PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】チュメオとアギアールが衝撃の同一プール配置、梅木は準々決勝で因縁のヨーと激突・女子78kg級直前展望

(2017年9月1日)

※ eJudoメルマガ版9月1日掲載記事より転載・編集しています。
【ブダペスト世界柔道選手権2017特集】チュメオとアギアールが衝撃の同一プール配置、梅木は準々決勝で因縁のヨーと激突・女子78kg級直前展望
→ブタペスト世界柔道選手権2017組み合わせ(PDF)
→ブタペスト世界柔道選手権2017組み合わせ/live結果(webページ)

eJudo Photo
78kg級シード選手配置

エントリーは31名。有力選手のプロフィールや特徴については、先に示した「概況×選手紹介」を参照されたい。

そもそもの出場選手数の少なさもあり、いったいに重量級は有力選手が同一プールに配されがちな傾向がある。本階級ではまさしくプールCがこれに当たり、オドレイ・チュメオ(フランス)、マイラ・アギアール(イギリス)の優勝候補2人に、ダークホース枠からは階級変更後絶好調のベルナデッテ・グラフ(オーストリア)、寝技の得意な新興選手クララ・アポテイカー(スロベニア)という有力2選手が揃って詰め込まれた。

梅木真美(日本)はリオデジャネイロ五輪で敗れたアビゲイル・エルデリー=ヨー(ハンガリー)と準々決勝での対戦がほぼ確定的であり、ここが勝ち上がり上最初の山場。既に6月のグランドスラム・エカテリンブルグ大会で勝利して禊は済ませているが、その際にもヨーの奥襟に意外な苦戦を強いられており、今回も厳しい戦いになることは避けられない。一方の佐藤瑠香(日本)は4つのプールのなかで最も穏やかなプールDに配されており、アクシデントがなければ準決勝までは余裕を持って勝ち上がるはずだ。

【プールA】
第1シード:フッシェ・ステインハウス(オランダ)
第8シード:マルヒンデ・フェルケルク(オランダ)
有力選手:パク・ユジン(韓国)

【選手配置】
国内の一番手を激しく争っているオランダ勢2人がそれぞれシード選手として配置された。第1シードのフッシェ・ステインハウス(オランダ)は真下に韓国の新星パク・ユジン(韓国)が配されており、これが第1の山場。一方下側の山はシード選手のマルヒンデ・フェルケルク(オランダ)以外に有力選手はおらず、この人の勝ち上がりの公算が高い。

【勝ち上がり展望】
ステインハウスは目下好調であり、粘戦ファイターのパクに遅れを取るとは考えにくい。準々決勝でオランダ勢同士の直接対決となることはほぼ間違いなし。過去の対戦の様相と現在の調子から考えれば、ステインハウスが勝利してベスト4入りと国内の一番手認定を
勝ち取るはずだ。

【プールB】
第4シード:アビゲイル・エルデリー=ヨー(ハンガリー)
第5シード:梅木真美(日本)

【選手配置】
シード選手であるアビゲイル・エルデリー=ヨー(ハンガリー)と梅木真美(日本)以外に、これといった有力選手はなし。

【勝ち上がり展望】
ヨーと梅木による因縁の対決が唯一の山場であり見どころ。五輪に次ぐビッグトーナメントである今大会で勝利して、完全に過去のトラウマを脱してしましたい。

【プールC】
第2シード:オドレイ・チュメオ(フランス)
第7シード:マイラ・アギアール(ブラジル)
有力選手:ベルナデッテ・グラフ(オーストリア)、クララ・アポテイカー(スロベニア)

【選手配置】
シード位置に優勝候補であるマイラ・アギアール(ブラジル)とオドレイ・チュメオ(フランス)が置かれ、アギアールの1回戦の相手にクララ・アポテイカー(スロベニア)、2回戦の相手にベルナデッテ・グラフ(オーストリア)がそれぞれ配された。それほど安い言葉ではないことは重々承知しているが、男子60kg級と90kg級、女子70kg級に続く今大会4つ目の「死のブロック」と呼んで差し支えないだろう。

【勝ち上がり展望】
勝ち上がり候補はあくまでアギアールだが、2回戦で当たるグラフには何かを起こしそうな不気味さがあり、この対戦が序盤の山場。空白地帯である上側の山からはチュメオの勝ち上がりが確実であり、下側の山をアギアールとグラフのどちらが勝ち上がってきたとしても、この準々決勝がトーナメント最大の山場となることは間違いない。

【プールD】
第3シード:ナタリー・パウエル(イギリス)
第6シード:佐藤瑠香(日本)
有力選手:アナスタシア・タルチン(ウクライナ)、アナマリア・ヴァグナー(ドイツ)

【選手配置】
佐藤瑠香(日本)は1回戦でアナスタシア・タルチン(ウクライナ)、2回戦でアナマリア・ヴァグナー(ドイツ)と対戦するなかなかに骨の折れる配置。とはいえ、上側の山でAシード配置に置かれているナタリー・パウエル(イギリス)も含め平常運転で勝利できる選手ばかりであり、他のプールと比べると格段に楽な配置となっている。

【勝ち上がり展望】
余程のアクシデントがない限り佐藤の勝ち上がりは確実。準決勝にプールCを勝ち上がってきた選手との大一番を控えていることもあり、できるだけ消耗少なく勝ち上がりたいところだ。


文責:林さとる/古田英毅

→世界選手権特集ページに戻る

※ eJudoメルマガ版9月1日掲載記事より転載・編集しています。

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る
→「書評・DVD評」に戻る




supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.