PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

日本が優勝、全試合を6人目までに終える圧勝で大会終える・2017年世界ジュニア選手権最終日男女混合団体戦

(2017年10月24日)

※ eJudoメルマガ版10月24日掲載記事より転載・編集しています。
日本が優勝、全試合を6人目までに終える圧勝で大会終える・2017年世界ジュニア選手権最終日男女混合団体戦
eJudo Photo
決勝のオランダ戦、田嶋剛希がヤスパー・スミンクから左袖釣込腰「技有」。このポイントが決勝点となり日本の勝利が決まった。

18日からクロアチアの首都ザグレブで行われている世界ジュニア柔道選手権、最終日となる22日は8人制による男女混合団体戦が行われた。今大会の競技は勝敗が決定した時点で試合が終了するルールで行われ、日本代表チームはすべての試合を6人目までに終える圧勝で優勝を飾った。

最終日に団体戦が行われる現在の大会形式では個人戦で活躍できなかった選手の活躍が恒例となっているが、今回このパターンに嵌ったのは48kg級の梅北眞衣(山梨学院大1年)。梅北はまず2回戦のカザフスタン戦で個人戦で敗れたガリヤ・ティンバエワに上四方固「一本」(2:47)でリベンジを果たすと、決勝では金メダリストのアンバー・ヘルシェス(オランダ)に上四方固「一本」(0:51)で勝利、個人戦の失態を取り返す形で大会を終えた。

入賞者、決勝ラウンド3試合と日本代表チーム全試合の勝ち上がりは下記。

■ 男女混合団体戦
eJudo Photo
優勝した日本チーム。

(エントリー16カ国)

【入賞者】
1.JAPAN (JPN)
2.NETHERLANDS (NED)
3.GERMANY (GER)
3.RUSSIA (RUS)
5.KAZAKHSTAN (KAZ)
5.UZBEKISTAN (UZB)
7.MONGOLIA (MGL)
7.FRANCE (FRA)

【3位決定戦】
ドイツ 5-3 カザフスタン
[48kg級]マシャ・バルハウス○大内返(3:50)△アクマラル・ナウアトベク
[60kg級]フィンセント・ギレル△GS袖釣込腰(GS0:37)○バウイルジャン・ジャウインタエフ
[57kg級]パウリーヌ・スターク○裏投(0:55)△アイーダ・カルチェイエワ
[73kg級]キリアン・オクス△反則[指導3](3:34)○ディダール・ハムザ
[70kg級]ジョヴァンナ・スコッチマッロ○大内返(3:06)△ペリザット・カディルベコワ
[90㎏級]エドゥアルド・トリッペル○優勢[技有・小内刈]△イェラシル・ボラット
[70kg超級]サミラ・ボイツガルネ△GS反則[指導3](GS1:39)○カミラ・ベルリカッシュ
[90㎏超級]エリック・アブラモフ○袈裟固(1:39)△サンジャル・ジャボロフ

ロシア ④-4 ウズベキスタン
[48kg級]ダリア・ピチカレワ△袖釣込腰(1:09)○ディヨラ・ケルディヨロワ
[60kg級]ラマザン・アブドゥラエフ△GS指導1(GS2:26)○ベフルズ・アマンダブラトフ
[57kg級]クリスティーナ・シロワ○横四方固(0:38)△サノバル・スルトノワ
[73kg級]デイヴィッド・ガモソフ△小外掛(2:49)○ムソ・ソビロフ
[70kg級]マディナ・タイマゾワ○後袈裟固(1:49)△ホジンサ・コモルディノワ
[90㎏級]ユーリ・ボジャ△優勢[技有・内股]○ダブラト・ボボノフ
[70kg超級]アンナ・グシュチナ○不戦△
[90㎏超級]アレクサンデル・アントノフ○隅落(1:20)△アリシェル・ユスポフ

【決勝】
日本 5-1 オランダ
[48kg級]梅北眞衣○上四方固(0:51)△アンバー・ヘルシェス
[60kg級]古賀玄暉○優勢[技有・大内刈]△ティム・バーネン
[57kg級]舟久保遥香○縦四方固(1:37)△ヨリーン・フィッシャー
[73kg級]石郷岡秀征○横四方固(2:12)△ダン・テンハウフェル
[70kg級]荒木穂乃佳△小外掛(3:24)○サンネ・フェルメール
[90㎏級]田嶋剛希○優勢[技有・袖釣込腰]△ヤスパー・スミンク
※勝敗が決したため以降の対戦は行われず。

【日本代表チーム勝ち上がり】

日本
成績:優勝


[1回戦]
日本 5-0 オーストラリア
[48kg級]梅北眞衣○横四方固(2:37)△エミリー・コンラン
[60kg級]古賀玄暉○小内巻込(3:55)△ジョシュア・カッツ
[57kg級]舟久保遥香○不戦△
[73kg級]茂木才跡○横四方固(2:53)△キャメロン・レイシュマン
[70kg級]荒木穂乃佳○GS技有・袖釣込腰(GS0:37)△メイブ・コグラン
※勝敗が決したため以降の対戦は行われず。

[準々決勝]
日本 5-0 カザフスタン
[48kg級]梅北眞衣○上四方固(2:47)△ガリヤ・ティンバエワ
[60kg級]杉本大虎○GS反則(GS0:33)△バウイルジャン・ジャウインタエフ
※いわゆる「ブリッジ反則」。
[57kg級]阿部詩○袈裟固(0:55)△アイーダ・カルチェイエワ
[73kg級]石郷岡秀征○背負投(1:25)△アキルベク・セリック
[70kg級]荒木穂乃佳○優勢[技有・大内返]△ペリザット・カディルベコワ
※勝敗が決したため以降の対戦は行われず。

[準決勝]
日本 5-1 ロシア
[48kg級]梅北眞衣○上四方固(3:20)△ダリア・ピチカレワ
[60kg級]杉本大虎○優勢[技有・内股]△ラマザン・アブドゥラエフ
[57kg級]舟久保遥香○肩固(1:34)△ディルバラ・サルカルベク=キジー
[73kg級]石郷岡秀征△優勢[技有・払巻込]○デイヴィッド・ガモソフ
[70kg級]荒木穂乃佳○GS技有・袖釣込腰(GS1:35)△マディナ・タイマゾワ
[90㎏級]田嶋剛希○横四方固(3:10)△ユーリ・ボジャ
※勝敗が決したため以降の対戦は行われず。

[決勝]
日本 5-1 オランダ
[48kg級]梅北眞衣○上四方固(0:51)△アンバー・ヘルシェス
[60kg級]古賀玄暉○優勢[技有・大内刈]△ティム・バーネン
[57kg級]舟久保遥香○縦四方固(1:37)△ヨリーン・フィッシャー
[73kg級]石郷岡秀征○横四方固(2:12)△ダン・テンハウフェル
[70kg級]荒木穂乃佳△小外掛(3:24)○サンネ・フェルメール
[90㎏級]田嶋剛希○優勢[技有・袖釣込腰]△ヤスパー・スミンク
※勝敗が決したため以降の対戦は行われず。

※ eJudoメルマガ版10月24日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.