PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

ドロー受けて日本代表4選手が会見、厳しい配置の阿部詩は「しっかり勝ち切る」・グランドスラム東京2017

(2017年12月1日)

※ eJudoメルマガ版12月1日掲載記事より転載・編集しています。
ドロー受けて日本代表4選手が会見、厳しい配置の阿部詩は「しっかり勝ち切る」・グランドスラム東京2017
eJudo Photo
会見に臨んだ4名の選手

グランドスラム東京2017(12月2日~3日、東京体育館のオフィシャルドロー(組み合わせ抽選)と前日記者会見が1日、都内で行われた。

ドローの結果は井上康生男子監督が「(日本人対決を)もっと上位で見たかった」、増地克之監督が「もったいない」と口を揃えて語った通り、男女とも軽量級に厳しいもの。男子60kg級では昨年の覇者永山竜樹(東海大3年)と志々目徹(了徳寺学園職)が準々決勝でつぶし合い、勝者が次戦で世界選手権金メダリスト髙藤直寿(パーク24)と激突。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版12月1日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.