PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】初の男女混合戦は日本が圧勝、選手層の厚さで他国を寄せ付けず・男女混合国別団体戦即日レポート

(2017年9月4日)

※ eJudoメルマガ版9月4日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】初の男女混合戦は日本が圧勝、選手層の厚さで他国を寄せ付けず・男女混合国別団体戦即日レポート
eJudo Photo
初めて行われた男女混合団体戦で優勝を飾った日本チーム

ハンガリー・ブダペストで行われている世界柔道選手権は3日に最終日を迎え、初めて行われた男女混合の団体戦(6人制)で日本が金メダルを獲得した。

日本は男女ともに厚い選手層と個々のレベルの高さで他国を圧倒。組み合わせ上最重要マッチと目された準決勝で韓国が選手を一段落としたこともあって危ない場面ないまま順当に決勝に進み、決勝のブラジル戦は苦戦が予想された女子57kg級、女子78kg超級、男子100kg超級の3ポジションも含めて全勝。6-0の圧勝で大会を締めた。

3位にはフランスと韓国が入賞。男女、そして軽量級から重量級まで広く選手を強化している強国が上位に入り、レギュレーションの性格がそのまま順位に反映されることとなった。

毎大会団体戦の強さで周囲を驚かすドイツはメダル候補のモンゴルを倒すなど今大会も存在感を発揮したが、力尽きて7位。選手層の厚さから上位進出が期待されたモンゴルは2回戦のドイツ戦で、73kg級のガンバータル・オドバヤルがイゴール・ヴァンドケに小内刈「技有」で、100kg超級のホープであるウルジバヤル・デューレンバヤルが100kg級のディミトリ・ピータースに大外刈「技有」で敗れるなど得点ポジションをことごく食われて2-4で敗れた。

カナダは5位入賞と躍進。飛び抜けた選手はいないが男女をともに強化、いずれもが安定感ある選手を揃えるという特徴を生かしてしぶとく勝ち抜き、敗者復活戦では対照的に男子が強いが女子の強化に立ち遅れているジョージアを3-3の内容差で下している。

入賞者リストと準々決勝までの結果、敗者復活戦以降全試合と日本チーム全試合の詳細は下記。

■ 男女混合国別団体戦
eJudo Photo
団体戦表彰式。七日間にわたる大会がこれで幕を閉じた。

(エントリー21ヶ国)

【入賞者】
1.JAPAN (JPN)
2.BRAZIL (BRA)
3.FRANCE (FRA)
3.KOREA (KOR)
5.RUSSIA (RUS)
5.CANADA (CAN)
7.GERMANY (GER)
7.GEORGIA (GEO)


【1回戦】
ウクライナ 5-1 アルジェリア
ハンガリー 6-0 カザフスタン
韓国 6-0 トルコ
ロシア 4-2 キューバ
ポーランド 4-2 中国


【2回戦】
日本 5-1 ウクライナ
ドイツ 4-2 モンゴル
フランス 4-2 ハンガリー
韓国 4-2 イギリス
ロシア 4-2 オランダ
ジョージア ③-3 クロアチア
ブラジル 5-1 ポーランド
カナダ 4-2 ルーマニア

eJudo Photo
準々決勝、ブラジルのラフェエラ・シウバがカナダのカヨル・レイズに勝利。レイズは今大会最重量級の強豪と立て続けにマッチアップし、苦戦続きだった。

【準々決勝】

日本 5-1 ドイツ
韓国 4-2 フランス
ロシア 5-1 ジョージア
ブラジル 4-2 カナダ

【敗者復活戦】

フランス 4-2 ドイツ
[57kg級]プリシラ・ネト(フランス)△優勢[技有・小内刈]○アメリー・ストル(ドイツ)
[73kg級]ベンジャマン・アクスス(フランス)△裸絞(2:48)○イゴール・ヴァンドケ(ドイツ)
[70kg級]クラリス・アグベニュー(フランス)○優勢[技有・大外刈]△リザ・ドリンガー(ドイツ)
[90kg級]アクセル・クルジェ(フランス)○GS優勢[技有・巴投](GS1:04)△マルク・オーデンタール(ドイツ)
[70kg超級]ロマーヌ・ディッコ(フランス)○裏固(1:32)△ヤスミン・クルブス(ドイツ)
[90kg超級]シリル・マレ(フランス)○反則[指導3](3:26)△ディミトリ・ピータース(ドイツ)

カナダ ③-3 ジョージア
[57kg級]キャサリン・ブーシェミン=ピナード(カナダ)○裏固(1:25)△マリアム・ジャナシヴィリ(ジョージア)
[73kg級]アーサー・マルゲリドン(カナダ)○優勢[技有・小内刈]△ラシャ・ギウナシヴィリ(ジョージア)
[70kg級]ケリタ・ズパンシック(カナダ)△横掛(GS0:22)○ニノ・オドゼラシヴィリ(ジョージア)
[90kg級]ザッカリー・バート(カナダ)△優勢[技有・横落]○アブタンディル・チリキシヴィリ(ジョージア)
[70kg超級]アナ=ローラ・ポルトランド=イサシ(カナダ)○優勢[技有・袖釣込腰]△エレーネ・ケバドゼ(ジョージア)
[90kg超級]カヨル・レイズ(カナダ)△GS優勢[技有・浮技]○アダム・オクルアシヴィリ(ジョージア)

【準決勝】
日本 5-1 韓国
[57kg級]芳田司○優勢[技有・小内刈]△ジ・ユンセオ(韓国)
[73kg級]橋本壮市○抱分(GS1:25)△アン・チャンリン(韓国)
[70kg級]新井千鶴△優勢[技有・送足払]○ジョン・ハイジン(韓国)
[90kg級]長澤憲大○優勢[技有・内股]△イ・ジェヨン(韓国)
[70kg超級]朝比奈沙羅○優勢[技有・小外刈]△キム・ミンジョン(韓国)
[90kg超級]王子谷剛志○支釣込足(0:10)△ウォン・ジョンフン(韓国)

ブラジル 5-1 ロシア
[57kg級]ラファエラ・シウバ(ブラジル)○優勢[技有・小内刈]△アナスタシア・コンキナ(ロシア)
[73kg級]エドゥアルド・バルボサ(ブラジル)○GS優勢[指導2](GS2:11)△ウアリ・クルジェフ(ロシア)
[70kg級]マリア・ポーテラ(ブラジル)○横四方固(GS)3:57△アレナ・プロコペンコ(ロシア)
[90kg級]ヴィクトール・ペナウベル(ブラジル)△内股(0:23)○ミハイル・イゴルニコフ(ロシア)
[70kg超級]マリアスエレン・アルセマン(ブラジル)○横四方固(2:57)△ナタリー・ソコロワ(ロシア)
[90kg超級]ラファエル・シウバ(ブラジル)○片手絞(2:46)△レナト・サイドフ(ロシア)

eJudo Photo
フランスは大抜擢を受けた70kg超級のロマーヌ・ディッコが今大会大活躍。3位決定戦でも勝利を決める払腰「一本」でチームに貢献した。

eJudo Photo
フランスチームはディッコを担いで大喜び

eJudo Photo
韓国は失点濃厚と思われた70kg級枠でジョン・ハイジンがケリタ・ズパンシックから裏投「一本」の殊勲

【3位決定戦】
フランス 5-1 ロシア
[57kg級]エレン・ルスヴォ(フランス)○腕挫十字固(3:28)△アナスタシア・コンキナ(ロシア)
[73kg級]ベンジャマン・アクスス(フランス)○袈裟固(1:34)△ゼリムハン・オズドエフ(ロシア)
[70kg級]マリー=イヴ・ガイ(フランス)○優勢[技有・小外掛]△ヴァレンティナ・マルトセワ(ロシア)
[90kg級]アクセル・クルジェ(フランス)△優勢[技有・大内刈]○ミハイル・イゴルニコフ(ロシア)
[70kg超級]ロマーヌ・ディッコ(フランス)○払腰(1:01)△アンナ・グシュチナ(ロシア)
[90kg超級]シリル・マレ(フランス)○縦四方固(GS1:50)△アンドレイ・ヴォルコフ(ロシア)

韓国 5-1 カナダ
[57kg級]クォン・ユジョン(韓国)△GS優勢[技有・袖釣込腰]○ジェシカ・クリムカイト(カナダ)
[73kg級]アン・チャンリン(韓国)○反則[指導3](3:28)△アントワーヌ・ブシャー(カナダ)
[70kg級]ジョン・ハイジン(韓国)○裏投(1:20)△ケリタ・ズパンシック(カナダ)
[90kg級]ガク・ドンハン(韓国)○優勢[技有・大内刈]△ザッカリー・バート(カナダ)
[70kg超級]キム・ミンジョン(韓国)○優勢[技有・袖釣込腰]△アナ=ローラ・ポルトランド=イサシ(カナダ)
[90kg超級]キム・スンミン(韓国)○優勢[技有・大外巻込]△カヨル・レイズ(カナダ)

eJudo Photo
芳田司がリオ五輪王者ラファエラ・シウバと対峙

[決勝]
日本 6-0 ブラジル
[57kg級]芳田司○横四方固(GS2:41)△ラファエラ・シウバ(ブラジル)
[73kg級]橋本壮市○優勢[技有・袖釣込腰]△マルセロ・コンティーニ(ブラジル)
[70kg級]新井千鶴○GS指導2(GS1:46)△マリア・ポーテラ(ブラジル)
[90kg級]長澤憲大○反則[指導3](3:06)△ヴィクトール・ペナウベル(ブラジル)
[70kg超級]朝比奈沙羅○横四方固(3:48)△マリアスエレン・アルセマン(ブラジル)
[90kg超級]王子谷剛志○GS優勢[技有・大外刈](GS2:34)△ラファエル・シウバ(ブラジル)

eJudo Photo

eJudo Photo

eJudo Photo
決勝、橋本壮市は独特の袖釣込腰でマルセロ・コンティーニから「技有」

eJudo Photo
朝比奈沙羅がマルアスエレン・アルセマンから決勝、支釣込足「技有」。個人戦で未対戦の強豪からしっかり勝利を挙げて充実の結末

【日本代表チーム勝ち上がり】

日本
成績:優勝


[2回戦]
日本 5-1 ウクライナ
[57kg級]宇髙菜絵○大外刈(1:20)△シュシャナ・ヘヴォンディアン(ウクライナ)
[73kg級]中矢力○巴投△ドミトロ・カニヴェツ(ウクライナ)
[70kg級]新添左季○袈裟固(1:57)△イリーナ・フライシェフスカ(ウクライナ)
[90kg級]長澤憲大△反則[指導3](3:51)○クエジョ・ナーヴァリ(ウクライナ)
[70kg超級]素根輝○横四方固(2:27)△アナスタシア・サプサイ(ウクライナ)
[90kg超級]王子谷剛志○優勢[技有・袖釣込腰]△オレクサンドル・ゴルディエンコ(ウクライナ)

[準々決勝]
日本 5-1 ドイツ
[57kg級]芳田司○腕挫十字固(0:59)△ニーケ・ノルドメイヤー(ドイツ)
[73kg級]中矢力△GS優勢[技有・膝車]○セバスチャン・ザイドル(ドイツ)
[70kg級]新添左季○優勢[技有・大外巻込]△サンドラ・ディードリッヒ(ドイツ)
[90kg級]長澤憲大○優勢[技有・小外刈]△マルク・オーデンタール(ドイツ)
[70kg超級]朝比奈沙羅○袈裟固(1:40)△ヤスミン・クルブス(ドイツ)
[90kg超級]原沢久喜○反則[指導3](3:51)△スヴェン・ハインル(ドイツ)

[準決勝]
日本 5-1 韓国
[57kg級]芳田司○優勢[技有・小内刈]△ジ・ユンセオ(韓国)
[73kg級]橋本壮市○抱分(GS1:25)△アン・チャンリン(韓国)
[70kg級]新井千鶴△優勢[技有・送足払]○ジョン・ハイジン(韓国)
[90kg級]長澤憲大○優勢[技有・内股]△イ・ジェヨン(韓国)
[70kg超級]朝比奈沙羅○優勢[技有・小外刈]△キム・ミンジョン(韓国)
[90kg超級]王子谷剛志○支釣込足(0:10)△ウォン・ジョンフン(韓国)

[決勝]
日本 6-0 ブラジル
[57kg級]芳田司○横四方固(GS2:41)△ラファエラ・シウバ(ブラジル)
[73kg級]橋本壮市○優勢[技有・袖釣込腰]△マルセロ・コンティーニ(ブラジル)
[70kg級]新井千鶴○GS指導2(GS1:46)△マリア・ポーテラ(ブラジル)
[90kg級]長澤憲大○反則[指導3](3:06)△ヴィクトール・ペナウベル(ブラジル)
[70kg超級]朝比奈沙羅○横四方固(3:48)△マリアスエレン・アルセマン(ブラジル)
[90kg超級]王子谷剛志○GS優勢[技有・大外刈](GS2:34)△ラファエル・シウバ(ブラジル)

文責:古田英毅/林さとる

※写真は権利者の許諾を得て掲載しています

→世界選手権特集ページに戻る

※ eJudoメルマガ版9月4日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.