PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】王子谷は準決勝、原沢は決勝でそれぞれリネールに挑戦、序盤戦の山場は王子谷対ツシシヴィリ・男子100kg超級直前展望

(2017年9月2日)

※ eJudoメルマガ版9月2日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】王子谷は準決勝、原沢は決勝でそれぞれリネールに挑戦、序盤戦の山場は王子谷対ツシシヴィリ・男子100kg超級直前展望
→ブタペスト世界柔道選手権2017組み合わせ(PDF)
→ブタペスト世界柔道選手権2017組み合わせ/live結果(webページ)

eJudo Photo
100kg超級のシード配置

エントリーは43名。有力選手のプロフィールや特徴については、先に示した概況×有力選手紹介を参照されたい。

ノーシードとなっていたテディ・リネール(フランス)はプールDに配された。日本代表の原沢久喜(日本中央競馬会)はプールA、王子谷剛志(旭化成)はプールCにシード選手として配置されており、順当に勝ち上がった場合は王子谷が準決勝で先にリネールに挑戦する。王子谷の準々決勝の相手には3月のグランドスラム・バクー大会で袖口グリップによって大ブレイクを果たした今年のヨーロッパチャンピオン、グラム・ツシシヴィリ(ジョージア)が配されており、この試合が予選ラウンドの大きな山場だ。

【プールA】
第1シード:ダヴィド・モウラ(ブラジル)
第8シード:原沢久喜(日本中央競馬会)
有力選手:ユーリ・クラコヴェツキ(キルギスタン)、ナイダン・ツヴシンバヤル(モンゴル)

【選手配置】
シード選手はダヴィド・モウラ(ブラジル)と原沢久喜(日本中央競馬会)。それぞれ純化粧の相手としてモウラにユーリ・クラコヴェツキ(キルギスタン)、原沢にナイダン・ツヴシンバヤル(モンゴル)が配された。

【勝ち上がり展望】
勝ち上がりの候補は原沢。これまで原沢はモウラに全勝しており、相性的にも怖い相手ではない。技にキレがあるクラコヴェツキや今回100kg級から階級を上げてきたナイダンには多少不気味さを感じるものの、原沢の勝利を揺らすほどのものではないと予想する。

【プールB】
第4シード:バルナ・ボール(ハンガリー)
第5シード:スタニスラフ・ボンダレンコ(ウクライナ)
有力選手:アダム・オクルアシヴィリ(ジョージア)

【選手配置】
本トーナメントで最も穏やかなプール。シード選手はバルナ・ボール(ハンガリー)とスタニスラフ・ボンダレンコ(ウクライナ)。ボンダレンコには3回戦の相手としてアダム・オクルアシヴィリ(ジョージア)が配置されている。

【勝ち上がり展望】
勝ち上がり候補は地元ハンガリーのボール。オクルアシウヴィリは近頃力を落としてきており、下側の山を勝ち上がってくるのは同じくパワー系のボンダレンコとなるはず。その場合には担ぎ技や左右の腰技を持つ器用なボールが勝ち上がるはずだ。

【プールC】
第2シード:グラム・ツシシヴィリ(ジョージア)
第7シード:王子谷剛志(旭化成)
有力選手:キム・スンミン(韓国)、ロイ・メイヤー(韓国)、アレックス・ガルシアメンドーサ(キューバ)、イアキフ・ハモー(ウクライナ)

【選手配置】
シード選手はグラム・ツシシヴィリ(ジョージア)と王子谷剛志(旭化成)。ツシシヴィリの上側の山にははキム・スンミン(韓国)、ロイ・メイヤー(韓国)、アレックス・ガルシアメンドーサ(キューバ)と複数の強豪が配された。一方王子谷がシードを務める下側の山はイアキフ・ハモー(ウクライナ)以外にさしたる強豪は配されておらず、両者の対戦する3回戦が唯一の山場。

【勝ち上がり展望】
準々決勝の組み合わせはツシシヴィリと王子谷と予想する。両者は今年のグランドスラム・パリ大会で対戦しており、その際は王子谷が勝利している。しかし、この時点ではツシシヴィリは現在の袖口スタイルを使用しておらず、ブレイク後の対戦は今回が初。地力の高さで王子谷の勝利とよそうしたい。

【プールD】
第3シード:ウルジバヤル・デューレンバヤル(モンゴル)
第6シード:ダニエル・ナテア(ルーマニア)
有力選手:テディ・リネール(フランス)、ウサンギ・コカウリ(アゼルバイジャン)、ラファエル・シウバ(ブラジル)、ファイセル・ヤバラー(チュニジア)

【選手配置】
シード選手はウルジバヤル・デューレンバヤル(モンゴル)とダニエル・ナテア(ルーマニア)。上側の山にはノーシード配置に絶対王者リネールが配された。ナテアがシードを務める下側の山はウサンギ・コカウリ(アゼルバイジャン)、ラファエル・シウバ(ブラジル)、ファイセル・ヤバラー(チュニジア)と強豪が大量に押し込められており、本トーナメンと屈指の激戦区となっている。

【勝ち上がり展望】
勝ち上がり候補はリネール以外になし。下側の山からはシウバが勝ち上がると予想する。過去の対戦を考えればリネールが負けることは考えられず、アクシデントの可能性もほとんどない。

文責:林さとる/eJudo編集部


→世界選手権特集ページに戻る

※ eJudoメルマガ版9月2日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.