PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

上川大樹が最重量級3連覇、100kg級は階級アップの西山大希が優勝果たす・第47回全日本実業柔道個人選手権最終日男子

(2017年9月8日)

※ eJudoメルマガ版9月8日掲載記事より転載・編集しています。
上川大樹が最重量級3連覇、100kg級は階級アップの西山大希が優勝果たす
第47回全日本実業柔道個人選手権最終日男子
第47回全日本実業柔道個人選手権大会は8月27日、ベイコム総合体育館(尼崎市)で最終日の男子3階級(90kg級、100kg級、100kg超級)、女子4階級(63kg級、70kg級、78kg級、78kg超級)の競技が行われた。

100kg超級は上川大樹(京葉ガス)が3連覇達成、決勝ではここまで全試合一本勝ちのベテラン高橋和彦(新日鐵住金)を得意の出足払で下して勝利を決めた。

100kg級は90kg級から階級を上げたばかりの西山大希(新日鐵住金)がいきなりの優勝。90kg級は小林悠輔(旭化成)が同所属の先輩である吉田優也(旭化成)を破って初優勝を飾っている。

男子各階級の概況と決勝戦評、優勝者のコメントは下記。

■ 90kg級
eJudo Photo
90kg級決勝、小林悠輔が吉田優也から小外刈「技有」

eJudo Photo
90kg級優勝の小林悠輔

(エントリー81名)

【決勝】
小林悠輔(旭化成)○GS技有・小外刈(GS2:34)△吉田優也(旭化成)

決勝はともに旭化成所属の小林悠輔(旭化成)と吉田優也(旭化成)がマッチアップ。小林はベスト16で大辻康太(日本エースサポート)、準々決勝で釘丸太一(センコー)、準決勝で菅原健志(パーク24)と強豪との連戦を勝ち抜いての決勝進出。一方本大会が怪我からの本格的な復帰戦となる吉田は最大の山場であった準々決勝の北野裕一(パーク24)戦を「指導3」反則(3:18)で手堅く勝ち抜いて決勝の畳へと駒を進めた。

決勝は小林が左、吉田が右組みのケンカ四つ。序盤は吉田が右大内刈に右内股と攻勢に出、38秒には小林に消極的の「指導」が与えられる。しかし、これ以降は小林も技が出るようになり、お互いに決め手を欠いたまま吉田の「指導1」リードのまま勝負はGS延長戦へ。

延長戦に入って以降は小林が攻勢を維持し、GS54秒に吉田にも「指導」。これ以降も小林が動きよく攻め続け、GS2分34秒に左小外刈を引っ掛けて押し込みついに「技有」を奪取。小林が所属の先輩吉田を倒して初優勝を果たした。

【入賞者】
優 勝:小林悠輔(旭化成)
準優勝:吉田優也(旭化成)
第三位:菅原健志(パーク24)、長倉友樹(センコー)

小林悠輔選手のコメント
「一週間前の関東ブロック予選に出場したので、試合慣れはしていたのですが、気持ちを作るのが難しかったです。決勝の吉田選手とは初めての対戦。勝たないといけないと思いました。本戦では組み負ける展開が多くありましたが、最後の方は自分の組み手に持ち込むことが出来ました。GSに入った時は我慢だなと思いました。いつも試合後半は気持ち的に切れてしまうのですが、今日は最後まで切らさずに戦い抜くことができました。最後の技は勝手に身体が動いて、自然と押し込んでいました。講道館杯はなんとしてでも勝ちたいです。」

■ 100kg級
eJudo Photo
100kg級決勝、西山大希が熊代佑輔を攻める

eJudo Photo

eJudo Photo
100kg級優勝の西山大希

(エントリー68名)

【決勝】
西山大希(新日鐵住金)○GS指導2(GS3:59)△熊代佑輔(ALSOK)

決勝に勝ち上がったのは今大会から100kg級へと階級を上げた西山大希(新日鐵住金)と、2015年大会の王者である熊代佑輔(ALSOK)。西山は準々決勝で制野孝二郎(センコー)を「技有」優勢、準決勝で池田賢生(日本中央競馬会)を「指導3」反則(GS1:45)でそれぞれ下しての決勝進出。一方の熊代は2回戦でいきなり高木海帆(日本中央競馬会)とマッチアップする厳しい組み合わせだったがこの難敵を「指導3」反則(3:37)で破ると、以降はベスト16で小川竜昂(新日鉄住金)を「技有」優勢、準々決勝で阪本健介(了徳寺学園職)を大外刈「一本」(2:34)、準決勝で藤井岳(パーク24)を掬投「一本」(2:28)と、強豪相手にいずれも投げでポイントを得て快勝。みごと決勝の畳へと勝ち残った。

決勝は左相四つ。組み手争いからスタートした試合はやがて両者がっぷり四つでの膠着状態となり、56秒両者に「指導」が与えられる。以降も同様の展開が続き、両者「指導1」を取り合った状態で試合はGS延長戦に突入。延長戦でも本戦同様に双方決め手を欠いた状況が続くが、時間経過とともに西山が足技を中心に攻めて優位に立つようになる。GS3分59秒、熊代に消極的の咎による「指導」が与えられてついに試合決着。西山は階級変更するなりビッグタイトルを手にすることとなった。

※公式記録ママ

【入賞者】
優 勝:西山大希(新日鐵住金)
準優勝:熊代佑輔(ALSOK)
第三位:池田賢生(日本中央競馬会)、藤井岳(パーク24)

西山大希選手のコメント
「90kg級から100kg級へ階級を変えてどうかなと思っていたのですが、実際に試合をしてみると意外なほど力負けしませんでした。組み合ったときの感覚の違いに戸惑う部分はありましたが、それ以上に『力負けしていない』と感じた、その手ごたえの方が大きかったです。これからは一つ一つ、目の前の試合を勝って、この階級で強化指定選手になりたい。」

■ 100kg超級
eJudo Photo
100kg超級決勝、上川大樹が高橋和彦から出足払「一本」

eJudo Photo
3連覇達成の上川大樹

(エントリー54名)

【決勝】
上川大樹(京葉ガス)○出足払(2:31)△高橋和彦(新日鐵住金)

決勝に進出したのは本大会2連覇中の上川大樹(京葉ガス)と、意外にも今回が初の決勝進出となるベテラン高橋和彦(新日鐵住金)。上川は勝負どころとなった準々決勝の赤迫健太(新日鉄住金)戦をGS延長の末に「技有」(GS0:43)を奪ってしぶとく勝ち抜き、準決勝では鈴木誉広(ALSOK)から払腰「一本」(1:21)を奪って3年連続となる決勝進出を果たした。

一方の高橋は初戦となる2回戦で入江隆(日本エースサポート)を払腰「一本」(0:11)、ベスト16で尾崎央達(センコー)を払腰「一本」(2:22)と序盤戦を快調に勝ち上がると、以降も準々決勝で渡邊智斗(パーク24 )を横四方固「一本」(2:13)、準決勝で所属の後輩田中大貴(新日鉄住金)を「指導3」反則(2:33)と、その勢いは衰えず。全試合一本勝ち(相手の反則負けを含む)という抜群の内容で決勝へと駒を進めた。

決勝は上川が右、高橋が左組みのケンカ四つ。釣り手のみを持っての引き手争いが続くが、上川は前進圧力を掛けつつ足を飛ばして優位を維持。1分27秒、高橋に消極的の咎で「指導」が与えられる。2分31秒、上川は切れ味鋭い右の出足払で高橋を大きく崩すと、ハンドル操作を効かせて最後までコントロール。浴びせ倒される形となった高橋は背中から勢い良く畳に落下して「一本」。上川が見事3連覇を達成した。

【入賞者】
優 勝:上川大樹(京葉ガス)
準優勝:高橋和彦(新日鐵住金)
第三位:鈴木誉広(ALSOK)、田中大貴(新日鐵住金)

上川大樹選手のコメント
「あまり試合という気分にならなかったのですが、負けられないので、その負けられないという立場が良かったのかもしれないです。これまでは、全日本選手権を獲りたいという気持ちでやってきましたが、今は目の前の試合を1個ずつしっかり勝っていくこと、どうやって身体とモチベーションを上げるかということを考えて稽古しています。ただ、今日は試合の中で息が上がってしまいました。今日勝てたのは昨年の赤迫選手との試合で勝てたからだと思います。あそこであのまま負けていたら、今日の勝ちもなかったです。」

 
取材:eJudo編集部

※ eJudoメルマガ版9月8日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.