PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

男子代表が直前合宿公開、髙藤、阿部ら念入りに調整行う・グランドスラム東京2017

(2017年11月30日)

※ eJudoメルマガ版11月30日掲載記事より転載・編集しています。
男子代表が直前合宿公開、髙藤、阿部ら念入りに調整行う・グランドスラム東京2017
eJudo Photo
サーキットトレーニングで汗を流す髙藤直寿と阿部一二三

全日本男子柔道強化合宿が30日、講道館6階の学校道場で報道陣に公開された。この合宿は11月29日から12月7日までの日程で行われ、グランドスラム東京大会に向けた最後の調整と同大会後の国際合宿が主な内容となっている。

今回の公開練習では60kg級から73kg級までの練習が公開され、大会を2日後に控えた代表選手たちは打ち込みやサーキットトレーニングを中心に念入りに調整を行った。リオデジャネイロ五輪73kg級金メダリストの大野将平(旭化成)はきょうの練習には姿を見せず、井上康生監督によると授業の関係で今夜東京入りして明日から参加するとのこと。

囲み取材に応えた井上監督のコメントは下記。

eJudo Photo
囲み取材にこたえた井上康生男子監督

井上康生男子監督のコメント
「今朝集合して73kg級以下でミーティングを行ったのですが、それぞれが戦いに向かう顔つきをしているように感じました。グランドスラム東京大会は国際大会であると同時に、国内の争いでもあります。世界チャンピオンは今回優勝すれば来年の世界選手権代表が内定するので、チャンピオンたちは早く代表を獲得してよりよい計画を立てられるように、それ以外の選手は内定を阻止するために、それぞれ頑張って欲しいと思います。この大会は2020年を目指すうえでも非常に重要な大会です。東京五輪への思いをどれだけ出せるかが勝負の分かれ目になってくると思いますので、そこに注目して勝負を見たいです。グランドスラム東京大会は、日本で行われる大会としては唯一国内外の最高峰の選手が集まる大会です。日本中の柔道ファンが期待していますので、日本代表としての自覚を持ち、そのなかで戦うということを意識して、素晴らしい戦いをしてほしいと思います。」

※ eJudoメルマガ版11月30日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.