PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】アルセマン、ユーら「ロンドン-リオ」組の強豪たちに、朝比奈沙羅ら今季勃興の新勢力が挑む・女子78kg超級概況×有力選手紹介

(2017年9月2日)

※ eJudoメルマガ版9月1日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】アルセマン、ユーら「ロンドン-リオ」組の強豪たちに、朝比奈沙羅ら今季勃興の新勢力が挑む・女子78kg超級概況×有力選手紹介
eJudo Photo
78kg超級実力推測マップ

→世界選手権特集ページに戻る

ロンドン―リオ期に世界選手権で2度優勝を果たしたイダリィス・オルティス(キューバ)は依然として長期の休養を続けているものの、それ以外の主要選手はみな何らかの形で畳へと復帰。本階級ではリオデジャネイロ五輪後に主要選手の引退や階級変更は行われておらず、基本的にはロンドンーリオ期の序列をそのまま引き継ぐ形で1年間が経過した。もともと上位選手は特定の大会にフォーカスして結果を残すタイプが多いため、そもそも普段の大会出場は少なめ。その点でも昨年までとそれほど各大会ごとの様相も実は変わってはいない。

とはいえ、何人かの選手が新たに中心選手として台頭してきており、ひとまずはそれらの選手を紹介しておきたい。

まず、メダルに絡む可能性が最も高いのが、朝比奈沙羅(東海大3年)。朝比奈は昨年12月のグランドスラム東京大会、今年2月のグランドスラム・パリ大会、そして5月のグランドスラム・エカテリンブルグ大会と大規模大会を3連勝中。本大会が初の世界大会となるため、ターゲットを定めて本気を出した海外の強豪とは戦ったことがないが、国内大会での強さを見る限り表彰台に絡む可能性は十分と評して良いだろう。

次に注目しておきたいのは、イリーナ・キンゼルスカ(アゼルバイジャン)。もともとはウクライナの2番手選手だったが、若手のエリザヴェータ・カラニナ(ウクライナ)の台頭によって3番手まで降格。しかし、そんななかで出場した今年2月のグランプリ・デュッセルドルフ大会で、この大会が復帰戦であった田知本愛(ALSOK)をGS延長戦の末に右小外刈「技有」で破って優勝を飾っている。田知本の勝ち上がりは決して悪いものではなく、この僅か2ヶ月後に行われた皇后盃での田知本の活躍を知る日本のファンであればなおさら、「田知本を投げて破る」ということの恐ろしさがわかるはずだ。キンゼルスカはその後出場機会を求めてアゼルバイジャンへと国籍変更を行っており、移籍選手が成績を向上させる業界全体傾向の傾向までを考えあわせれば、今大会の台風の目になる可能性は十分にあると考えるべきだろう。

この2人以外では現在世界ランク1位に座る今年のヨーロッパ選手権王者マリーナ・スルツカヤ(ベラルーシ)もこの1年間で大きく出世した選手であるが、現在のヨーロッパの女子最重量級はそれほどレベルが高くはなく、この大会で対戦した選手も全員が非一線級。試合内容を観察してみても、トップ層に通用する力はないと思われる。

というわけでまず注目の新興勢力と3名を紹介してみたわけだが、今大会の中心となるのは、あくまでロンドン―リオ期に階級の中心を成していた強豪たち。先にも軽く触れたが、このクラスタの選手は全員が照準を合わせた大会では異次元の強さを発揮し、大きな大会になればなるほど強さを増して臨んでくるという特徴がある。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月1日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.