PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]磯田範仁が初優勝、73kg級は野上廉太郎が決勝の同門対決で全日本ジュニアのリベンジ果たす・平成29年度全日本学生柔道体重別選手権大会第1日男子4階級

(2017年9月30日)

※ eJudoメルマガ版9月30日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]磯田範仁が初優勝、73kg級は野上廉太郎が決勝の同門対決で全日本ジュニアのリベンジ果たす
平成29年度全日本学生柔道体重別選手権大会第1日男子4階級(60kg級、66kg級、73kg級、81kg級)
eJudo Photo
66kg級決勝、磯田範仁が木戸清孝から小外刈「技有」

体重別で学生柔道日本一を争う平成29年度全日本学生柔道体重別選手権大会が30日、日本武道館で開幕。初日は男女それぞれ4階級の競技が行われた。

男子66kg級は昨年度の講道館杯王者・磯田範仁(国士舘大4年)が初優勝。得意の小外刈がこの日も冴え、5戦して4度この技を決めるという会心の内容での戴冠。決勝も木戸清孝(天理大4年)の徹底警戒を突破し、GS延長戦の末に左小外刈で「技有」を奪って勝利を決めた。

73kg級は野上廉太郎(筑波大1年)が優勝。全日本ジュニア決勝の再現カードとなった決勝では同門同期のライバル石郷岡秀征(筑波大1年)から残り9秒に左背負投で「技有」を奪う劇的な決着で勝利、同大会のリベンジを果たす形で昨年度インターハイに続く全国タイトル獲得を決めた。

81kg級は今季から階級を上げた天理大の主将・山本悠司(天理大4年)が悲願の学生カテゴリ初制覇達成。60kg級は昨年度3位の宮之原誠也(国士舘大4年)が優勝した。

各階級の入賞者と準決勝以降の結果は下記。

■ 60kg級
eJudo Photo
60kg級入賞者。左から宮之原誠也、大島拓海、小西誠志郎、野村尚希。

(エントリー47名)

【入賞者】
優 勝:宮之原誠也(国士舘大4年)
準優勝:大島拓海(筑波大3年)
第三位:小西誠志郎(国士舘大1年)、野村尚希(東海大4年)

【準決勝】
宮之原誠也(国士舘大4年〇GS技有・肩車(GS1:04)△小西誠志郎(国士舘大1年)
大島拓海(筑波大3年)〇小内刈(3:08)△野村尚希(東海大4年)

【決勝】
宮之原誠也○縦四方固(3:57)△大島拓海

■ 66kg級
eJudo Photo
66kg級入賞者。左から磯田範仁、木戸清孝、田川兼三、末木貴将。

(エントリー55名)

【入賞者】
優 勝:磯田範仁(国士舘大4年)
準優勝:木戸清孝(天理大4年)
第三位:田川兼三(筑波大3年)、末木貴将(筑波大4年)

【準決勝】
木戸清孝(天理大4年)〇GS反則[指導3](GS2:28)△田川兼三(筑波大3年)
磯田範仁(国士舘大4年)〇崩上四方固(GS2:34)△末木貴将(筑波大4年)

【決勝】
磯田範仁○GS技有・小外刈(GS1:41)△木戸清孝

■ 73kg級
eJudo Photo
73kg級入賞者。左から野上廉太郎、石郷岡秀征、島田隆志郎、五十嵐純平。

(エントリー53名)

【入賞者】
優 勝:野上廉太郎(筑波大1年)
準優勝:石郷岡秀征(筑波大1年)
第三位:島田隆志郎(國學院大2年)、五十嵐純平(筑波大4年)

【準決勝】
野上廉太郎(筑波大1年)○内股(3:27)△島田隆志郎(國學院大2年)
石郷岡秀征(筑波大1年)〇小外刈(3:32)△五十嵐純平(筑波大4年)

【決勝】
野上廉太郎○優勢[技有・背負投]△石郷岡秀征

■ 81kg級
eJudo Photo
81kg級入賞者。左から山本悠司、藤岡将吾、釘丸将太、山下恭平。

(エントリー56名)

【入賞者】
優 勝:山本悠司(天理大4年)
準優勝:藤岡将吾(東海大3年)
第三位:釘丸将太(国士舘大3年)、山下恭平(日本大4年)

【準決勝】
山本悠司(天理大4年)〇GS反則[指導3](GS3:03)△釘丸将太(国士舘大3年)
藤岡将吾(東海大3年)〇優勢[技有・一本背負投]△山下恭平(日本大4年)

【決勝】
山本悠司○GS技有・浮腰(GS2:09)△藤岡将吾

※ マッチレポートは続報します。メルマガ版配信後にPC版に転載します。

※ eJudoメルマガ版9月30日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.