PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

平成29年度講道館杯全日本選抜柔道体重別選手権・女子7階級展望

(2017年11月10日)

※ eJudoメルマガ版11月10日掲載記事より転載・編集しています。
平成29年度講道館杯全日本選抜柔道体重別選手権・女子7階級展望
eJudo Photo
実業個人に優勝、グランプリ・ザグレブも制して久々存在感を発揮した遠藤宏美

■48kg級 遠藤宏美の再浮上カーブ確定なるか、梅北眞衣は早くもキャリアの分水嶺迎える

近藤亜美と渡名喜風南の世界チャンピオン2人は出場せず。この2名が極端に突出し、以下は大枠「浅見八瑠奈世代以後」の再編成期と総括されるべき国内戦線の状況を反映して、今回の陣容は少々小粒の感否めず。

注目株としてピックアップされるべきは遠藤宏美(ALSOK)と梅北眞衣(山梨学院大1年)の2名。遠藤は9月のグランプリ・ザグレブでリオ五輪金メダリストのパウラ・パレト(アルゼンチン)を破って優勝しており、序列上昇の権利を得たばかり。今大会に優勝すればこの実績は十分追い風になり得る。担ぎと足技主体の繊細なスタイルは「取り味」という点ではどうしても脆弱さが伴うが、すべての選手が手練れの講道館杯で何を上昇のテコとして勝ち上がるのか、注目したい。

梅北はユニバーシアードでシニアのメダリストを次々下して優勝、9月の全日本ジュニアも制してブレイク間近かと思われたが、以後は世界ジュニアに全日本学生体重別と2大会連続で初戦敗退を喫して失速中。直近2大会の敗戦を「事故」の域に留めて今年の成果を出世に繋げるには、実はこの講道館杯を勝ち抜くしかない厳しい状況にある。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.