PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]立川新が2連覇達成、大混戦の81kg級は佐々木健志が「一本」連発で制す・平成29年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会第1日男子

(2017年11月11日)

※ eJudoメルマガ版11月11日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]立川新が2連覇達成、大混戦の81kg級は佐々木健志が「一本」連発で制す
平成29年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会第1日男子
eJudo Photo
73㎏級準決勝、立川新が海老沼匡から腕挫十字固「一本」

2019年世界選手権日本代表の第1次選考を兼ねる講道館杯全日本柔道体重別選手権大会がきょう11日、千葉ポートアリーナ(千葉市)で開幕。初日の男子は4階級の競技が行われた。

73kg級は立川新(東海大2年)が2連覇を達成。準決勝では今季から階級を上げて参加の66kg級世界チャンピオン海老沼匡(パーク24)からGS延長戦の末に腕挫十字固「一本」で勝利、決勝では全日本学生体重別選手権を制して勢いに乗る野上廉太郎(筑波大1年)から立て続けに3つの「指導」を奪って優勝を決めた。

準決勝は海老沼の攻め疲れを待ち、GS延長戦に入るなりペースアップして相手を置き去り。決勝は圧力を掛けてまず防御姿勢の「指導」を得ると、相手の癖を見抜いて中途から敢えて「首抜き」を誘い、これで2つの反則を積み上げて勝利した。抜群の組み力はもちろんのこと、世界チャンピオンの海老沼をして「彼の方が冷静で精神的に上、試合の作り方がうまかった。」と言わしめた試合運びの巧みさがひときわ光る勝ちぶりだった。

絶対の優勝候補がおらず大混戦となっていた81kg級は昨年度の全日本ジュニア王者佐々木健志(筑波大3年)が初優勝。

...続きを読む

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版11月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.