PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第42回

(2017年11月20日)

※ eJudoメルマガ版11月20日掲載記事より転載・編集しています。
【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第42回
同じ力を働かせるにしても、どれだけは職務のため、どれだけは自己の修養のため、どれだけは家族のため、または社会のためとか、それぞれ力の配り方を考え、しかもその用いる一切の力を少しも過誤のないように使わなければならぬ。
出典:「立身栄達の捷径」 有効の活動 5巻2号 大正8年(1919)2月
(『嘉納治五郎大系』2巻68頁)

過去のことを知ろうとする「歴史研究」。

この歴史研究に欠かせないのが<史料>ですが、その中でも、特に貴重とされるものが、直筆による原稿や手紙、日記です。研究が進んでいる分野では、この史料の発掘・整理が進んでいます(史料がしっかり残っているからこそ、研究が進んでいるということもあるかもしれませんが・・・)。

さて、我らが嘉納治五郎師範ですが、同時代の著名人と比べた時、そういった整理が進んでいるとは言えません。その膨大な著作は『嘉納治五郎大系』という全集形式にまとめられていますが、もれた史料も多数あることが、近年明らかになっています。また、師範直筆の史料も含まれておらず、一般の人は接することが難しいのが現状です。
 
ただ、個人的に収集した師範の貴重な史料を公開し、多くの方々に見てもらおうとする人もいます。そういった趣旨から公開された史料の中に、師範が家族にあてたハガキ類があります

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月20日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.