PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]東海大が2年ぶり10回目の優勝、決勝で国士舘大破り昨年の雪辱果たす・平成29年度全日本学生柔道体重別団体優勝大会最終日男子

(2017年10月29日)

※ eJudoメルマガ版10月29日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]東海大が2年ぶり10回目の優勝、決勝で国士舘大破り昨年の雪辱果たす・平成29年度全日本学生柔道体重別団体優勝大会最終日男子
eJudo Photo
準決勝、東海大の副将ウルフアロンが日本体育大・ハンガルオドバートルから内股「一本」。ウルフは今大会全勝、主将の重責を果たしてチームを牽引した。

体重別7人制の団体戦で学生柔道日本一を争う平成29年度全日本学生柔道体重別団体優勝大会(男子19回、女子9回)は29日、ベイコム総合体育館(尼崎市)で最終日の競技が行われ、3回戦から決勝までが行われた男子は東海大が2年ぶり10回目の優勝を飾った。東海大は6月の全日本学生柔道優勝大会も制しており、これで本年度団体二冠達成。

その充実した戦力から優勝候補筆頭に挙げられていた東海大だが、この日は準々決勝で天理大を相手に大苦戦。中堅のポイントゲッター太田彪雅が西尾徹に背負投「一本」で敗れるなど2-2のタイスコアで本戦7試合を終えることとなり、代表戦の末になんとか勝ち抜くという辛勝だった。

...続きを読む

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版10月29日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.