PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第38回

(2017年9月25日)

※ eJudoメルマガ版9月25日掲載記事より転載・編集しています。
【隔週刊・嘉納治五郎師範のひとこと】第38回
みだりに旧物を打破するの不可なるがごとくすべて新規なるものを善しとするのもまた大いに弊害あり注意を要す。
出典:「普通教育の方針について」福島県教育 29巻11号 大正2年(1913)11月
(『嘉納治五郎大系』6巻94頁)
 
嘉納治五郎師範という人物を思うとき1つのイメージとして「新しいものを求める人」「革新者」といったものがあるのではないでしょうか。同じ武道の剣道が剣術との緩やかな流れから成立し、連続性があるのに対し、講道館柔道の誕生は柔術批判に拠る部分が少なくありません。柔術=古い・悪い、柔道=新しい・良いといった対立軸を生み、そういった言説を流布したこと。あるいは、アジア初のオリンピック委員となり、日本の体育・スポーツの振興に尽力したこと等も、上記のようなイメージの一因となっているでしょう。

では、師範は常に革新的で新しいものを求めるイメージ通りの人だったのでしょうか。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月25日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.