PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】リネール新境地見せて最重量級8連覇、期待の日本勢2人はともに予選ラウンド敗退に終わる・男子100kg超級即日レポート

(2017年9月3日)

※ eJudoメルマガ版9月3日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】リネール新境地見せて最重量級8連覇、期待の日本勢2人はともに予選ラウンド敗退に終わる・男子100kg超級即日レポート
eJudo Photo
リネールがGS延長戦の末に膝車「一本」で勝利

→世界選手権特集ページに戻る

ハンガリー・ブダペストで行われている世界柔道選手権は1日、日程第6日の男子100kg級と100kg超級、女子78kg超級の競技が行われ、100kg超級は大本命のテディ・リネール(フランス)が優勝した。リネールは世界選手権100kg級をこれで8連覇。五輪100kg超級を加えると10回目、世界選手権無差別を加えると11回目の世界の頂点となった。

リネールはリオデジャネイロ五輪決勝での「指導」狙いの戦いぶりを批判され、そしてこの決勝の低調な内容は今年1月から試行されている「相手の反則だけでは勝てない」ルール改正への直接的な引き金となったことで知られている。そのある意味「リネール封じ」とも言える新ルール下でどのような試合を見せるのかが、注目されていた。

五輪以来1年ぶりに試合の畳に姿を見せたリネールは決してベストコンディションには見えなかったが、今大会は圧力を嫌った相手を足技で仕留める新境地を披露。相性上最強の刺客と目されていた準決勝のグラム・ツツシビリ(ジョージア)戦こそ大苦戦の末にこれまで通り捨身技に頼ってしまうという悪癖を見せたものの、初戦から膝車と支釣込足で素晴らしい投げを連発。決勝もダビド・モウラ(ブラジル)をこの膝車による「一本」で下して優勝を決めてみせた。止まらぬ進化に窮地に退かない精神力、ルール変更にしっかり手立てを持って臨む逞しさと、トップランナーとしての格を見せつけた大会だった。

リネールに限らず、激戦かつ人材豊かなこの階級の様相を示すがごとく、強豪たちはそれぞれ成長した姿を披露。旧ルールでは完全な「指導」奪取特化の戦術派だったラファエル・シウバ(ブラジル)は本格派の内股でこのレベルでも「一本」を連発、巴投と固技の選手だったモウラも同じく内股「一本」を連発するなど、投げねば勝てぬ新ルールの中で生き残るための、各選手の上積み志向がはっきり見えたトーナメントだった。

期待の日本勢2人はともに予選ラウンド敗退で入賞に絡めず。

全日本選手権の覇者・王子谷剛志は初戦のムフシン・ヒソミディノフ(ウズベキスタン)戦、続くダニエル・アレストファレル(オーストリア)戦と立て続けに苦手のケンカ四つと対戦。圧が掛かり切らない状況に苦しみ、アレストファレル戦では内股「技有」をリードしたものの、終盤に支釣込足と内股を立て続けに返されてしまい、「技有」2つで逆転負けを喫した。

リオ五輪銀メダリストの原沢久喜(日本中央競馬会)は無名のステファン・ハイギ(オーストリア)を相手に狙い過ぎかなかなか技が出ず、延長戦になるとケンカ四つの相手の手数志向の技をほとんど静観。大枠組み勝ったまま、目先の対応はするが一切の攻撃に出れない異様な様には思わず「イップス」という言葉が脳裏をよぎるほど。金縛り状態のまま決勝点となる「指導」を失って、初の世界選手権を1試合のみで終えた。

3位にはシウバと、今大会から階級を上げて参戦した大ベテランのナイダン・ツブシンバヤル(モンゴル)が入賞。ナイダンは準々決勝でモウラの内股「技有」に沈んだが、3位決定戦の曲者対決では味のある柔道でこの日の主役の一であるツツシビリを翻弄。「技有」2つを奪って最後は横四方固「一本」という圧勝で見事銅メダルを獲得した。

入賞者リスト、準々決勝以降のスコア、3位決定戦以降と日本代表選手全試合の戦評、テディ・リネールの全試合戦評は下記。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月3日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.