PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】ユーソンが大会2連覇達成、初出場の朝比奈沙羅は唯一の勝負どころ落とすも2位入賞・女子78kg超級即日レポート

(2017年9月3日)

※ eJudoメルマガ版9月3日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】ユーソンが大会2連覇達成、初出場の朝比奈沙羅は唯一の勝負どころ落とすも2位入賞・女子78kg超級即日レポート
eJudo Photo
決勝、ユーソンは得意の外巻込を連発する

→世界選手権特集ページに戻る

ハンガリー・ブダペストで行われている世界柔道選手権は1日、日程第6日の男子100kg級と100kg超級、女子78kg超級の競技が行われ、78kg超級は大本命と目されたユー・ソン(中国)が優勝、2015年アスタナ大会に続く世界選手権2連覇を達成した。日本代表の朝比奈沙羅(東海大3年)は決勝でユーに敗れたが、初出場で銀メダルを獲得した。

ユーはロンドン五輪の銅メダル獲得以降、ほとんど大会に出ておらず(昨年11月のグランプリ青島1大会のみ)今大会はノーシードからのスタート。初戦でメルセデス・シゲトヴァリ(ハンガリー)に「指導3」で勝利して以降は、マルアスエレン・アルセマン(ブラジル)、キム・ミンジョン(韓国)、イリーナ・キンザルスカ(アゼルバイジャン)とメダルクラスの強豪との連戦が組まれる非常に厳しい組み合わせだったが、事実上の決勝と目されたアルセマン戦を大外刈「一本」(1:07)で勝ち抜けると、キムとの準々決勝を「技有」を取り合った末の「指導3」(GS2:11)、準決勝のキンザルスカ戦を左一本背負投「技有」で勝ち抜けて決勝進出。

決勝ではユーと対照的にこれまで中堅クラスとの戦いのみで勝ち上がって来た朝比奈沙羅(東海大3年)と対戦。やや不運な「指導」ビハインドのまま本戦を終えたが。GS延長戦になると最大の得意技である右外巻込に攻撃を絞り込み、常に釣り手から持ってくる朝比奈の手順に付け込んで連続攻撃。「指導」2つを連取して優勝に辿り着いた。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月3日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.