展望してみたい。

■60kg級 日本勢が上側に集中、直接対決で雌雄を決す
(エントリー28名)

中堅の有力選手は数多いものの、日本人以外で「世界大会でメダル圏内の強豪」となると実はモンゴルのツートップのみ。「グランドスラム」としてはむしろややレベルが低めのトーナメントとなった。

注目の日本勢は、髙藤直寿(パーク24)、永山竜樹(東海大3年)、志々目徹(了徳寺学園職)の上位3選手が揃って上側の山に配されており、プールBの準々決勝で永山と志々目が、準決勝でその勝者と髙藤が対戦することになるという過酷な配置。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版12月1日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.