PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】【eJudo’s EYE】正統派に回帰する髙藤、黄金時代迎えた女子48kg級・第1日2階級評

(2017年9月8日)

※ eJudoメルマガ版9月8日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】【eJudo’s EYE】正統派に回帰する髙藤、黄金時代迎えた女子48kg級・第1日2階級評
eJudo Photo
60kg級を制した髙藤直寿。投げ一発の魅力はもちろん、今大会は二本しっかり持った攻防への意欲が際立っていた。

→世界選手権特集ページに戻る


■男子60kg級評・正統派に回帰する髙藤、思わぬレッテル背負ってしまった永山


髙藤直寿が圧勝V。力あり、理あり、そして運あり。文句なしとしかいいようがない素晴らしい出来であった。
60kg級は男子7階級の中でも屈指の強豪密集階級。魅力的な選手が多すぎて選手紹介の執筆にも思わず手を掛け過ぎてしまう、選手にとっては難しい階級だが、髙藤は極端に偏ったドローの恩恵を受けて決勝まで強豪との対戦はゼロ。迎えた決勝はこの日絶好調、激戦ブロックを勝ち上がって来たオルハン・サファロフ(アゼルバイジャン)から大内刈で「技有」「一本」と連取して快勝。他選手とは一段違う出来を見せて世界選手権2度目の金メダルを獲得した。

この日の髙藤の柔道から感じられたのは、リオデジャネイロ五輪後の試合の随所で匂わせていた正統派への回帰。身体能力の高さとスピード、そして発想自体から突飛でアクロバティックな投技が売りであった髙藤は、確かに今回もその長所を存分に発揮してはいた。地上波でも放送されたであろう決勝の大外刈をかわすなり飛び込んでサファロフを「棒」の状態に固定した左大内刈「一本」はもちろん、準決勝のパヴェル・ピエトリコフ(チェコ)戦での突如相手の左前隅にダッシュして引っ張り出しながら右前隅に放った隅返に、2回戦でヤーシン・モウダリール(モロッコ)をいったん大腰で引きずりながら滑り込んで放った裏投、そして真骨頂とでもいうべき準々決勝、モクリディン・ティロヴォフ(ウスベキスタン)のクロス組み手に素早く反応して、掬投では?と思わず見ている側が腰を浮かせてしまう動きで捲り放った浮腰。決め技だけを見れば、髙藤がリスクを厭わず大胆に、存分に「らしさ」を発揮したと言える1日だった。

しかし髙藤がこれらの一種「危ない」技を繰り出したのは、実は僅少、決めどころのみ。戦いの全体を時間単位で見渡すと、目立ったのは相四つ相手に二本しっかり持って、あるいはケンカ四つ相手に釣り手を鋭く振り立てて相手を崩しながらチャンスメイクを続ける、むしろ正統派の戦いであった。今大会の髙藤を象徴する場面としては上記の大技よりも、大物食いを狙うジョン・センビョン(韓国)に飛び込む準備行動となり得る間合いすら与えぬまま組み続けて、結果得意の左小内刈で転がした3回戦の中盤戦(今年のグランドスラム・パリではこの戦い方がベースだった)、あるいは一発飛び込みを狙うピエトリコフを足技で崩し続けてそもそも振りかぶることすら許さなかった準々決勝の序盤戦を挙げたい。髙藤は異次元の大技一発を懐に呑みながらも、そのリスクを理解し、正統派の戦いで相手を追い詰めながら、これを繰り出す場面を最小限に絞ってしっかり勝ち切ったと理解したい。髙藤が一か八かの大技を放つ時に出来上がる『際』を狙っていたライバルたちは、「来てくれない」どころか、攻めも守りも同じ形(二本しっかり持つ)から繰り出してくる髙藤に正面から崩され続けて、これという時にはもう動けなくなっていたという印象だ。

密着大技一発に頼るリスクはいうまでもなく返し技や自爆の可能性が高いことで、これは成績の不安定さに繋がり、そして現在の制度では成績の不安定な選手は代表には使ってもらえない。リオデジャネイロ五輪という「絶対に負けられない場」を経験した髙藤が懐に呑んだ飛び道具をそのままに、リスクを最小限に抑えたままこれを存分に生かす方法論へと舵を切った、これがこの守りと攻めを同じ形から繰り出せる正統派スタイルへの回帰ということと解釈する。

大会中盤戦で感じたことだが、現在の強豪たちの技術の流れには、「一か八かの密着における『際』の技術を磨く」ことと、逆に「攻防ともに可能な形から、返されにくい技でしっかり投げる」二極がある。この中で、前者のパイオニアとでもいうべき髙藤(2013年リオ世界選手権に端を発する髙藤の「際」に活路を求める柔道は、その後全階級をまたいだトレンドとなった)が、逆に後者への比率を増やして安定感を増していることは非常に興味深い。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月8日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.