PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]山本杏が5年ぶりの講道館杯制覇、52kg級は高校2年生阿部詩が初優勝飾る・平成29年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会最終日女子

(2017年11月12日)

※ eJudoメルマガ版11月12日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]山本杏が5年ぶりの講道館杯制覇、52kg級は高校2年生阿部詩が初優勝飾る
平成29年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会最終日女子
eJudo Photo
57kg級決勝、山本杏が渡部優花から袖釣込腰「一本」

eJudo Photo
52kg級決勝、阿部詩が立川莉奈から大外落「技有」

千葉ポートアリーナ(千葉市)で開催されている平成29年度講道館杯全日本体重別選手権大会。最終日となる12日は男女7階級の競技が実施され、女子は48kg級から63kg級までの4階級が行われた。

57kg級は山本杏(パーク24)が2012年大会以来、5年ぶり3度目(52kg級1度を含む)となる講道館杯制覇を達成。この日は準々決勝で舟久保遥香(三井住友海上)を「ブリッジ反則」(巴投「技有」宣告後に訂正)、準決勝では宇髙菜絵(コマツ)を袈裟固「一本」と優勝候補を連続で破って勝ち上がり、決勝では渡部優花(ALSOK)を力強い袖釣込腰「一本」で一蹴。近年なかなか成績を残せず、自ら「山本は終わったと思っている人も多かったと思う」と語った長い低迷からついに抜け出した形となった。

52kg級では高校2年生の阿部詩(夙川学院高)が、決勝で立川莉奈(福岡大3年)を大外落「技有」で下して初優勝。準決勝では渡邉貴子(帝京大4年)を開始直後の内股「一本」で畳に沈めるなど、持ち味である投げの威力を十分に発揮しての戴冠だった。

48kg級は2013年ワールドマスターズの覇者である遠藤宏美(ALSOK)が初優勝。決勝で森﨑由理江(宮崎大教)を右背負投「技有」で破り、実績十分ながらこれまでなかなか手が届かなかった講道館杯をついに手にすることとなった。

63kg級ではダークホースの土井雅子(環太平洋大4年)が、能智亜衣美(筑波大4年)と田代未来(コマツ)の優勝候補2人に勝利して初優勝を果たした。

各階級の入賞者と準々決勝以降の結果は下記。

■ 48㎏級
eJudo Photo
48㎏級入賞者。左から森﨑由理江、遠藤宏美、田中芽生)、山﨑珠美。

(エントリー29名)

【入賞者】
優 勝:遠藤宏美(ALSOK)
準優勝:森﨑由理江(宮崎大教)
第三位:田中芽生(龍谷大3年)、山﨑珠美(自衛隊体育学校)

【準々決勝】
遠藤宏美(ALSOK)○反則[指導3](3:43)△濵田早萌(ベネシード)
山﨑珠美(自衛隊体育学校)○背負投(1:07)△和田君華(大成高2年)
森﨑由理江(宮崎大教)○GS反則[指導3](GS2:01)△坂上綾(三井住友海上)
田中芽生(龍谷大3年)○GS技有・内股返(GS3:38)△梅北眞衣(山梨学院大1年)

【敗者復活戦】
和田君華(大成高2年)○優勢[技有・隅落]△濵田早萌(ベネシード)
坂上綾(三井住友海上)○GS反則[指導3](GS1:32)△梅北眞衣(山梨学院大1年)

【準決勝】
遠藤宏美(ALSOK)○GS指導2(GS0:59)△山﨑珠美(自衛隊体育学校)
森﨑由理江(宮崎大教)○優勢[技有・巴投]△田中芽生(龍谷大3年)

【3位決定戦】
田中芽生(龍谷大3年)○大外刈(3:53)△和田君華(大成高2年)
山﨑珠美(自衛隊体育学校)○裏投(1:54)△坂上綾(三井住友海上)

【決勝】
遠藤宏美(ALSOK)○優勢[技有・背負投]△森﨑由理江(宮崎大教)

■ 52kg級
eJudo Photo
52kg級入賞者。左から立川莉奈、阿部詩、宮川拓美、渡邉貴子。

(エントリー30名)

【入賞者】
優 勝:阿部詩(夙川学院高2年)
準優勝:立川莉奈(福岡大3年)
第三位:宮川拓美(北陸綜合警備保障)、渡邉貴子(帝京大4年)

【準々決勝】
阿部詩(夙川学院高2年)○GS指導2(GS0:34)△武田亮子(龍谷大1年)
渡邉貴子(帝京大4年)○優勢[技有・隅返]△前田千島(三井住友海上)
立川莉奈(福岡大3年)○内股(1:35)△児玉風香(新田高3年)
宮川拓美(北陸綜合警備保障)○GS技有・大内刈(GS0:32)△今井優貴(コマツ)

【敗者復活戦】
武田亮子(龍谷大1年)○反則(2:34)△前田千島(三井住友海上)
※相手の軸足を内側から刈ったことによるダイレクト反則。
今井優貴(コマツ)○横四方固(2:21)△児玉風香(新田高3年)

【準決勝】
阿部詩(夙川学院高2年)○内股(0:16)△渡邉貴子(帝京大4年)
立川莉奈(福岡大3年)○GS技有・大内刈(GS0:43)△宮川拓美(北陸綜合警備保障)

【3位決定戦】
宮川拓美(北陸綜合警備保障)○袖釣込腰(0:52)△武田亮子(龍谷大1年)
渡邉貴子(帝京大4年)○優勢[技有・大内刈]△今井優貴(コマツ)

【決勝】
阿部詩(夙川学院高2年)○GS技有・大外落(GS0:39)△立川莉奈(福岡大3年)

■ 57kg級
eJudo Photo
57kg級入賞者。左から渡部優花、山本杏、玉置桃、柳楽祐里。

(エントリー29名)

【入賞者】
優 勝:山本杏(パーク24)
準優勝:渡部優花(ALSOK)
第三位:玉置桃(三井住友海上)、柳楽祐里(JR東日本)

【準々決勝】
宇髙菜絵(コマツ)○GS反則[指導3](GS5:57)△富沢佳奈(埼玉栄高3年)
山本杏(パーク24)○反則(1:57)△舟久保遥香(三井住友海上)
※いわゆる「ブリッジ反則」
玉置桃(三井住友海上)○上四方固(0:46)△柳楽祐里(JR東日本)
渡部優花(ALSOK)○縦四方固(3:02)△髙沢眞冴(淑徳大4年)

【敗者復活戦】
舟久保遥香(三井住友海上)○GS指導2(GS7:35)△富沢佳奈(埼玉栄高3年)
柳楽祐里(JR東日本)○優勢[技有・小外刈]△髙沢眞冴(淑徳大4年)

【準決勝】
渡部優花(ALSOK)○GS内股(GS1:41)△玉置桃(三井住友海上)
山本杏(パーク24)○袈裟固(4:00)△宇髙菜絵(コマツ)

【3位決定戦】
柳楽祐里(JR東日本)○隅返(1:19)△宇髙菜絵(コマツ)
玉置桃(三井住友海上)○腕挫十字固(1:15)△舟久保遥香(三井住友海上)

【決勝】
山本杏(パーク24)○袖釣込腰(1:24)△渡部優花(ALSOK)

■ 63kg級
eJudo Photo
63kg級入賞者。左から田代未来、土井雅子、大住有加、鍋倉那美。

(エントリー29名)

【入賞者】
優 勝:土井雅子(環太平洋大4年)
準優勝:田代未来(コマツ)
第三位:大住有加(JR東日本)、鍋倉那美(三井住友海上)

【準々決勝】
津金恵(筑波大4年)○GS技有・袖釣込腰(GS0:53)△浦明澄(創志学園高2年)
田代未来(コマツ)○GS技有・内股(GS1:05)△大住有加(JR東日本)
土井雅子(環太平洋大4年)○横四方固(4:00)△嘉重春樺(東大阪大敬愛高3年)
工藤千佳(JR東日本)○棄権(3:10)△鍋倉那美(三井住友海上)
※嘔吐による

【敗者復活戦】
大住有加(JR東日本)○GS腕緘(GS0:38)△浦明澄(創志学園高2年)
鍋倉那美(三井住友海上)○優勢[技有・内股]△嘉重春樺(東大阪大敬愛高3年)

【準決勝】
田代未来(コマツ)○内股(2:16)△津金恵(筑波大4年)
土井雅子(環太平洋大4年)○崩上四方固(2:30)△工藤千佳(JR東日本)

【3位決定戦】
大住有加(JR東日本)○横四方固(3:42)△工藤千佳(JR東日本)
鍋倉那美(三井住友海上)○優勢[技有・小外刈]△津金恵(筑波大4年)

【決勝】
土井雅子(環太平洋大4年)○GS技有・浮落(GS3:23)△田代未来(コマツ)

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版11月12日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.