PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

準々決勝で大会ベストバウト現出、天理大が東海大に激しく噛みつく・平成29年度全日本学生柔道体重別団体優勝大会男子レポート①1回戦~準々決勝

(2017年11月7日)

※ eJudoメルマガ版11月7日掲載記事より転載・編集しています。
準々決勝で大会ベストバウト現出、天理大が東海大に激しく噛みつく
平成29年度全日本学生柔道体重別団体優勝大会男子レポート①1回戦~準々決勝
eJudo Photo
2回戦、国士館大の大将飯田健太郎が龍谷大・小川真司から縦四方固「一本」

体重別七人制で学生柔道日本一を争う平成29年度全日本学生柔道体重別団体優勝大会(男子19回、女子9回)は10月28日、ベイコム総合体育館(尼崎市)で開幕。

54チームが参加を許された男子の優勝候補筆頭は、6月の全日本学生優勝大会を制しこの大会で今季2冠を狙う東海大。これを2連覇を狙う国士館大、筑波大、明治大、日本大、日本体育大、天理大ら強豪が追うというのが大枠の構図だ。

第1日は1回戦と2回戦、最終日の翌29日は3回戦から決勝までが行われた。まずはトーナメントを4つのブロックに割って、1回戦から準々決勝までの戦いを簡単に追いかけてみたい。

※1回戦~2回戦の配列は先鋒100kg超級、次鋒90kg級、五将60kg級、中堅81kg級、三将73kg級、副将66kg級、大将100kg級。
※3回戦~決勝の配列は先鋒73kg級、次鋒60kg級、五将81kg級、中堅100kg超級、三将90kg級、副将100kg級、大将66kg級。

■1回戦~準々決勝

【Aブロック】
ベスト8進出校:国士館大、東洋大

昨年度、決勝で王者・東海大を逆転で破り久々の優勝を果たした国士館大が第1シード。このアドバンテージが抽選運をも呼び込んだか、周囲に勝ち上がりを阻む面倒な存在はなし。優勝に絡むと目される強豪の中では、間違いなくもっとも戦いやすい組み合わせとなった。

初戦となった2回戦は山下魁輝(100kg超級)、江畑丈夫(90㎏級)、川西誠志郎(60㎏級)、釘丸将太(81㎏級)、倉石陽成(73kg級)、磯田範仁(66㎏級)、飯田健太郎(100㎏級)という布陣で臨み、龍谷大をオール一本勝ちの7-0で退ける。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版11月7日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.