PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】前日に続いて中量級は大混戦、新チャンピオンはセルビアの二番手マイドフ・男子90kg級即日レポート

(2017年9月2日)

※ eJudoメルマガ版9月2日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】前日に続いて中量級は大混戦、新チャンピオンはセルビアの二番手マイドフ・男子90kg級即日レポート
eJudo Photo
優勝決定のマイドフ、みずからも驚きの表情を隠せず。

→世界選手権特集ページに戻る

ハンガリー・ブダペストで行われている世界柔道選手権は31日、日程第5日の男子90kg級、女子70kg級と78kg級の競技が行われ、90kg級はネマニャ・マイドフ(セルビア)が優勝した。マイドフはワールドツアーの優勝がまだ1度もなく最高成績は3位。国内の序列でもアレクサンダー・クコルに続く二番手と認識されていて今大会はまったくの無印、驚きの戴冠となった。

大会は前日の81kg級に続き荒れ模様。前半戦の主役を担ったのはこれもダークホースのミハエル・ツガンク(スロベニア)だった。大会屈指の「死のブロック」であるプールBに配されたツガンク、2回戦でクレン=クリストファー・カルユライド(エストニア)を「指導3」で下すところまでは既定路線であったが、3回戦で優勝候補ヴェカ・グビニアシビリ(ジョージア)を「ブリッジ反則負け」で下すと(ツガンクが深く腕を握って仕掛けた巴投に顔から落下、不可抗力と言われても仕方のないところでグビニアシビリにはまことに不運だった)、一気に調子に乗り、続いてなんとフセン・ハルモルザエフ(ロシア)をGS延長戦の大外刈「技有」で下し、準決勝では世界王者ガク・ドンハン(韓国)をも左大内刈「技有」で下して驚きの決勝進出。

ツガングが暴れまくる一方、マイドフも大物2人を食ってその勝ち上がりはなかなかのもの。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月2日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.