PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】アギアールが一段違う力見せつけ2度目の優勝、健闘の梅木真美は銀メダル獲得・女子78kg級即日レポート

(2017年9月2日)

※ eJudoメルマガ版9月1日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】アギアールが一段違う力見せつけ2度目の優勝、健闘の梅木真美は銀メダル獲得・女子78kg級即日レポート
eJudo Photo
GS延長戦、アギアールの右小内刈が「技有」

→世界選手権特集ページに戻る

ハンガリー・ブダペストで行われている世界柔道選手権は31日、日程第5日の男子90kg級、女子70kg級と78kg級の競技が行われ、78kg級はマイラ・アギアール(ブラジル)が優勝した。

2014年チェリャビンスク世界選手権の金メダリストであるアギアールは、リオデジャネイロ五輪(3位)以後は長期休養、6月に試合の畳に復帰したばかり。その出来測りがたいところがあったが、初戦から強敵相手に得意の足技で一本勝ちを連発。クララ・アポテイカー(スロベニア)を大内刈「一本」、ベルナデッテ・グラフ(オーストリア)を支釣込足「一本」、さらに事実上の決勝と目された準々決勝もオドレイ・チュメオ(フランス)から小内刈と一本背負投で2つの「技有」を奪った末に縦四方固「一本」と完勝。以降は準決勝で佐藤瑠香(コマツ)、決勝で梅木真美(ALSOK)と日本代表2人に連勝、2大会ぶり2度目の世界選手権制覇を成し遂げた。他とは実力が一段違うという印象の、圧勝だった。

梅木は前述の通り2位入賞。アギアールには敵わなかったが準々決勝までをすべて一本勝ち、準決勝も優勝候補の一角であるマルヒンデ・フェルケルク(オランダ)から大内刈「技有」で勝利するなど、一段成長した姿を見せてのメダル獲得劇だった。

佐藤は準決勝でアギアール、3位決定戦では格下と目されたカリエマ・アントマルキ(キューバ)に苦杯を喫し、4度目の世界選手権はまたしてもメダルに辿り着けぬまま終わった。

五輪で梅木真美に勝利して再び存在感を見せていたアビゲイル・エルデリー=ヨー(ハンガリー)は2回戦でアントマルキと対戦、GS延長戦の末に送足払「一本」で敗退、梅木との対戦は実現しなかった。五輪以降の新興勢力はいったいに振るわず、若手の旗手と目されたマリーイヴ・ガイ(フランス)も5位に終わった。

注目対決の準々決勝、アギアール対オドレイ・チュメオ(フランス)戦を振り返っておきたい。この試合はチュメオが右、アギアールが左組みのケンカ四つ。アギアールがこの日冴えている右小内刈を蹴り込むとチュメオ真裏に崩れて1分35秒「技有」。以降チュメオが圧力志向に舵を切り、残り27秒でアギアールに首抜きの「指導2」が与えられるところまで歩を進めるが、再開直後の突進をアギアールが右背負投に捉えて2つ目の「技有」失陥。投げられた瞬間チュメオは力を抜いてあきらめのポーズ。アギアールが崩上四方固に抑え込むと早々に「参った」を表明する。ムラ気のチュメオが試合を投げたか、はたまた負傷かは定かならぬところだったが、チュメオは敗者復活戦を棄権。入賞なしで大会を終えている。

入賞者リスト、準々決勝以降のスコアと3位決定戦以降および日本代表選手全試合の戦評は下記。

...続きを読む

※ eJudoメルマガ版9月1日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.