PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界選手権2017特集】【eJudo’s EYE】志々目のケルメンディ打倒と阿部の異常な強さ、柔道の魅力存分に示した2日目のキーワードは「投げ」・第2日2階級評

(2017年9月11日)

※ eJudoメルマガ版9月11日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界選手権2017特集】【eJudo’s EYE】志々目のケルメンディ打倒と阿部の異常な強さ、柔道の魅力存分に示した2日目のキーワードは「投げ」・第2日2階級評
eJudo Photo
凄まじい投げを連発、阿部一二三はファンの期待に応えてみごと優勝を飾った

※以下3題を掲載しています
「記録では伝えきれない阿部の強さ」
「志々目愛がついにブレイク、大会第2日のキーワードは『投げ』」
「『互いに投げられぬ』若年世代の日本女子柔道は『投げ』の魅力をどう消化するのか」


→世界選手権特集ページに戻る

第2日は66kg級で初出場の阿部一二三(日体大2年)が史上に残る凄まじい勝ちぶりで優勝。52kg級では志々目愛(了徳寺学園職)が絶対王者マイリンダ・ケルメンディを準決勝で破る歴史的偉業を成し遂げてこれも初出場、初優勝を飾った。ファンとメディアを興奮の渦に巻き込んだ話題性、「投げて勝つ」という柔道本来の魅力発信に、史上に残る軽量4階級全制覇という記録。2017年ブダベスト世界柔道選手権の重心は、この第2日にあったと言って良いだろう。既に様々なメディアで厚く報じられているであろう阿部と志々目の圧勝ぶりをごく簡単に紹介し、そしてこの2人の勝利が日本にもたらす(もたらして欲しい)波及効果について考えてみたい。

■記録では伝えきれない阿部の強さ

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月11日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.