PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

平成29年度講道館杯全日本選抜柔道体重別選手権・男子7階級展望

(2017年11月10日)

※ eJudoメルマガ版11月10日掲載記事より転載・編集しています。
平成29年度講道館杯全日本選抜柔道体重別選手権・男子7階級展望
eJudo Photo
第1シードの志々目徹がトーナメントの軸

平成29年度講道館杯全日本選抜柔道体重別選手権の開催が、いよいよあす11日に迫った。
国内の体重別個人戦としては年間もっとも大規模、かつハイレベルの陣容が集うこの大会は来年度の世界選手権日本代表選考の第一次予選を兼ねる。この大会を勝ち抜いてまずは二次予選であるグランドスラム東京に進出することが、今大会に参加する選手が世界選手権に辿り着くために与えられた唯一のルート。世界進出を狙う、あるいは代表返り咲きを狙う強豪選手たちにとっては絶対に落とすことの出来ない大会だ。また、高校生やジュニアのトップ選手にとっては初めてシニアの洗礼を受ける登竜門としての性格も持つ。

あまりに人材が揃い過ぎ、各階級どのブロックにも面白い選手が配されているゆえ詳細な展望は困難。優勝争い、グランドスラム東京代表争い(※ブダペスト世界選手権個人戦出場者はすでに出場権あり)、そして将来有望な注目新人のシニアカテゴリ挑戦、と観点を3点に絞って、ごく簡単に各階級を展望してみたい。

■60kg級 優勝争いの軸は志々目徹、準々決勝の木戸慎二戦が山場

第1シードに入ったアスタナ世界選手権銅メダリスト志々目徹が実績的にも実力的にも優勝争いの軸。実力差がスコアに反映されにくく、かつコンディションに左右される部分が多い最軽量級だが組み合い、かつ鬼門である「指導」差の影響が少ない2017年ルール下では階級屈指の威力を持つ志々目の内股一発の強さが増幅されると考えて良いはずだ。実妹・愛の世界選手権金メダル奪取も相当な刺激になっているはずで、復活への条件は十分。
これを第4シード扱いの大島優磨(旭化成)、そして実業個人で決勝を争った青木大(パーク24)と木戸慎二(パーク24)が追うというのが大枠の構図。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月10日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.