PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】「リネールの柔道」に変化ありや、多士済々の挑戦者たちのリーダーは原沢久喜、注目株はツシシヴィリ・男子100kg超級概況×有力選手紹介

(2017年9月2日)

※ eJudoメルマガ版9月2日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】「リネールの柔道」に変化ありや、多士済々の挑戦者たちのリーダーは原沢久喜、注目株はツシシヴィリ・男子100kg超級概況×有力選手紹介
eJudo Photo
100kg超級実力推測マップ。中堅層の有力選手の多さにご注目頂きたい

→世界選手権特集ページに戻る

敢えて、絶対王者テディ・リネール(フランス)以外の状況から稿を起こしてみたい。
トップを走るリネールは別格として、以降これを追う選手の状況が現在非常に面白い。とかく「リネールとその他」という構図で語られがちなこの階級であるが、少々潮目が変わりつつある。

ロンドン―リオ期の前半に階級上位を占めたラファエル・シウバ(ブラジル)、アダム・オクルアシヴィリ(ジョージア)、ファイセル・ヤバラー(チュニジア)といった強豪たちの力が落ちてきたタイミングと、イアキフ・ハモー(ウクライナ)、ダニエル・ナテア(ルーマニア)といった若手選手の力が伸びてきた時期とがちょうど重なり、この現象が顕在化した2016年初頭からの100kg超級は若手にベテラン、実力派に戦術派とタイプの異なる、それも非常に多くの選手の実力が拮抗した少々異様な状況が続いている。右傾「実力推測マップ」に挙げたそれぞれのタイプの豊かさと、人数の多さをぜひご覧頂きたい(これでも、リオ五輪で比類なき存在感を放ち、以後姿を表していないオール・サッソンが含まれていない)。これぞという選手の「量」は相当なもの、そしていずれも個性豊かで、一癖ある面白い選手ばかりだ。

ロンドン五輪直前の100kg超級、たとえば北京五輪までアクティブだった強豪たちがゴッソリ抜けた2010年東京世界選手権あたりの「リネール以外」の役者の貧弱さとレベルの低さを考えれば、もはや隔世の感がある。「リネールだけが強い」という前提条件を与えられた生態環境下でそれぞれが適応放散する時間が経過した結果、非常に面白い生態系が出来上がったと言って良いのではないか。中堅層の厚さが極まり切って役者の個性と量が揃った結果、現在スーパーメジャー大会以外のツアーの上位陣の顔ぶれは「日替わり」。鉄板で好成績を残しているのは、もはやリネール(フランス)と日本勢くらいだ。

この中堅以下の史上稀にみる混戦状況と、そして言うまでもなく非常に長いタームで繰り広げられている「リネールの時代」。この2つのアスペクトを以て現在の最重量級の様相は規定されるべきだ。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月2日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.