PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

国士舘中が2連覇、『大成にもう1度挑む』合言葉に全国中学校大会のリベンジ果たす・平成29年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会中学生男子の部即日レポート

(2017年9月24日)

※ eJudoメルマガ版9月24日掲載記事より転載・編集しています。
国士舘中が2連覇、『大成にもう1度挑む』合言葉に全国中学校大会のリベンジ果たす・平成29年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会中学生男子の部即日レポート
eJudo Photo
連覇を果たした国士舘中学校

団体戦で小年、中学カテゴリの柔道日本一の座を争う平成29年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会が24日、東京武道館で行われ、47チームが参加した中学男子の部は国士舘中学校(東京)が2連覇を果たした。

8月の全国中学校大会準決勝で大成中学校(愛知)に敗れて3位に終わった国士舘中は「(全国中学大会で)正直力尽きていたが、優勝しようというよりも、大成に勝とうという一念だけ」(川野成道監督)を胸に、隙のない戦いを続けて決勝進出。決勝の大成中戦は先鋒戦を「技有」優勢で落として先行されたが、副将岡田陸の内股「一本」で逆転。1-1の内容差で優勝を決めた。

戦評、入賞者と川野監督のコメント、準々決勝以降の対戦詳細は下記。

■戦評

ベスト4に残ったのは国士舘中学校(東京)、曽根中学校(福岡)、大成中学校(愛知)、大蔵中学校(福岡)。今シーズンこれまでの戦いぶりと結果、そしてこの日の組み合わせからして、ほぼ予想通りの順当な顔ぶれと言える。

国士舘中は2回戦で前戦で全国中学校大会ベスト8の松山西中学校(愛媛)を破った山田中学校(福岡)と対戦、2-1でこの試合を勝ち抜くと3回戦では静岡学園中学校(静岡)を4-0、準々決勝では前戦で南淡中学校(兵庫)を下している朝飛道場(神奈川)を3-0で破って準決勝進出。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月24日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.