PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

[速報]73kg級に階級アップの石郷岡秀征が初優勝、激戦60kg級は杉本大虎が制す・平成29年度全日本ジュニア柔道体重別選手権第1日男子4階級結果

(2017年9月9日)

※ eJudoメルマガ版9月9日掲載記事より転載・編集しています。
[速報]73kg級に階級アップの石郷岡秀征が初優勝、激戦60kg級は杉本大虎が制す
平成29年度全日本ジュニア柔道体重別選手権第1日男子4階級(55kg級、60kg級、66kg級、73kg級)入賞者、決勝結果
eJudo Photo
73kg級決勝、GS延長戦で石郷岡秀征が野上廉太郎から左大外落で「技有」を奪う。

平成29年度全日本ジュニア柔道体重別選手権は9日、埼玉県立武道館(埼玉県上尾市)で開幕。初日は男女8階級(男子55kg級、60kg級、66kg級、73kg級、女子44kg級、48kg級、52kg級、57kg級)の競技が行われた。

73kg級は、66kg級から階級を上げるなり関東ジュニアを制して注目されていた石郷岡秀征(筑波大1年)が、同大会に引き続き野上廉太郎(筑波大1年)との同門決勝を制して優勝。

武岡毅(足立学園高3年)、市川龍之介(習志野高3年)の現役高校カテゴリ王者2名に、古賀玄暉ら全日本カデ優勝経験者、樋口裕大ら55kg級出身者までを入れると実に7名の全国制覇経験者が揃った激戦区・60kg級は今年のブレーメン国際を制した杉本大虎(日本体育大2年)が初優勝した。55kg級は髙野大地(国士舘大1年)、66kg級は茂木才跡(中央大1年)がそれぞれ優勝、キャリア初の全国制覇を成し遂げた。

男子4階級(55kg級、60kg級、66kg級、73kg級)の入賞者と決勝の結果は下記。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月9日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.