PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】初出場ウルフアロンがみごと優勝、連覇狙った羽賀龍之介は2回戦敗退・男子100kg級即日レポート

(2017年9月3日)

※ eJudoメルマガ版9月3日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】初出場ウルフアロンがみごと優勝、連覇狙った羽賀龍之介は2回戦敗退・男子100kg級即日レポート
eJudo Photo
決勝、ウルフアロンがヴァーラム・リパルテリアニから大内刈「技有」

eJudo Photo

ハンガリー・ブダペストで行われている世界柔道選手権は1日、日程第6日の男子100kg級と100kg超級、女子78kg超級の競技が行われ、100kg級は初出場の日本代表・ウルフアロン(東海大4年)が優勝した。

ウルフは全6試合でGS延長戦が4つと形的には競り合い続きだったが、抜群のスタミナとパワーを軸に危ない場面はほぼなし、圧倒的と言って良い勝ち上がり。準々決勝ではリオデジャネイロ五輪銀メダリストのエルマー・ガシモフ(アゼルバイジャン)を大内刈「技有」に沈め、決勝では90kg級リオ五輪銀メダリストのヴァーラム・リパルテリアニ(ジョージア)を本戦4分で消耗させ、GS延長戦が始まるなり得意の大内刈で「技有」奪取。みごと優勝を決めた。

一貫して冷静、普通に戦えば優勝出来ると言わんばかりの落ち着いた柔道。初出場とは思えない、風格溢れる戦いぶりを見せての戴冠だった。

2015年アスタナ大会に続く連覇を狙った羽賀龍之介(旭化成)は2回戦敗退。ロシアの2枠目選手カズベク・ザンキシエフ(ロシア)を相手に「指導2」をリードしたが詰めを誤り、変則の右袖釣込腰で「技有」、さらに「一本」と立て続けに失って早々にトーナメント脱落となった。

3位にはガシモフとキリル・デニソフ(ロシア)の強豪2名が入賞。もともと非常に人材の豊富なこの階級だが、超大物の中から羽賀と、第2シード扱いのシリル・マレ(フランス、2回戦でリパルテリアニに隅返「技有」で敗退)、ディミトリ・ピータース(ドイツ、3回戦でウクライナのアントン・サヴァエツキに小内刈「技有」で敗退)の3名が予選ラウンドで姿を消したが、それでも表彰台に上がったのは既に十分実績を残している強豪のみ。ダークホースの割り込みようがない、厳しいトーナメントだった。

もっともトーナメントを荒らす可能性が高いと思われた業師ホルヘ・フォンセカ(ポルトガル)は2つの一本勝ちで持ち味発揮も、3回戦でガシモフに浮落「技有」で敗退。カヨル・レイズ(カナダ)は2回戦でエルカン・ママドフ(アゼバイジャン)にGS延長戦の末に横落「技有」で敗れた。

入賞者リスト、ウルフのコメントと準々決勝以降のスコア、3位決定戦以降および日本代表選手全試合の戦評は下記。

■ 100kg級
eJudo Photo
100kg級メダリスト。左からリパルテリアニ、ウルフ、ガシモフ、デニソフ。

(エントリー55名)

【入賞者】
1. WOLF, Aaron(JPN)
2. LIPARTELIANI, Varlam(GEO)
3. GASIMOV, Elmar(AZE)
3. DENISOV, Kirill(RUS)
5. MAMMADOV, Elkhan(AZE)
5. KORREL, Michael(NED)
7. NIKIFOROV, Toma(BEL)
7. ZANKISHIEV, Kazbek(RUS)

ウルフアロン選手のコメント
「目標としていた大会で優勝出来て、素直にうれしいという気持ちです。決勝はベイカー(茉秋)先輩が去年オリンピックの決勝で戦った選手、レベルの高い相手だと意識はしていました。もともとスタミナには自信があるので、延長になれば自分の組み手になると考えて、GS延長戦には持てるすべてを出しました。100kg級は日本の花形階級、羽賀先輩に続けて自分も獲れて、盛り上がっていくと思います」

【準々決勝】
マイケル・コレル(オランダ)○優勢[技有・小内刈]△マキシム・ラコフ(カザフスタン)
ウルフアロン(日本)○優勢[技有・大内刈]△エルマー・ガシモフ(アゼルバイジャン)
ヴァーラム・リパルテリアニ(ジョージア)○優勢[技有・隅落]()△キリル・デニソフ(ロシア)
エルカン・ママドフ(アゼルバイジャン)○横四方固(3:44)△アンディー・グランダ(キューバ)

【敗者復活戦】
エルマー・ガシモフ(アゼルバイジャン)○優勢[技有・横落]△マキシム・ラコフ(カザフスタン)
キリル・デニソフ(ロシア)○小外刈(2:13)△アンディー・グランダ(キューバ)

【準決勝】
ウルフアロン(日本)○GS優勢[技有・大内刈](GS1:18)△マイケル・コレル(オランダ)
ヴァーラム・リパルテリアニ(ジョージア)○反則[指導3](GS1:19)△エルカン・ママドフ
(アゼルバイジャン)

eJudo Photo
3位決定戦、キリル・デニソフがマイケル・コレルから支釣込足「技有」

【3位決定戦】
エルマー・ガシモフ(アゼルバイジャン)○GS技有・背負投(GS1:26)△エルハン・ママドフ(アゼルバイジャン)
右相四つ。ガシモフは左構えで試合をスタート。ケンカ四つの形に構えて片手の左内股、組み際の右大外巻込と変則技を連発して展開を握りにかかる。一方のママドフも組み際の横落を連発。両者技は仕掛け続けているもののポイントの予感がないまま試合が進行する。結局3分31秒に袖を絞った咎でママドフに「指導」が与えられたのみで、攻撃ポイントが生まれないまま試合はGS延長戦へと突入。GS1分26秒、ガシモフがママドフの釣り手を巻き込んだ左の「韓国背負い」に飛び込み、いったん自ら潰れるともろとも崩れたママドフの体を強引に押し込んで「技有」を奪取。アゼルバイジャン対決は後輩ガシモフの勝利に終わった。

キリル・デニソフ(ロシア)○横四方固(1:25)△マイケル・コレル(オランダ)
デニソフが左、コレルが右組みのケンカ四つ。デニソフ奥襟を掴んで自身の右方向へスライド。コレルに移動を強いるとタイミング良く左大内刈を叩き入れる。危うくこれを回避したコレルは続く展開で左を踏み込んで支釣込足に打って出るがデニソフは揺るがず、左足を相手の股中に落として踏ん張ると時計回りに捩じり返し、浮落「技有」獲得。そのまま袈裟固に抑え込むがコレル逃れて「待て」。この時点での経過時間は僅か34秒、非常に動きの激しい試合。1分8秒、再びデニソフがスライドを開始、自身の右へ誘導を試みるとコレル抗して重心を左に残す。瞬間、待ってましたとばかりにデニソフが左へ支釣込足。教科書通りの理合を満たした一撃にコレルは一瞬で宙に舞い、デニソフは眼前に現れたコレルの脇を横抱きにして回旋をフォロー。業師デニソフの面目躍如とでもいうべき素晴らしい一撃は「技有」。このまま横四方固に抑え込んで試合は終了となった。

【決勝】
ウルフアロン(日本)○GS優勢[技有・大内刈](GS0:25)△ヴァーラム・リパルテリアニ(ジョージア)
ウルフが左、リパルテリアニが右組みのケンカ四つ。度々稽古で手合わせをしているという両者、慎重な引き手争いが続く。50秒にウルフが横落を見せたものの予期したリパルテリアニがしっかりかわし、非常に静かな序盤戦。1分5秒、リパルテリアニが釣り手で後帯を掴むことに成功、そのまま右大腰の形でウルフを引きずりに掛かる。投げるというよりは優位確保の手立て、ウルフ過剰反応しては事を誤ると敢えて引きずられるに任せて後に脱重。ウルフが膝を畳に付いてこの攻防は終わり、主審はウルフに偽装攻撃の「指導」を宣告。
以後ウルフは左大内刈、リパルテリアニは右内股に横落と攻め合うが、ともに効なく、様相は互いの手立てを良く知るもの同士による我慢比べ。リパルテリアニは得意の時間差で決める払巻込、どころか払巻込自体をまったく繰り出さずに静かにチャンスを伺い、ウルフも間を詰め過ぎず、どうやら後半勝負を考えてひたすら相手のスタミナを削る策。
残り時間1分が近づくあたりから試合は加速。ウルフが横落に大内刈と技を繋ぐと、リパルテリアニは右内股から大内刈と繋いで対抗。3分20秒にウルフが釣り手で深く背中を持つとリパルテリアニは右内股、そしてついにここから得意の払巻込に繋ぐ。先に自身の体が落ち、後からインパクトが襲来する独特の「ズレ」が売りの必殺技。耐えたはずの相手が遅れて吹っ飛ぶおなじみの画が想起されたが、心得たウルフ一瞬早く自ら飛び、膝から畳に落ちて回避。
残り10秒、消極的との咎でやや厳しい「指導」がウルフに宣告されて本戦は終了。試合はGS延長戦へ。
延長に入ると、作戦通りとばかりにウルフがラッシュしていきなりの左内股。しかし跳ね上がったリパルテリアニはウルフのインパクト襲来のタイミングを熟知、引き手を切り、手を畳に着いて危うく回避する。
直後、ウルフが左体落、ついで振り向きながらの左大内刈に繋ぐ。上体を強く捩じり、逆側にさらに強く振り戻すウルフ得意の組み立てが良く効き、押し込まれながら重心を左に固定されたリパルテリアニは一瞬まさしく棒立ち。腕を狭く、腰を引いたままの剛体で背中から畳に落下し「技有」。ウルフは初めての世界選手権を圧勝で制した。

eJudo Photo
1回戦、羽賀龍之介がラミン・サファイエフから内股「一本」

eJudo Photo
2回戦、勝利目前と思われた羽賀が袖釣込腰「技有」失陥、一気に流れが変わってしまった。

【日本代表選手勝ち上がり】

羽賀龍之介(旭化成)
成績:2回戦敗退


[1回戦]
羽賀龍之介(日本)○内股(2:47)△ラミン・サファイエフ(イラン)
左相四つ。サファイエフが長身を利して奥襟を叩き、羽賀の頭を下げさせる。37秒羽賀に首抜きの咎で「指導」。サファイエフのパワーを見極めた羽賀、幾度か威力偵察を繰り出したのち、1分13秒に左大内刈。左内股に連絡して文句なしの「一本」。

[2回戦]
羽賀龍之介(日本)△袖釣込腰(3:54)〇カズベク・ザンキシエフ(ロシア)
羽賀が左、ザンキシエフ右組みのケンカ四つ。手先を交互に繰り出しての組み手争い、さらに引き手争いと組み合う前段の攻防が長く続き、1分2秒ザンキシエフのみに消極的との咎で「指導」。羽賀は以後も慎重だが攻防の中で細かく相手の先を行き続け、2分0秒にはザンキシエフに2つ目の「指導」。
羽賀はここから、3つ目の「指導」奪取を意識しつつ技を積む。2分28秒には良いタイミングの左内股、さらに袖を押し込んで相手を場外に出してとペース緩やかながらもほぼ危なげない試合進行。
しかし残り32秒で運命暗転。ザンキシエフの右袖釣込腰を余裕をもって釣り手側に移動、返しを狙いながら捌いたかに思われたが、ザンキシエフはそのまま左に向かって体を折り、吹っ飛んだ羽賀は腹這いに近い形で着地。一度はスルーされたものの、しばし経ってからこれに「技有」が宣告される。
残り時間はほとんどなく羽賀は突進。残り6秒、ザンキシエフが右袖釣込腰。羽賀再び左に返そうと試みるが、ザンキシエフ確信を持って左への投げに変換。体を「く」の字に折り曲げて自ら一回転すると羽賀たまらず吹っ飛び「一本」。

ウルフアロン(東海大4年)
成績:優勝


[1回戦]
ウルフアロン(日本)〇内股(2:13)△マフモド・アルムシディーン(ヨルダン)
ウルフが左、アルムシディーンが右組みのケンカ四つ。引き手争いが続き、39秒アルムシディーンに片手の咎で「指導」、1分39秒には足を使って組み手を切り離した咎で「指導2」が与えられる。直後アルムシディーンは遠間から大外刈を引っ掛けるがウルフは呆れるほどまったく崩れず、相手が勝手にバランスを失ったことを見極めてから大外返。これは勢い良く回し過ぎてしまい「待て」となったが力の差は明らか。2分20秒、左大外刈モーションの牽制を入れて相手の動きを止めると左内股。「一本」。

[2回戦]
ウルフアロン(日本)○GS優勢[技有・内股](GS0:13)△ミクロス・サーイエニッチ(ハンガリー)
左相四つ。サーイエニッチ両袖を起点に奥襟を掴み、隅返で先制攻撃。続く34秒の組み際に釣り手を背中に入れながら右釣込腰、組み付くところから体を捨てるところまで一呼吸で行ったこの技にウルフ以外にも転がり「技有」失陥。
しかしウルフは慌てず、大外刈で下げ、膝車でいなし、体を寄せて左内股と粛々技を積む。2分49秒、前技フェイントの左小外刈で抜きあげると、崩れた相手を押し込んで「技有」奪回。GS延長戦15秒、左大内刈から内股に連絡、しっかり投げ切って「一本」

[3回戦]
ウルフアロン(日本)○反則[指導3](GS0:51)△マーティン・パチェック(スウェーデン)
ウルフが左、パチェックが右組みのケンカ四つ。ウルフが長身のパチェックに対して下から釣り手を入れ、捩じるようにいなすと崩れたパチェック得意の巴投に逃げて「待て」、
以降は引き手争いとなり、ウルフが持つとパチェックが内股と巴投を浅く仕掛けて切ることが続く。片手状態が長くなったウルフはひとまず横落で楔を入れ、1分33秒パチェックに「指導」。ウルフは地力に自信があるのか焦らずじっくり勝負。なぜか2分31秒にはウルフにも「指導」が与えられるが直後パチェックにも消極的との咎で「指導2」。以後もウルフは冷静、片手で前進しながら崩し続け、パチェックに悪い形での掛け潰れを強い続ける。延長戦になるとウルフの前進圧力とこれに抗せず掛け潰れるパチェックというこの構図が加速、消耗したパチェックがなかなか立てない画が頻発する。ウルフ延長30秒過ぎからややペースアップ、内股を2連発するとパチェック潰れ、立てず。主審が3つ目の「指導」を宣して決着。

[準々決勝]
ウルフアロン(日本)○優勢[技有・大内刈]△エルマー・ガシモフ(アゼルバイジャン)
大一番はウルフが左、ガシモフが右組みのケンカ四つ。38秒、ガシモフの右小外掛にウルフが鋭く反応、左大内刈で叩き落すポイント級の攻撃を見せるが主審は採らず。直後ウルフが引き手で袖を掴むとガシモフは引き手で裾を持っての横落で対抗、しかしウルフはまったく崩れず、良いタイミングでフェイントの左小外刈を見せ主導権を譲らない。双方ペースを上げ過ぎず走り出すチャンスを伺うという体の、拮抗の展開が続く。
中盤ガシモフが小外刈と小外掛で山場を作りに掛かり、ウルフがこれをいなし続けた2分0秒しかし消極的との咎でウルフに「指導」
試合時間1分半を過ぎたあたりから、ウルフが上体を先にグイと捩じり落とすような左内股、さらに左大内刈と続けてペースアップ。そして3分8秒に、左大内刈を2連発。1度目を浅く、2度目を大きく踏み込んで勝負に出るとガシモフ畳に墜落「技有」。ここまでウルフの圧を受け続けて消耗しているガシモフは以後勝負に出ることが出来ず、このままウルフの勝利が決まった。

[準決勝]
ウルフアロン(日本)○GS優勢[技有・大内刈](GS1:18)△マイケル・コレル(オランダ)
ウルフが左、コレルが右組みのケンカ四つ。コレルは自身の釣り手でウルフの釣り手を絞っる防御志向、ウルフが釣り手で十分な位置を持つことができない時間帯が続く。しかし、時間の経過とともにウルフが釣り手で高い位置を得ての攻防が増え始め、ウルフは横落で相手を畳に這わせ、さらに左大内刈で相手を場外まで押し出してと一方的に攻め続ける。3分27秒、コレルに消極的の咎で「指導」。本戦ではこれ以上の差はつかず、ウルフの「指導1」リードで試合はGS延長戦へ。GS1分過ぎ、ウルフが引き手で袖、釣り手で襟の高い位置を得る万全の形が完成。これを打開しようとしたコレルが釣り手を巻き替えると、ウルフは空いた相手の懐に一気に侵入して切れ味鋭い左大内刈。コレルは身を捩って腹這いで逃れようとするが、ウルフは引き手の牽引を効かせてこれを許さず、体を開くように浴びせ倒して1分18秒、「技有」。ウルフ、みごと初出場にして世界選手権決勝の舞台へと駒を進めた。

[決勝]
ウルフアロン(日本)○GS優勢[技有・大内刈](GS0:25)△()ヴァーラム・リパルテリアニ(ジョージア)

文責:古田英毅/林さとる

※写真は権利者の許諾を得て掲載しています

→世界選手権特集ページに戻る

※ eJudoメルマガ版9月3日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.