PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】初出場ウルフアロンがみごと優勝、連覇狙った羽賀龍之介は2回戦敗退・男子100kg級即日レポート

(2017年9月3日)

※ eJudoメルマガ版9月3日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】初出場ウルフアロンがみごと優勝、連覇狙った羽賀龍之介は2回戦敗退・男子100kg級即日レポート
eJudo Photo

→世界選手権特集ページに戻る


ハンガリー・ブダペストで行われている世界柔道選手権は1日、日程第6日の男子100kg級と100kg超級、女子78kg超級の競技が行われ、100kg級は初出場の日本代表・ウルフアロン(東海大4年)が優勝した。

ウルフは全6試合でGS延長戦が4つと形的には競り合い続きだったが、抜群のスタミナとパワーを軸に危ない場面はほぼなし、圧倒的と言って良い勝ち上がり。準々決勝ではリオデジャネイロ五輪銀メダリストのエルマー・ガシモフ(アゼルバイジャン)を大内刈「技有」に沈め、決勝では90kg級リオ五輪銀メダリストのヴァーラム・リパルテリアニ(ジョージア)を本戦4分で消耗させ、GS延長戦が始まるなり得意の大内刈で「技有」奪取。みごと優勝を決めた。

一貫して冷静、普通に戦えば優勝出来ると言わんばかりの落ち着いた柔道。初出場とは思えない、風格溢れる戦いぶりを見せての戴冠だった。

2015年アスタナ大会に続く連覇を狙った羽賀龍之介(旭化成)は2回戦敗退。ロシアの2枠目選手カズベク・ザンキシエフ(ロシア)を相手に「指導2」をリードしたが詰めを誤り、変則の右袖釣込腰で「技有」、さらに「一本」と立て続けに失って早々にトーナメント脱落となった。

3位にはガシモフとキリル・デニソフ(ロシア)の強豪2名が入賞。もともと非常に人材の豊富なこの階級だが、超大物の中から羽賀と、第2シード扱いのシリル・マレ(フランス、2回戦でリパルテリアニに隅返「技有」で敗退)、ディミトリ・ピータース(ドイツ、3回戦でウクライナのアントン・サヴァエツキに小内刈「技有」で敗退)の3名が予選ラウンドで姿を消したが、それでも表彰台に上がったのは既に十分実績を残している強豪のみ。ダークホースの割り込みようがない、厳しいトーナメントだった。

もっともトーナメントを荒らす可能性が高いと思われた業師ホルヘ・フォンセカ(ポルトガル)は2つの一本勝ちで持ち味発揮も、3回戦でガシモフに浮落「技有」で敗退。カヨル・レイズ(カナダ)は2回戦でエルカン・ママドフ(アゼバイジャン)にGS延長戦の末に横落「技有」で敗れた。

入賞者リスト、ウルフのコメントと準々決勝以降のスコア、3位決定戦以降および日本代表選手全試合の戦評は下記。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月3日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.