PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

平成29年度全日本ジュニア柔道体重別選手権第1日男子4階級レポート

(2017年9月23日)

※ eJudoメルマガ版9月23日掲載記事より転載・編集しています。
平成29年度全日本ジュニア柔道体重別選手権第1日男子4階級(55kg級、60kg級、66kg級、73kg級)レポート
eJudo Photo
55kg級決勝、髙野大地が右袖釣込腰で仲島聖悟を攻める

■55kg級・高野大地がノーマークから優勝、仲島聖悟は決勝で敗れて2年連続の2位
(エントリー19名)

【決勝まで】

決勝に勝ち上がったのは優勝候補と目された昨年2位の仲島聖悟(修徳高3年)とノーマークから大会をスタートした高野大地(国士舘大1年)。

仲島は2回戦から登場するとまずは福本征吾(近江高3年)に背負投「技有」で優勢勝ち。以降も準々決勝で吉本聖那(佐賀工高2年)を背負投「技有」(GS1:27)、準決勝で渡邉勇(東海大1年)を背負投「技有」(GS0:54)と全試合で得意の背負投によるポイントを得ての決勝進出。

一方の高野は通常よりも1試合多く戦わねばならないいわゆる「逆シード」配置からの勝ち上がり。

取材・文:林さとる/eJudo編集部

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月23日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.