PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]佐藤和哉が一色勇輝との同門対決を制して初優勝・平成29年度全日本学生柔道体重別選手権大会最終日男子3階級

(2017年10月1日)

※ eJudoメルマガ版10月1日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]佐藤和哉が一色勇輝との同門対決を制して初優勝
平成29年度全日本学生柔道体重別選手権大会最終日男子3階級(90kg級、100kg級、100kg超級)
eJudo Photo
100kg超級決勝。佐藤和哉が一色勇輝から右小内刈「技有」を奪う。

日本武道館で開催されている平成29年度全日本学生柔道体重別選手権大会(男子36回、女子33回)は1日、最終日の男女各3階級の競技が行われ、男子は90kg級で安達健太(東海大3年)、100kg級で吉良儀城(国士舘大3年)、100kg超級で佐藤和哉(日本大4年)がそれぞれ優勝を飾った。

男子最重量級を制した佐藤は高校2年時の全国高校選手権(無差別)以来となる全国タイトル獲得。大学の1学年後輩である一色勇輝(日本大3年)とマッチアップした決勝では組み手巧みに相手の攻撃を捌き続け、合計時間9分16秒に及ぶ大消耗戦の末に右小内刈「技有」(GS5:16)を奪ってみごと優勝を決めた。高校3年生で全日本選手権に出場するなど活躍を期待されていた佐藤だが、大学進学後は怪我の影響もありなかなかブレイクに至らず。今回の優勝で復活の狼煙を上げた形となった。

入賞者と準決勝以降の結果は下記。

■ 90kg級
eJudo Photo
90kg級上位入賞者。左から安達健太、長井晃志、青木雅道、増山香補。

(エントリー52名)

【入賞者】
優 勝:安達健太(東海大3年)
準優勝:長井晃志(日本体育大1年)
第三位:青木雅道(日本大3年)、増山香補(明治大1年)

【準決勝】
安達健太(東海大3年)○肩車(0:12)△青木雅道(日本大3年)
長井晃志(日本体育大1年)○GS技有・大外返(GS1:57)△増山香補(明治大1年)

【決勝】
安達健太○横四方固(1:07)△長井晃志

■ 100kg級
eJudo Photo
100kg級上位入賞者。左から吉良儀城、後迫孝誠、吉野敦哉、寺尾拓真。

(エントリー47名)

【入賞者】
優 勝:吉良儀城(国士舘大3年)
準優勝:後迫孝誠(福岡大3年)
第三位:吉野敦哉(鹿屋体育大2年)、寺尾拓真(国士舘大4年)

【準決勝】
後迫孝誠(福岡大3年)○背負投(3:25)△吉野敦哉(鹿屋体育大2年)
吉良儀城(国士舘大3年)○腕緘(0:49)△寺尾拓真(国士舘大4年)

【決勝】
吉良儀城○優勢[技有・大内刈]△後迫孝誠

■ 100kg超級
eJudo Photo
100kg超級上位入賞者。左から佐藤和哉、一色勇輝、竹村昂大、西尾徹。

(エントリー46名)

【入賞者】
優 勝:佐藤和哉(日本大4年)
準優勝:一色勇輝(日本大3年)
第三位:竹村昂大(国士舘大2年)、西尾徹(天理大4年)

【準決勝】
一色勇輝(日本大3年)○優勢[技有・大外刈]△竹村昂大(国士舘大2年)
佐藤和哉(日本大4年)○GS指導2(GS3:04)△西尾徹(天理大4年)

【決勝】
佐藤和哉○GS技有・小内刈(GS5:16)△一色勇輝

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版10月1日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.